ホーム / ベストプラクティス / IT はどのようにしてデジタルの波を捕らえられるのか!

IT はどのようにしてデジタルの波を捕らえられるのか!

ITが企業の「クールテーブル」に座ることは稀にしかない。それどころか、ITの人は、組織全体の顧客関係技術の取り組みと定期的に従事している、他の全部門を残念そうにちらりと見るだけである。しかし、クリス·マーフィー(Murphy)氏はまだITには希望があると書いている。

マーケティングから製品の設計、さらには製品管理に至るまで、ハイテク技術革新は、技術専門家自身を除いて、最近は万民のビジネスであるような気配だ。一方、一人ぼっちのITユニットはセキュリティホールにパッチを当てるか、彼らのビジネスベースの仲間のために誰も見向きもしないようなデータ要素を統合しているだけである。

しかし、マーフィーが言うのは、IT全体を「クールテーブル」にもたらすことではない。革新的ITとビジネスの取り組みとの統合とは、デジタルビジネス変革の責務を指導するために、ITの様々なランクから優秀な人材を引き抜くことをむしろ言うのである。最近のInformationWeekの調査では、92の主導的ビジネスの専門家の大半は、ITのための最優先は、事業の目的のためにより親密な作業関係を開拓することである、と告白している。 Airbnbのような企業は既にこのような手順を取っており、IT48名だけを配属していても、ハイテク企業は手ごわい収入を得ることができることを証明しているのだ。

企業がこれからのデジタル/クラウド時代にも、強くて中央的技術におけるリーダーシップを未だに必要としていることは問うまでもない。しかしあなたやあなたのチームは異なる類の技術開発を -つまり、顧客のニーズや好みの変化に応答性亢進で、邪魔になるものを絶対に許容しない、指導的技能が必要だ。

事実、技術指導者らはビジネスに精通しているIT のプロという概念を中心に結集する必要がある。その代替は、他の部門がデジタル革新によって生まれた成功の夕日を浴びて航海している間にも、ITがデジタルで低迷しているままの将来なのだ。

元の投稿(英語)はこちらからご覧ください: http://www.informationweek.com/strategic-cio/digital-business/will-it-miss-the-digital-wave/a/d-id/1298181

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

組織内マネジメントを変えて計画を成功させる

組織が変わった時に、従業員の文化もともに変わるはずです。マイク・デポリス氏はITサービスマネジメントにおける、組織内マネジメントチェンジ(OCM)について、触れています。 トレーニング、マーケティング、コミュニケーション以外に、ITSMの導入は、組織内評価をもとに、変えるべき視点を見出しています。この評価によって、変化マネジャーは提案される変化の要素がヒトにどう見られているか、どの問題点が見逃されているか、どの点をすぐに直すべきか等が明瞭になります。また評価によっては、組織の全体的な発達ぶりが明らかになる事で、提案される変化の要素が本当に巧くいくかが分かります。 同氏は、どの変化案もビジネス文化を3つのグループに分けます。変化案に賛成する者、変化案に堂々と反対する者(両者ともに少数派)また3つ目のグループは、未決定者です。3つ目のグループを焦点にして、話を進むと、下記の戦略を用いることで障害を乗り越えることができます。 関係事項を話し合う。 メッセージを作り上げる。 優勝者を確認する。 ボトムアップを用いる。 コミュニケーション及びトレーニング 助けを求める。 最初に変わった頃に、多くの質問があり、メモることも多くなりますが、この変化は誰にとって、影響が及びますか。この変化によって、生活の課題はやさしくなるか、さらに複雑になりますか。変化マネジャーが関係事項を完全に心得た時が、チェンジ・ゴール(目標となる変化)を伝えるための箇所書きリストを書く時です。 同氏は優勝者と呼ぶ者も確認しています。優勝者は変化案を支持し、変化メッセージの内容を伝える意志があります。覚えておきたいのが、これはトップダウンとボトムアップの両方のやり方で、かなりの助け人に、特別に作成されたコミュニケーションとトレーニングの計画が必要となります。 記事の原文はこちらでご覧下さい(英語): http://www.theitsmreview.com/2014/11/organizational-change-management-ocr/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *