JP

2スピードITは仕事を半分しかしないのか

IT の速度が速すぎるか遅すぎるかどのように分かるのだろうか。ジョージナ・グエデス (Georgina Guedes) 氏は、最高情報責任者(CIO)に、いくつかの側面では機敏性と速度を、また他の面では注意と一貫性を要する「2速IT」によるアプローチの必要性についてインタビューしている。 2速では、ITの一方の側面は、インフラストラクチャおよびビジネスアプリケーションのコアネットワークに焦点を当てている。もう一方の側は、マーケティングや顧客サービスのニーズに合わせて調整される。 CIOが優れた効率とコスト削減につながる変更での統合を促進しながら、基本的なIT機能を維持しようとしている場合は、このアプローチは理にかなっている。 ガートナーもフォレスター・リサーチも、企業の収入の2~5%をITに投資する必要を示しているが、ほとんどの企業が実際に投資するのは1%に満たないものだ。2速アプローチを達成するためには、CIOは、役員会の最高財務責任者(CFO)から必要な予算を提供してもらう必要がある。しかし、このアプローチには、2速IT懐疑派もいて、それは伝統的な企業がITへの真の機敏的なアプローチを捉えることを恐れているときに取る、臆病者のする妥協だと見なしている。 一夜のうちに機敏になる組織など存在しない。それに、それは通常、下から上へのプロセスであり、上から下へのプロセスではない。したがって、どこかから開始しなければならない。しかし、2速 が恒久的な解決策であるなら、これらの企業は、ビジネス哲学、文化、リスクや従業員管理のための敏捷性にある完全な利点を実現することはない。 元の原稿(英語)はこちらからご覧ください: http://www.itweb.co.za/index.php?option=com_content&view=article&id=136373

続きを読みます »

組織変化の亡霊

数字が入ってくると、それが現在のビジネスが直面しているリスクについて興味深い事を物語っている。エリザベス・ヘイリン (Elizabeth Harrin) 氏がロンドンの2014年のガートナーPPM&ITガバナンス・サミットについて著したブログに関連して、1990年代からリスクの性質が移行しているのだ。企業にとって当初は最も重要なリスクとしてフラグが付けられていたプロジェクト管理は、組織の変更に取って変わられている。 これが意味することは、統計的に言えば、ITがもたらすプロジェクトの価値についての今日の認識は、5つの以下のカテゴリに主に焦点が当てられている、ということだ。 特定の必要 透明な投資 ビジネス•プロセス•リエンジニアリング/組織変更管理 アプリケーションの配信 測定 これらは、プロジェクト管理者がプロジェクトを実装する上でうまく行ない、利害関係者を感心させるべきものである。しかしヘイリン氏は、これらの5つの分野における欠如をリチャード·ガートナー(Richard Gartner)氏による統計を引用して明らかにしている。たとえば、ほとんどのプロジェクトメンバーは約束の納期に、70%の場合しかフォローアップしていない。これは、30%の場合は、プロジェクトが予算内でも、または時間内でも、範囲内にもない、ということを意味する。  PMIの社長兼最高経営責任者(CEO)マーク·ラングレー (Mark Langley) 氏は、ラベルはプロジェクト ポートフォリオの管理者の立場を明らかにするどころか、混乱させることがある、と警告している。ラングレー氏によると、重要なのは、契約の中身であり、彼はさらに以下のように説明している。 組織が行うもの…のほとんどは、ご自身が既に行っていることである。引用されたマッキンゼー[ラングレー]調査に係る作業のわずか22%が、ポートフォリオや開発作業を増やすことに関わっている。それは多くはないのだが、大きく思える。…我々は、その22%を向上させることができれば、それに比例として、当社が業績への大規模な変化をもたらすことができることになる。 数値が何らかの指針となるものであれば、現代の変化する組織の風景の中に価値を提供に向けた進展の余地があります。元の記事 (英語) 全体はこちらからご覧ください: http://www.pm4girls.elizabeth-harrin.com/2014/06/organisational-change-the-biggest-risk-to-business-today-gartnerppm/

続きを読みます »

メガプロジェクトのメガサイズの危険

コブによる逆説が言うように、「私たちはなぜプロジェクトが失敗するのか知っている。それらの失敗を防止する方法を知っている – なのに、なぜそれでもプロジェクトは失敗するのだろう。」パトリック·ウィーバー(Patrick Weaver)氏は、なぜ世界のあちこちのほとんどのメガプロジェクトが失敗し続けている理由という、手に負えないように見える難問に取り組んでいいる。 ウィーバー氏によると、特定の管理者や高レベルの意思決定者は楽観的な仮定によって、既知事実の面に向かって飛んで来る。報告や調査

続きを読みます »

クラウドコンピューティングのプロジェクト管理における4つの危険性

クラウドと過ごす時間は非常に有利かもしれませんが、それには先ず飛んで来る刃をかわし、亀裂を飛び越え、そこに至るまで大きな岩を避け続ける必要があります。ウーフ・アリ(Uff Ali) 氏は、クラウドに簡単に安心して憩う前に対処すべき5つの緊迫した危険性に関する記事を書いています。 時間の圧縮 ウイルスにかかったクラウド現象 APIに対するプロジェクトの境界の管理 プロジェクトマネージャにとって長引く、しつこい質問 クラウド内の構成管理オプションと管理パネルは、見かけはお洒落で効率的であるかもしれ

続きを読みます »

あなたのチームは整列していますか

あなたのチームと会議に持ち、ビジネスの組織の優先事項に精通しているか尋ねてみます。従業員が間違った答え-をしたり、手掛りもなく、または意見が異なっているようであれば、従業全員を同じページに乗せ、ビジネス目標にチームを整列する時です。それは、ボートを漕ぐ乗組員のメンバーが異なる方向とペースで進んでいるようなもので、チームの成功に向けた進展の助けになっていないからです。このIndustryWeek.comの記事では、ガウラフ・ガプタ (Gaurav Gaurav) 氏は以下のように書いています。

続きを読みます »

リスク管理の仕組みはなぜ機能するのか-冷たく厳しい事実

ノーマン・マーク氏は、リスク管理に関する2つのレポートを論ずるブログ記事を書いています。最初は、組織によるリスク管理の成熟度とその株式の実績による相関関係を示したエーオンレポートです。さらに、そのレポートは、「リスク成熟度のより高いレベルと金融市場には、重大なリスク事象に応じて、組織の株価の相対的な回復力との間に直接の関係」があることを突き止めています。 アクセンチュアからの他のレポートによると、リスク管理と結び付けた題材での450人の調査は以下のように述べています: 「調査の回答者は、成長と

続きを読みます »

どのようにCIOは会社をリスクから守れるか

防御の最前線 CIOはリスクに対して会社全体を保護する責任があります。すべての事業分野への情報技術の拡大に伴い、CIOはイノベーターの役割だけでなく、今や保護者でもあるのです。それでは、CIOとしてどのように計画やプロセスを作成して自分の部門だけでなく、企業全体としても安全でいられるように保証することができるでしょうか。 これはジム·アンダーソン(Jim Anderson)博士がこのブログ記事で答えている問題そのものです。彼は3つの一般的なリスクのタイプ(予防可能タイプ、戦略的タイプ

続きを読みます »

この問題を無視するとあなたの会社は台無しになるかもしれません

2つの大きな質問 指導者が自問する2つの大きな問題-または少なくとも自問すべき問題とは、「我が社員はどのように私の戦略を実行しているだろうか。」と「新しいリソースはこの戦略に搭載されているのだろうか。」です。アンドレ・ラーボイ(Andre Lavoie)氏がこの記事で説明しているように、これらの質問に回答しないことは、善かれ悪かれ、御社は台無しにする可能性を秘めています。ラーボイ氏は以下のように述べています。 我が社とデールカーネギー社で実施の「今日のリーダーの成長する方法」と題した最近の研究

続きを読みます »

リスク管理を凌ぐ方法

リスク管理のナビゲーションは、組織の重要な部分ですが、正しいロードマップがなければ、パスは扱いづらいものとなります。 CFOに報告するときは、快く「すべて万全です! 」というアプローチを避けるように、とマイク·ロイド博士(Dr. Mike Lloyd) は示唆しています。リスク管理の重要性を過小評価したり、急速に古くなって効力を失う傾向にある先行きの悲観的な処世観は避けます。その代わりに、別の問題を管理している方法を提示します。管理は、CFOも重要なものと解し、認識することでしょう。

続きを読みます »

プロジェクトリスクを管理する11のトップのヒント

リスク計画の欠如から生じる問題を修正する時間がある場合は、リスクのために計画して問題を回避する完全な方法があることになります!このような観点から、PM Hutからの記事は提示されています。つまり、プロジェクトリスクに効果的に対処する必要があり、そうするためには、以下のヒントに従うべきです。 早期にリスクを特定する リスクを評価する 伝える 計画を立てる リスクを受け入れる (妥当な場合) できるならリスクを回避する 緩和を通して最小化する リスクの責任を共有する ステータスの偏光のために継続的

続きを読みます »

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.