ホーム / CIO / 2014年のための上位10の戦略的なCIO

2014年のための上位10の戦略的なCIO

2014年の問題

オラクル社のボブ·エヴァンス (Bob Evans) 氏によるフォーブスの本記事は、2014年にCIOが並んで直面する新問題を捉えています。昨年の主要な問題の概要とどのCIOが最近直面しているかを述べた後、エヴァンス氏は、CIOの新たな問題を深く掘り下げています。

  • ビジネス全体が顧客中心の革新を推進
  • 「物のインターネット」への対応
  • レガシーモデルの粉砕とIT予算と期待
  • 顧客を圧倒すること
  • ジャグリングモバイル、クラウド、およびソーシャル
  • 製品開発とITのコラボレーション
  • 古い技術を越えた移動
  • 顧客ロイヤルティをより重要に
  • 知識ワーカーの生産性に従業員給与を結束
  • 透明企業の設計と実現

顧客を圧倒し、大きく獲得しよう

これはかなり相当なリストですが、エヴァンス氏は自分の言わんとすることを説明し、どのようにCIOが課題に直面していくことができるかをうまく説明しています。例えば、彼の言う第4番目の点について考えてみてください。

私は、 数が先細っているのに、お客様と協力してその不満や懸念同様にニーズやご希望を理解することは自分の仕事ではない、と言うCIOの割合にいつも驚いています。今日技術は、会社の体験、ブランド価値、会社の文化、並びに会社の製品やサービスを通して、お客様に一次的な方法を提供しています。ここ2014年に、CIOがお客様との間近で個人的な参画から切り離されたままになっているのは、CIOにとっては最善でも近視眼、最悪でも狂気としか言いようがありません。

この記事で明らかになっていることは、どれほどCIOがITだけでなく、会社全体に所有権を行使する必要があるかということです。CIOの範囲を拡大することは、委員会に確実に関与する以上のことであり、それは、ITが持っている本質的な価値を今日、そして将来のビジネスのあらゆる分野で認識してことにあります。

元の投稿(英語)を以下からご覧ください: http://www.forbes.com/sites/oracle/2014/01/10/the-top-10-strategic-cio-issues-for-2014/2/

約 Matthew Kabik

Matthew Kabik is the former Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He worked at Computer Aid, Inc. from 2008 to 2014 in the Harrisburg offices, where he was a copywriter, swordsman, social media consultant, and trainer before moving into editorial.

また、チェック

職場のいじめは高価な流行病である

フォーブスは、驚いたことに96パーセントの従業員が過去に職場で何らかの形態のいじめを経験したことがあると報告している。シャロン・フィレンツェ氏はCIO.comの記事で高価につくその裏の意味について書いている。 96パーセントもの高い数値は、その現象には様々な程度があることを示唆しており、その物の見方は、我々がそれをどう定義するかが大きな役割を果たしている。職場のいじめ研究所(WBI)では、それを以下のように特徴付けている。 …虐待の繰り返し、脅威的、屈辱的、または威圧的な虐待的行為、作業妨害行為や暴言の繰り返し。 いじめる側と被害者の間の効果的誘因は、多くの場合、権力か黙らせることの一つである。いじめる人がある人の上司(いじめの56%に相当)である場合、この圧力はさらに大きくなる。上司に対し立ち向かうには勇気が要る。職を失ったり、さらに悪いことには、虐待している上司が報告されても普通の仕事関係が回復されず何ら措置が取られなかった場合、いじめがエスカレートする可能性が常にある。 さらに悪いのは、WBIの最大のいじめのいくつかはまた、職場の何人かの最高の実績者であることが判明しているということだ。これはそれほどの驚きではない。いじめの多くの否定的な特性である、無慈悲、狡猾さ、勝者がすべてを得る– 的な態度は、ビジネスのための使用に配置されると肯定的な競争力の姿勢に見られる特徴である。これらの「有益な」形質は、敵意、低い生産性、それに高い従業員の離職の環境を作ってしまうので、長期的に組織を傷つけることになるだろう。 職場でのいじめを処理するための主要な指標は、オフィスとの関係を中心に説明責任の構造の維持で構成されている。虐待は上部から来る傾向があるため、いじめを回避するために倫理委員会または類似の組織体に権限を与えて利用可能にすることは不可欠だ。やつれた従業員のためにどのような職場のメカニズムも利用できなければ、常に外部の法的手段を求めることができる。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.cio.com/article/2844932/careers-staffing/workplace-bullying-a-costly-epidemic-in-the-enterprise.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.