ソフトウェアの品質の完璧さに良いことは何もない

完璧主義はサドマド派だ。彼らは完璧に到達することはめったにないのでマゾであり、実行してもそれを維持できるのは一瞬でしかない。そこで取り憑かれていることに加えて、常にイライラしている。彼らはまた、自分が取り憑かれているのと同じ愚かな目標の追求に、周囲の人を皆駆り立てるので、サドでもある。 完璧さは達成不可能だ 一定の品質がある – それを「十分に良い」と呼ぶが、それ以上磨くのを停止すべき所だ。これは倫理的または心理的な配慮ではなく、財政上の問題だ。一般的に、完璧とは、品質と経費の曲線のコストの漸近線である。つまり、次の経費ユニットは今までよりさらに改善が少なく、絶対的な完璧を達成ことなどできない。品質目標を超えた漸進的な改善のために奮闘し続ける人は、単に資源を、つまり時間という資源を無駄にしているだけだ。                   これは、高い品質基準が逆効果であると言っているわけではない。確かに、経済は航空機からの給水に至るまで信頼性に依存している。しかし、すべてが生死を分けた品質の二分法によって定義されているわけではない。 ソフトウェアの品質の表現 品質基準は、品質のための状況を設定し、達成可能な成功を定義する必要がある。ビジネスアプリケーションのためのソフトウェアの品質は三次元で議論することができる。 機能要件との遵守を意味する、目的のための適合性 使用と性能の一貫性における相対的な容易さを指す、使用のための適合性 保守性から監査能力に対する構造安定性に至るまですべてを含み得る、非機能要件 これら三つの範囲は、品質のための状況として使用できる。それでは、以下の簡単な例で、その達成可能な成功法を表現する方法を考えてみよう。 目的への適合性: 機能要件に記載されているとおりに、欠如した能力や行動が全く存在しないことを検証する。すべて予期されたシナリオでの結果がすべて(すべての可能な順列が行使されていないからではなく)正確であるかを確認する。無効なシナリオや要求はサポートチームの介入なしに捕らえられ適切な解決が可能であるかを確認する。 この説明には、制約と目標の両方が含まれ、予想事項と予想事項外の両方が考えられる。もちろん、我々は予想していなかった事項によるシステムの弱体化は許容することはできないことを確認するが、この文言は明らかに正のテストの優位性を示している。重要なのは、設計者や試験者の両方を導くために、方法よりもむしろ目標を提供することだ。 使用への適合性: ユーザーがシステムが一貫性があると知覚できるか、また各クリティカル重要な機能のためのナビゲーションが明確であるかを確認する。ユーザーの行動は平均応答時間が3秒を超えてはならない。ユーザーは、システムが行動を起こすか、あるいは行動を待っているかどうかを常に確認することが大切だ。 この説明は、システムとユーザーに固有のより詳細な情報を必要とするだろう。ここでも、設計者や試験者のための明確な目標を提供すること。 非機能的要件: 監査人やCISOチームの満足のために、システムが監査可能であることを確認する。運用保守チームの満足のために、システムが保守可能であることを確認する。 ここで重要なのは、受け入れ担当機関に、それぞれの非機能要件をリンクしておくことだ。 品質目標の達成 品質を定義する点は、チームの仕事が多いと伝えられること、また自分たちの目標に達したので全員で前進することができることだ。品質の定義を肉付けしたとおりに、進捗状況を測定することだけでなく、その2つの用途を意識し続けること。明確に定義された実用的な品質目標は、品質のみならず、経費やスケジュールを管理するための主要なツールの一つである。

続きを読みます »

プロジェクトの失敗は、経営技能と相対するか

カレン·マンロー氏は、今日多くのそこらのプロジェクト管理者は、自分のプロジェクトを成功させるのに十分な技能を持っていないのではないかと疑っている。氏は、標準以下の面接によって、この分野には十分な技能を持たないプロジェクト管理者が導入されていると考えている。確かに、昨今は、多くの採用担当者が、特定のシナリオの下でプロジェクトを管理した経験者を募集しており、純粋にリーダーシップの仕事をこなせなくても、これらの要件を満たすだけの管理能力を持つ人々がいる。マンローは、より的確な面接を行うことによって、資源管理の技能もリーダーシップを示す行動も証明するという両方を測れる試験を伴うと見なしている。これは、誰かがプロジェクトを主導するのにふさわしいかどうかを見極めるには、最も直接的で即時の方法である。 元の投稿(英語)はこちらからご覧ください。: http://www.projectmanagementinsight.com/2014/09/project-failure-relative-pm-skill-level/#.VD_4IcmwQ5h

続きを読みます »

単一の質問でプロジェクト失敗の確率を打つ

フォレスターのディビッドK​​. ジョンソンは、プロジェクトがその途中で失敗して死に至るのを止める魔法の質問を発表している。それを聞くと、元には戻れない! ジョンソンは、プロジェクトを成功させる最も重要な質問は「人が最高の仕事をするために必要なのは何か」であると考えている。とどのつまり、新しいオートメーションシステムに何百万ドルを浪費することもできるが、ビジネスをしている誰もが実際に自分の仕事の生活を改善したことに感謝することはかなり稀である。基本的に仕事に従事している者の質を高めたいならば、ジョンソンの質問をする必要がある、と彼は言う。 この質問を使用しうる1つの方法は、新しい政策が創造性を促進するか、それを妨害するかどうかである。もう一つの方法は、新しい技術により従業員が自分の仕事をより良く楽しむことができるようになるかどうかである。氏は米国労働統計局を指摘しているが、それは2016年に従事すべき仕事は「産業/組織心理学者」であるとしてこの考えをサポートし、さらに詳説している。 フォレスターでは、従業員の心理的なニーズが充足され満足していることと、顧客体験の満足度の大きさに非常に密接な相関があることが従業員間の心理学的研究で明らかになっているので、我社は従業員の心理的な状態に強い関心を持っている。従業員はマイクロマネージされているのではなく、すばらしいサービスを提供するための情報やリソースにアクセスでき、サービスのために情熱を持っており、自分の雇用者の価値を信じ、自分自身の開発に取り組んでいるのである… 技術投資は、従業員にとって顧客支援で優れた情報にアクセスすることが可能でなければならず、ジョンソン氏は「皆さんは従業員が最高の仕事をするのに役立っており、最高の仕事は最高のビジネスのためになる。」と言葉を強調している。 元の投稿(英語)はこちらからご覧ください。: http://www.computerworld.com/article/2606372/technology-jeopardy-beat-the-odds-of-project-failure-with-a-single-question.html

続きを読みます »

リーダーが従業員からリスペクトされる5つの方法

あなたはカリスマ性があるように見せたいのか。グレーン・ロッピス氏はフォーブス誌でリーダーが従業員からリスペクトされる5つの方法について、執筆する。 (ワイロを用いずに) リーダーは常に、強い労働倫理を見せ、従業員に何を期待しているかの、基準を設定する。不誠実は存在しない。彼らはリスクを恐れ、素直にミスを白状する。もっと大事なのが、好成績の人材を育成する機会を見逃せないし、適切に他人のニーズに応じることもできる。どんな時も、リーダーは、従業員の様子を窺い、きちんと認められるようにする。最高のリーダーは大きなインパクトを残し、ひさしく語られる人物になるであろう。 下記のリンクで原文(英語)をご覧ください。 http://www.forbes.com/sites/glennllopis/2013/07/22/5-ways-leaders-earn-respect-from-their-employees/

続きを読みます »

主なITプロジェクトをキャンセルするための6つの戦略

あなたの意図が最高のものであったとしても、プロジェクトが思うようにいかないことがある。損失を削減するか、すぐに呑み込んでしまう砂に投資し続けることもできる。損失を削減する方を選択する方々のために、ジョン・ランドン氏は大きなITプロジェクトをキャンセルする戦略について記事を書いている。 他の幹部からのサポートを得る。 本当にプロジェクトを保存することが不可能であることを確認する。 「理由」について伝える。 自分の契約を理解する。 プロセスから学ぶ。 数字について具体的に書く。 冒頭に他の幹部の支持を求めると、社内で事前に通信することができ、それによって事後の反響の破壊度は少なくて済む。だが、本当にプロジェクトを救済する方法がないことを確立しておくことは重要だ。それによって有効範囲を変更し、そのために新たに合意を交渉できるかを確認する。 プロジェクトを本当に削減しなければならない場合は、スポンサーや顧客にその理由を伝えるのはあなたの義務である。これは、一つのキャンセルが他のキャンセルにつながる可能性があること、または無能文化が醸造されている懸念を軽減するために行われなければならない。特にあなたが影響を発生した費用やベンダー等に関する透明性を実証しうる剖検時に具体的になることだろう。 自分の契約を知ることについて、ブランドン氏は以下のように語っている。 契約は、プロジェクトを中止した場合に起こりうることを正確に示している。活動を徐々に終了させる期間、契約さらには解約手数料の更新方法を支配する条件があるかもしれない。契約上の義務について自ら学び、その後で、必要に応じて、会社のため弁護士が関与する場合のその用語を理解すべく懸命に努力する。 その後、全体のプロセスから学ぶことをしかと忘れないこと。プロジェクトが失敗した理由を自他が理解している場合は、次回に問題を回避するための要件を作成する方法がわかるはずだ。 元の投稿(英語)はこちらからご覧ください。: http://www.cio.com/article/2604010/project-management/6-strategies-for-cancelling-a-major-it-project.html

続きを読みます »

好成績の従業員をサポートする3つの 必要要素

ITの上手なスタッフが効率よく働く要素とは何か。これについては意見が様々である。アナーント・グップター氏によると、どの見方であろうと、良好なチームづくりと従業員について、ずっと使える戦略もある。同氏は3つの要素に突っ込む。 将来は、常にベストかつ最先端のテクノロジーを繰り返して、教育したITスタッフがいないと、会社には生き残るすべが無いと思う: このシナリオで生き残るにはすべての人 –理事会の戦略家から管理側の幹部に、チーム・マネジャー、個人の貢献をする者に至るまで—が特定のテクノロジーがどのビジネスの一部にでも影響を及ぼすことを理解できる「テクノロジスト」になる必要がある。どの業界における好成績のチームも資料とテクノロジーの基礎に詳しくなければならない。従って、会社には授業、講座など、学習ツールでテクノロジーの謎を解けるのが必要不可欠である。 グップター氏は、従業員が時代遅れにならないように、次の質問をするように勧める:仮に私がアプリだとすれば、職場に関連性をもちつづけさせるにはどのぐらいの頻度でスキルを磨き上げる必要があるのか。スタッフにとっては、キャリア形成の計画を採用することで、組織内の目標に自分たちの目標を合わせることが可能だと彼は言う。内部には成長および新体験の余裕が生まれる。 最後に、ITスターフにとっては、革新的でクリエイティブな心構えが最も価値のある強みである。 これが従業員に、会社全体に貢献できる自らの解決案をつくらせ、最後まで遂行するできるモチベーションにつながる。質の高い従業員をサポートするにはこういった職場環境をつくるのがかなり重要である。 下記のリンクで原文(英語)をご覧ください。 http://www.informationweek.com/strategic-cio/team-building-and-staffing/3-essentials-for-supporting-high-performing-employees-/a/d-id/1317067?

続きを読みます »

最高のデータサイエンスのチームを作るには

あなたのビジネスは野心的で「分析的文化」を作成しようとしているのか。あなたのビジネスにはそうなって欲しいの。クリス・ネーニー氏はそんな伝説的な文化をサポートする最高のデータサイエンスのチームを作る時に必要な要素にスポットライトをあてる記事を執筆する。 データサイエンスチームを作る難関の一つに挙げられるのが、データサイエンティストが少ない事である。また、能力、経歴、性格の正しいバランスとは何かを決定する事。この点に関しては、まずは、明らかなビジネスの目標を立てる必要があります。そうすると、少なくとも、あるリソースがその目標達成に役立つかの答えが出る。 データサイエンスには両端があって、それぞれ別の角度から見る必要がある。消費者のパターンを勉強するために、分析論を作っているスタッフは数学的かつ計算的なスキルが身に付いている筈なのに対して、高レベルの経営者に経営上の決断について報告するスタッフはより気の利いたソフトスキルが必要になる。 ところが、こういった「コミュニケーター」は数字に得意である必要もある: 「彼らはコード作りに長けている必要がないが、データにアクセスできる ノーハウを持たないといけない」とデスティリーの主任科学者であるクラウディア・パーリック氏が言う。「データを見つけ出すと、そのデータを利用するにはパール(Perl)またはパイソン(Python)等のようなスクリプト言語に、統計学の基本的な理解も知る必要がある。確率論ではないが、データの経験分布を理解する必要がある。それに、その意味がロングテール現象の時に、誤解させることがある。」 エクセラーテで分析論の上級副社長であるケヴィン・ライオンズによると、いずれのデータプロジェクトにはビジネスの必要性での理解、データの収集及び準備、モデリング、結果を実行可能にすると言う4つの要素から成り立っていると言う。それに向かうべくして、コミュニケーターに統計学者、コーダー等のナイスなコンビがあるといい。パーリック氏が言うように、データサイエンティストになるぐらいの頭脳であれば、あっという間にあなたの業界ビジネスを理解できるであろう。 下記のリンクで原文(英語)をご覧ください。 http://www.computerworld.com/article/2605868/how-to-build-a-great-data-science-team.html

続きを読みます »

プロジェクトを選択し、実行に移す良好な方法

<p>あなたの会社の未来は近くにある。正しいプロジェクトを選んで、実行に移すと、最大のポテンシャルに到着する。正しくないプロジェクトを選んでしまうと、競争相手に追い越されて、あっと言う間に失敗におわる。私は何年もの、会社が選択過程で苦労することを見ている。どのプロジェクトを選び、そして、それらを実行させるための資源があるのか。 悲しく、一般的なストーリー これはよくあるシナリオである。幹部は現在の商品を改善し、競争相手を追い越す大きなアイディアがあり、プロジェクトの応援側が半年の期限を宣言した。   プロジェクト・マネジャーが半年以内にプロジェクトを達成させる情報が足りないと心配する旨を伝える。しかし、応援側は選択肢がないと言う。ベストを尽くせと。 プロジェクト・マネジャーは対象の商品について、不明のままプロジェクトに取り組む。プロジェクトのスポンサーは多忙で消極的である。プロジェクトチームがプロジェクトを分析し始め、具体化を図る。チームの2、3人のメンバーは要件を決めようとする。他のメンバーは要求された成果を生み出し、他にチームに試験させる。 プロジェクトチームは何ヶ月に渡り、平日の夜も週末も関係なく、仕事にのめり込む。チームのメンバーはストレスを感じる。会社はかなりの残業代を払い続ける。びっくりすることに、チームは期限に間に合うようだ。 講師は講習を始める。最初の2回分の講習に、ユーザーは初めて、改善された商品を目にする。ユーザーはうめき声を発し、慎重かつ批判的なコメントをする。彼らが関心ごとを機能するマネジャーに伝え、さらに指揮系統に渡っていく。パワフルで影響力のある関係者はチェンジを求めるべく、プロジェクトのスポンサーを呼び始める。スポンサーは商品の変化には4ヶ月が必要となることを見つける。 プロジェクトの選択過程は大変に大きい課題で解決策は人によっては、異なるかもしれない。これは心配無用、決して解決できない訳ではない。下記に成功率をアップさせる習慣を幾つか書いてある。 プロジェクトを選択し、実行に移す良好な方法 プロジェクトのスポンサーを積極的に活かせる。不在のスポンサーでは成り立てない。 プロジェクトチームのメンバーは、戦略的な洞察力に、プロジェクトを成功に導く権力が足りない。スポンサーはチームが思い通りに進行し、必要な資源がある事を確認できる。 プロジェクト選びにプロジェクトの委員会を設ける。プロジェクトの申し込みは認可を得るために、委員会に提出される。 さらに、プロジェクトのスポンサーが、委員会に対して、プレゼンをすればいい。質問があれば、それに答える。 プロジェクト選びの基準を決めよう。どの様にして、プロジェクトを抜擢するかを、組織に伝える。基準を定めて、組織にそれを伝えることで、無駄な時間を削減できる。プロジェクトのスポンサーは失敗作のプロジェクトに時間をかけなくても済む。選択の基準となるのが、(1)戦略的な重要性、(2)規正遵守、(3)経済力の在りか(4)将来の変化にともなうビジネス及び技術的な柔軟性等、である。 プロジェクトの認可に必要条件を定める。出発点としていいのが、プロジェクトの認可書をプロジェクト委員会に提出させる事。認可書とはビジネスの内容、計画の問題点、目標、成果、制約、仮説、関係者、チームメンバー、最高のリスク等を明らかにした手短な書類である。 予備プロジェクトの認可を与え、対象の商品とプロジェクト範囲が決まった後に、さらなる情報を求める。プロジェクト範囲を決める管理過程にはプロジェクトと商品を定める要件を集めることが含まれて、そして、プロジェクトを成果の段階に分解させる。範囲決定とは発見の旅でもある。プロジェクトチームがプロジェクトを解析する段階で、チームには難関と機会がはっきり見える。関係者がかかわり、異なる視点が考慮される。 プロジェクト範囲を関係者に確認させる。範囲の管理プロセスには完成したプロジェクトの成果を正式に受け入れることを含める。サプライズを好む人がいない。適切な関係者にプロジェクトの成果を調べ、受け入れさせる事。 時間の経過とともに見積もりの改良。プロジェクトの範囲が決まる前に、会社の幹部は対象のプロジェクトが完成されるまでの時間を予想したがることが多々にある。プロジェクト・マネジャーには情報が足りない場合は、対象の商品とプロジェクト範囲が決まった後に、より詳細な見積もりがある合意のもとに、早期な高いレベルの見積もりを提供したがる可能性がある。 適切なアプローチを選べ。対象のプロジェクトは理解があるのに、望む時間内 に完成不可能だった場合は、範囲を縮めるか、増加的または段階的なアプローチを設定するか(一塊ごとでプロジェクトを提出するとか)または、アジャイル(Agile)方法を用いる。本プロジェクトは理解がない、または決まっていない場合は、アジャイルをよく考える事。商品のバックログにある、ユーザーの話を掴むことで範囲を決め、反復して、増加的に実施させる。 より良好な会社に 殆どの会社は効率的かつ効果的に決断をくだすのに四苦八苦するであろう。あなたの会社がより早く、よりベターにプロジェクトの決断をくだす事で、競争的に有利になる事を想像してごらん。そうなる可能性もあるが、それなりに行動しなければならない。 計画し、実行に移す。 評価し、必要なチェンジを入れる。

続きを読みます »

ビジネスの要件を詳しく書く5つの助言

「ビジネスの要件を書け」 は「ブロッコリーを食べ」のような響きにならない方が良い。カレン・ムンロー氏は追加価値の要件のベストなリストを書き留めるのにあたって、5つのヒントを挙げる。 範囲 仮説 リスク 過程 徹底性 範囲とは要件リストでどの点のビジネス過程についての範囲である。署名者に何が含まれるかを、報告するだけでなく、 ビジネス要件に対する条件の設定ともなる。同様に、 単刀直入にビジネスの仮説を述べると、いかなる未来的な状況も予想して、防ぐ手助けをする。 当然、変化に伴うリスクがある。報告を書きまとめる時に、ビジネスの価値の保護に当たって、早急な確認が主な緩和策なるので、この事実を見過ごしてはならない。ビジネスの過程に渡って、どの要件になるのか、を理解できるのが重要である。徹底的な評価システムの変更における要件に加え、スタッフに対する影響も考えなければならない。マネジャーは確かに、この報告の一面を有り難く思うに違いない。 約束した価値を届けさせるには、ビジネス報告書の詳細は例外的である必要がある。プロジェクトの真っ最中に報告書が物足りないとされた時は、新しい期待の更新及び具体策等による遅れが、最初の報告する努力を台無しにする。 下記で原文(英語)のポストをご覧ください。 http://www.projectmanagementinsight.com/2014/09/5-tips-writing-detailed-business-requirements/#.VC2qWhawQ5i

続きを読みます »

あなたが知り得る必要なプロジェクトマネジメントにおける6つの傾向

プロジェクトマネジメントは技術同様、時間とともに変化と遂げるものだ。あなたが最も効果的なITリーダーになるには新しいトレンドを常に把握する必要がある。ダンカン・ハーウィ氏はプロジェクトマネジメントを率いる6つの傾向について書く。 クラウドの中でより良好な協調性 地理的に分散したプロジェクトチーム 機敏なプロジェクトマネジメント バーチャル上の学習 職業に入る難関 圧縮したプロジェクトマネジメントの周期 クラウドコンピューティングはこれまでに無い便利性を提供する。ハーウィは 例えば、ドキュメント等、シンプルなものを指摘するので、後に変更を組み合わせずに仕事が同時にできる環境 がある。これは地理的に分散したチームを踏まえると、重要な事だ。アウトソーシングは通常になることが頻繁的で、ツールによって、バーチャル上の会議での時差を乗り越えること を可能にする。 機敏さは決して新しいアイディアではなく、スクラムとスプリントを含める利用の膨らみが大事である。さらに視野を広げたいと望んでいる者は、バーチャル学習に力を入れてもいい。これは直接、授業でトレーニングを受けるよりも割安でフレキシブルだ。特にプロジェクトマネジメントの職業で成功するのが難しいので、それをやり続けるというシッカリした気持ちがあれば、バーチャル学習は有利なものになる可能性を秘めている。 雇い主は経験を求める。経験が浅いプロジェクトマネジャーを雇うには憚る。従って、この職業に入る簡易な答えまたは、方式がない。プロジェクトマネジメントの資格を得るのが第一歩。資格を得るのが職業で進歩したいという意志の表示である。資格はプロジェクトマネジャーになるのが真面目であることを見せる。 最後の傾向は圧縮したライフサイクルで、われわれが暮らすペースの早い現代を反映する様だ。何年もの掛かるはずだった、商品の配達は今や、何ヶ月に縮んだ。これでプロジェクトマネージャーにプレッシャーを与え、付いていくのに、反復プロトタイプとローリングウェーブの計画等の、戦略に利用せざるを得ない。 下記で原文(英語)の記事をご覧ください。http://www.projectsmart.co.uk/the-six-project-management-trends-you-need-to-know.php

続きを読みます »