レガシーサポート

2017年以降のサービスデスク

サービスデスク協会(SDI)は、将来何が起こるかについて、ハワードケンドールとダニエル·ウッドの作成による新しいホワイトペーパーをリリースしました。 SDIは、サービスデスクは一般的に指導や援助が必要な時に「主要な顧客インタフェース」として今見られている、と言っています。この役割は、将来何を必要とするのでしょうか。

ホワイトペーパーは、広範なトピックをカバーしていますが、その目標は常に、2017年にサービスデスクがどのように機能するようになるかを描くことにあります。そこには、まず次の技術の波について話すことから始まっています。例えば、部品の交換が容易になり、コンピュータは、ある程度まで自己救済できるようになります。ハードウェアとソフトウェアがより緊密に相互的に繋がるので、サポートは製品単位で発生しなくなり、その代わりに、それ自体が製品となります。

もう一つの主要な主張は、ログに記録するよりもインターネット検索エンジンの収量が迅速に質問に答えるため、2017年になるとサービスデスクはコンピュータを修理しなくなります。その代わりに、デスクは先買権保有者兼監視システムとして機能し、最新技術ニュースの把握に役立ち、ビジネスに沿ってその情報を伝えるようになります。このアイデアは、顧客の話の中で、ホワイトペーパーの別の箇所でオウム返しに伝えられています。

実際のここでのシフトは、モバイルユーザにとって使いやすい技術の成長が主な原因である「顧客パワー」です。誰もが、今は、51015年前よりも、遥かに精通した方法で技術を購入して採用するために、これは何ができるのか、どうやって使うのか、またどのようにそれがサポートされ、サービスが提供されているのか、という事に対して、個人レベルでの期待が遥かに高いレベルになっていますサービスデスクは、技術ビジネスや個人的な関係の中心になり、私たちはこれまで以上に厳しい注文をしてくる顧客に優れたサービスを提供するために、優れた人たちを必要とし続けていることでしょう。

ホワイトペーパーによるさらなる予想の全文(英語)はこちらからご覧ください: http://www.barclayrae.com/wp-content/uploads/2013/01/2017-Beyond.pdf

Tags

John Friscia

John Friscia was the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success from 2015 through 2018. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and grew in every possible way in his time there. John graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.