ホーム / CIO / ITプロジェクトを承諾させる5つの方法

ITプロジェクトを承諾させる5つの方法

「誠実性」は、通常、人物を評する際に使われる言葉に挙げられますが、誠実性はITプロジェクトが承認されるための大変重要な要素でもあるのです。マーク・サミュエルズ(Mark Samuels)は寄稿の中で、プロジェクトが承認されるためには、その前提としてビジネスとしての確たる判断基準を満たす必要があると述べています。氏は5人の専門家にインタビューして、ITのプロジェクトとしての誠実性について5つのユニークな観点を明らかにしています。

  1. デービッド・アリソン: プロジェクト展開のスピードが鍵。
  2. サラー・レスリー: 価値が欠如したプロジェクトはやめにする。
  3. デービッド・リード: 「プラスの要素」。
  4. ジョナサン・ピルブロー: 創造的なアイデアのスポンサーとなる管理者を味方につける。
  5. オミッド・シラージ: 関係を構築する。

遅々として進まないプロジェクトは投資も高くつきリスクも高くなりますので、プロジェクト要望書が社長決済まで到達するにはプロジェクトがスピーディに進展することを約束するものでなければなりません。投資対効果がしっかりしていないプロジェクトは細部にわたる審査の対象となりますので、簡潔明瞭で実践的なものである必要があります。

プロジェクト要望書を審査する際に、経営者が求めるものはビジネスとしての価値です。例として、サラー・レスリーのIT部門にはITプロジェクトというものはなく、ITが関与するビジネスプロジェクトのみしかありません。はっきり言えば、経営者が価値を求める際には、測定可能な価値を求めていると言うことなのです。プラスの要素というのは、具体的に金額として表すことのできるプロジェクトが会社にもたらすインパクトなのです。

更に言えば、たとえプラスの要素を多く含んだプロジェクトであったとしても、それが担当管理者に正しく理解されていなければ聞き流されてしまう結果にもなります。自動車販売店ネットワークのトラストフォード(TrustFord)の経理責任者であるジョン・ピルブローは、プロジェクトに対する関心度を高めるために独創的でセールスマンタイプのアプローチを取るよう勧めています。

ある意味では、会社の経営陣との関係構築がITの成功の尺度でもあるのです。明確なコミュニケーションは、経営管理者をプロジェクトのスポンサーとして味方につけるために不可欠であるばかりでなく、それはまた戦略的レベルでビジネスのニーズを説明する上でも必要なことなのです。

原文(英語)を読むには: http://www.zdnet.com/article/five-ways-to-help-get-your-it-project-signed-off/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

ITリーダーのための仕事の寿命に対する満足度の鍵

最高情報責任者(CIO)ピーター · ウェイス氏は会議で何百名もの仲間のCIOの前で告白すべきことがあった。それは、ビジネスとの関係でCIOに関して言われているあらゆることに反する。要するに、CIOは「技術革新を推進して株主価値を提供する中では意味は見い出せないのだ。」ジニー・スカルスキ–氏は、このユニークな視点の記事を詳細に書いている。 ワイス氏は、CIOとしての自分の役割に意味を見い出すことにさらに加えて、その役割の肝心な責務を回避することを意味しているのではない。事実、職場での新しい目的の感覚を見出すことは、CIOであることと、人生の一部として雇用を享受することの意義を再考することになる。ワイス氏にとって、これは大きな課題を受けて、それらを克服することを通して達成される。彼は困難な仕事を受けて、成功をおさめることによって繁栄しているのだ。これは、仕事のモチベーションは通常、株主の価値、ビジネス目標、それに技術の改善のような関連概念に拠ると想定されているため、CIOの位置を表わすには、非常に斬新な方法である。 「ワイス氏の」仕事の意義深い活動のどれもが、技術者のための技術を伴わない…それどころか、それらは彼の仕事のやり方に由来しているのだ…CIOにとって、この微妙で感傷的なものがこれほどまでに非常に重要なのであろうか。それは、生活満足度、組織の実績、そして持続可能な情熱…が駆動されているからだ。 意義深い雇用を通じて、忍耐深い忠誠を鼓舞する最も広範な営業利益率を持つ企業こそ、確信を刺激するのだ、とワイス氏は言う。これは、CIOによっては異なるかもしれないが、一人一人が長く実りあるキャリアを駆動する意味での火花を見い出す可能性を秘めている。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: https://enterprisersproject.com/article/2014/8/key-to-lifetime-of-job-satisfaction-for-cios

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.