組織的知識

  • ナレッジマネジメントの活かし方

    どの組織も正確な情報を、最もふさわしい人物に提供するベストな方法を求めるもの。私達はこれを達成するためにナレッジマネジメント(KM)を利用する。バークレイ・レー氏はITSMレビュー (ITSM Review)で組織でのKMの活かし方に関して、 以下の5つを挙げている。 「計画できない=失敗につながるように計画している」という原則を適用する。 暗黙知(暗黙の了解 or 無意識的な知識)を形式知化(明示的知識化)する事は危険な事である。 誰がどのように知識を得て使うのか、考える事。 知識はバナナと

    Read More »
  • 知識管理: テクノロジー以上のもの

    技術の世界で、知識管理は技術であってそれ以上のものではないと見なされているのは誤解です。 Flyn L. Flesherは、なぜKMが技術を超越しているのか6つの理由を強調しています。Flesherの記事の最初のポイントは、知識管理者がユーザーのニーズを理解するように奨励しています。これは、使用される形式に影響を与えることになります。品質管理も重要です: Edward R. Murrow は、「コミュニケーションの速度は目を見張るものがある。速度は、真実ではないと我々が知っている情報の配信をも

    Read More »
  • ナレッジマネジメントへ”イエス“と言う

    世間一般の通年はナレッジマネジメント(KM)に関連する最も深刻な問題が明確にされていること私たちに信じさせています。IT青年のジョーはわかりません。彼は該当する知識の見極めから知識共有、アクセス、利用可能、適時性まで、成されるべき改善が多くあると提案します。 KMはあなたが誰に質問するかにより異なって定義されるかもしれません。ITSM(ITサービスマネジメント) perspective circa(考え方シルカ) ITIL 2011から、”考え方、アイデアなどの共有に責任あるプロセス・・・ちょうどいい場所でちょうどいい時にこれらが利用可能であることを確実にするために”。本質的には、それは知識の利用と再利用なのです。しかしながら、ITILはその用語として”知識”を決して定義せず、その代わりに一つのプロセスのようにそれを取り扱っています。 ITIL2011は、開発と育成の文化的方法の代わりにデータと情報伝達を強調しながらKMにアプローチすることにかなり専門的です。組織によりその保持力の至る所で他の人により知識が受け入れられ使用される場合、知識は組織にとって唯一貴重であることにジョーは気づいています。KMを”付属の”仕事として取り扱えばその目的を決して達成しません。 KMを思慮のない”手順”を超えたものにするには、知識維持と共有の文化の一部となり、また日常の実務の中に入り込む必要があります。 原文投稿を一読ください(英語): http://www.joetheitguy.com/2015/01/28/taking-the-no-out-of-knowledge-management/

    Read More »
Back to top button
X

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.