レガシーサポート

CSI、サービス管理に粋な趣味を戻す

継続的サービス改善( CSI )は、組織にとっては肉の部分であり、それなしでは御社が持っているすべてのものは、かすかにステーキの香りがするだけで、噛んで味わうことができるものはない物になってしまいます。少なくとも、そのようにフランソワ・ビカルド(Francois Biccard) 氏は見ています。御社の組織がより成長すればするだけ、より多くのCSIが必要になるのです。

組織の多くは、既にCSIを実施中であると主張しています。しかし、彼らは、実施しているフレームワークや書類にきっちりと利用しているわけではんく、それはそのプロセスが組織には全く良くないということを意味します。他の組織は、CSIを実行するだけの時間や資金がないと信じているようですが、そのどちらも本当ではありません。

CSI存在を開始するには現在より良い時間はありません。今CSIを購入するだけのゆとりはないと思う場合は、最少の努力で最大の値を持つ順序でアイデアのリストを作成してみてください。そのリストの最も小さいタスクを始めたとしても、少なくともどこかで始めることになります。継続的な変更と改善の文化を作り、そのプロセスの肉をけちらないでください。御社の組織内にCSIを試してみてください。

Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.