Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.
  • プロジェクト管理

    それはあなたにどれほどの価値があるのか:見積りの重要性

    努力、期間、それに費用―これら3つのものを計算してしまえば、プロジェクトの残りはそよ風のごとく優しいもの。残念なことに、これらのコンポーネントを推定することは簡単ではない。推定で問題があれば、トム·モカル(Mochal) 氏のステップバイステップのガイドラインで、脱線しなくて済む。 見積りの正確さの程度を決定する 取り組み時間の初期推定値を作成する 専門家のリソース時間を追加する やり直しを検討する プロジェクト管理時間を追加する 偶発事故にかかり得る時間を追加する 総労力を計算する 見直し、必要に応じて調整する すべての前提条件を文書化する 最後のステップは、推定を多く加える必要があるので、特に重要だ。大丈夫。これは、理由の推定値と呼ばれているものだ。自分の前提条件の詳細な記録とその作成理由を保持しているかを確認すること。最後はすべて時間にかかっている。これは、プロジェクトに費した時間だけではなく、結果を判断するのに役立つ推定に費した時間をも指している。 元の投稿 (英語) はこちらからどうぞ: http://www.techrepublic.com/blog/tech-decision-maker/use-this-process-to-estimate-a-projects-effort-hours/

    Read More »
  • リスク管理

    欲しい物リストからリスクブランディングを確認して外そう

    我々の中には、年末休暇のすべてのコマーシャルで新しいハイテクなおもちゃを見るように、リスク・ブランドを見ている者もいる。我々はそれが欲しくて、今欲しいと願う。クリスマス後のセールまで誰が待つことが出来るだろうか。しかし、持つ価値があるものは働いて買うほどの価値があり、リスクブランドは間違いなく持つだけの価値があるのものだ。 カール·プリチャード(Carl Pritchard) 氏は、強力なリスク・ブランドを確立する4大ステップをここで伝えている。第一に、自分の目標を特定する。第二に、その目標をサポートするポートフォリオを構築する。第三に、そのポートフォリオの背後のイメージを見つける。最後に、自分のイメージをサポートする言語を使用する。 あなたはその「リスクの人」であろうか。あるいは、教祖や魔術師により近いのだろうか。自分のイメージが分かったら、それがジュアルなものであれ、正式なものであれ、そのイメージに即してコンテンツをすべて構築することが容易になる。その後は自分の欲しい物リストから新たなリスク・ブランドをチェックすることに一歩近づくわけで、世界にそのリスク・ブランドを披露することができるだろう。 元の投稿 (英語) はこちらからどうぞ: http://carlpritchard.com/blog/i-want-a-risk-brand-really-me-too

    Read More »
  • ベストプラクティス

    幸せなIT組織から学ぶべき教訓

    幸せなIT組織を創るには何に時間がかかりますか。エリック·クノール氏は、私たちはそれを見つけるには、ディレクTV以外に求める必要はない、と主張しています。スヴェン・ガーハート(Sven  Gerherts) 氏はITとビジネスの組み合わせに移動して成功させた会社であるディレクTVのIT幹部です。彼は私たちが同じことをする方法のためにいくつかのポイントを提供しています。 第一に、エンドからエンドまで協力します。ITを会社の他の機能から切り離さないでください。ビジネス管理は全プロセスに関与すべきものであり、ITには見えない成果でグリッチを防止すべきです。ITとビジネスでコミュニケーションが不足すると、ビジネスの実際のニーズが満たされていないため、使用不能の製品を作ることにもなりかねません。 また、物事の可視化を保持します。私たちは皆、自分が優れた仕事をやっているように見えることを望むものですが、それで真実を犠牲にしてはいけません。時には、問題が誰のせいでも無いのに生じてくることもあります。正直なところ、グループ問題などの問題を提示することは、状況を隠すよりもはるかに優れています。それは信頼を促進するだけでなく、長い目で見れば、時間と労力を節約します。 最後に、失敗から学び、新しい技術を探りましょう。これら二つは併せて勝ちの組み合わせであり、前述の協力と可視性に追加されたとき、幸せなIT組織を作るために必要なすべてを持っていることでしょう。 元の全投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.infoworld.com/t/technology-business/6-lessons-learn-happy-it-organization-226984

    Read More »
  • ベストプラクティス

    ビジネスにおけるITの役割の変化

    ビジネスにおけるITの役割は何ですか。それは誰もが訪ねている質問のようです。HazyITSM.comのダン·ケイン氏は私たちに彼の答えを提供しています。 「…ITは、テクノロジー投資顧問/プランナーでなければなりません。我々はビジネス目標を理解するために時間をかけ、ヘルプ管理はリスク許容度のレベルを決定します。それから、我々はこれらの目標を達成し、リスクを軽減する方法をアドバイスを提供しているのです。」 かつてITによって処理された特定のことで、今はビジネスリーダーが扱えることがあります。ケイン氏は、ITが持込デバイス(BYOD)またはアカウントエグゼクティブはEvernoteのを使用できるかどうかを気にせ終了することを示唆しています。 ITリスクを処理した場合、管理が残りを行うことができるはずです。問題は、ITは全体像のリスク評価は得意ですが、より詳細な部分に問題を抱えていることがあります。今のところ、それは、ITとビジネスの両方にとっては、まだ学習と成長の経験です。 元の全投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.hazyitsm.com/2013/06/what-is-its-role-in-business.html

    Read More »
  • プロジェクト管理

    予測にはなぜタイミングがすべてなのか

    これにはどれほどの資金がかかるのだろうか。またそれはいつ実行されるのだろうか。下請け業者は必要だろうか。これらは、新しいプロジェクトを開始するときに尋ねる質問のいくつかだ。予測は、確実に設定されるものではないが、誰もが答えを望むこれらの主な質問に対する答えとすることができる。アリッサ・グレゴリー (Alyssa Gregory) 氏は、成果物を識別することから開始することを示唆している。その上で、論理的な順序でタスクを実行するためのリストが表示され、詳細な計画にそれを内分ける。最後に、それをすべてを合算する必要がある。各タスクの時間を推定し、常に切り上げる。 いつものように、プロジェクト全体で特定の変数を念頭に常に置く。グレゴリー氏は、プロジェクトの管理時間、下請業者や祭日や休日、顧客の所要時間、そしてデバッグする時間の仕事を見直す時間を予測するように特別な注意を促している。これは予測時間としては潜在的で多いので、初期段階で停止して予測しなければ、プロジェクトがどれほど脱線しうるかを想像してみてください。今、成果物を特定し、タスクを内訳し、時間を加算することから開始する。そうすれば、予算と予定があなたに感謝することだろう。 原稿(英語) はこちらからご覧ください: http://www.sitepoint.com/how-to-estimate-time-for-a-project/

    Read More »
  • CIO

    強力なビジネスケースのための4つの手順

    あなたに新しいITプロジェクトの素晴らしいアイデアがあっても、そのプロジェクトの利点はIT部門以外の人にはさほど明確ではないことがあります。ケネス・ダーター (Kenneth Darter) 氏は、強力なビジネスケースを構築する方法について、以下の簡単な4ステップで説明しています。 ステップ 1: 「現状」 : 前進する前に、あなたの会社の現状を評価する必要があります。ビジネスモデルを評価し、ビジネスの最前線にいる従業員にインタビューをします。 ステップ 2: 「将来の姿」 : 一旦、現状が分

    Read More »
  • プロジェクトポートフォリオ管理

    ITとビジネスの協調に向けての4段階

    アライメントを目指す者はまず計画を練るひつようがある。マリー・ヌゲント氏は単に計画、試作、管理、測定という4段階のプロセスだと語る。このサイクルはアライメントを持続的かつスケーラブルなものにするだけでなく、正しいツールと結びつけば、協業を促進することにもなる。 計画 :この段階では、事業目的を測定できるITサービスに策定することで、ITと事業ビジネスの差を埋め合わせることができる。 試作 :ここはインフラのデザインを決めて、事業価値を最適化する段階である。IT資産、製造工程、資源等を緻密に計画

    Read More »
  • プロジェクト管理

    21世紀経営の創始者:ピーター•ドラッカー

    「成功がその有用性より長生きしている場合は、最終的には失敗よりもダメージを与える場合がある。」 これは、ピーター·ドラッカー (Peter Drucker) 氏の賢明な格言であり、それはビジネスのほぼ全領域に適用することもできますが、それはプロジェクト管理に、特に関連しています。管理の助言を与えるのには、それを実際に発明した人以上に優れた忠告ができる人はいないでしょう。世界中の民間や公共のビジネスリーダーへの著者、教師、それに顧問である フォーブス のスティーブ·デニング

    Read More »
  • プロジェクト管理

    21世紀プロジェクト管理者として期待すべきこと

    過去数十年でITのための物事は確かに変化してきました。そして、この事はプロジェクト管理の分野で特に顕著です。プロジェクト管理協会のピーター·テイラー氏は、プロジェクト管理が体験してきた進化を強調しています。彼は、「プロジェクト管理は、偶発的なプロジェクト管理者に端を発していて、ソートの必要性の手段としての位置につまずいたIT専門家が、指導者の必要性を感じて、彼らがそれを満たしたと語っています。 しかし、今日のIT環境は、非偶発的なプロジェクト管理者を指しており、闘争に直面するのを認識

    Read More »
  • プロジェクト管理

    21世紀の上位5の管理の傾向

    新世紀のためにあなたが知っておくべき大きなプロジェクト管理の傾向は何でしょう。有名なハーバード·ビジネス·スクールに尋ねてください。彼らの最も重要な数人の経営思想家や教員が会話した後で、ハーバード大学は前進のために注意すべき5つの傾向があったことを決定し、IBTimesにその答えを掲載しています。 その傾向 グローバル化 :インドや中国の国々が西洋の支配を終了させ、障害を破ることや相互関連性がますます強調され、グローバル化は間違いなく出世する専門家が知っておく必要があるもの

    Read More »
Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.