ホーム / プロジェクト管理 / 管理対リーダーシップとその見分けかた

管理対リーダーシップとその見分けかた

管理とリーダーシップの違いは本当にあるのだろうか。この二つは交換することは不可能で、また切り離すことも不可能に見える。パトリック·グレー (Patrick Gray)氏は、プロジェクト「マネージャー」とチームの「リーダー」の違いを知っていることは、プロジェクトの成功のために定義する要因となり得る、と説明している。

IT組織にはバランスが必要な時がある。また、特定の形質に傾いたほうが良い時もある。管理から始めてみることにしよう。グレイ氏は、「管理者」を米国のビジネス文化の専門家が持つあまり評判良くない肩書きとして定めている。その単語は、不要なコントロールと(「ミクロ管理」のように)過剰な規則の作成と関連しているかもしれない。それとは対照的に、その単語「リーダー」という意味合いは、インスピレーション、技術革新、あるいは実に英雄的行為がある。しかし、偉大なリーダーシップだろう。だが、ビジョンを持ちながら実行が欠如しているのは、優れた管理が欠如しているにもかかわらず、優れたリーダーシップに富んでいる多くの企業の顕著な特徴である。では、誰が自分の会社のために適切なアプローチを特定することができるのだろうか。

グレイ氏は、この管理とリーダーシップの2つの領域が密接に絡み合った部分の感覚についておしえてくれるのである。

[A] 失敗した数百万ドルのITプロジェクトは、管理とリーダーシップの失敗に帰着することがしばしばある。あまりにも頻繁に我々は証明機関に依存し、資格というだけで誰かを数百万ドルのプロジェクトの「管理者」に適任とみなしているのではないだろうかそれと同様に、我々はプロジェクトを、完全に重要ではない社内外の数十人の関係者で調整すべきだというニュアンスを持つ、実績あるリーダーで配置した結果、そのプロジェクトがほとんど実績もなく、ファンドが尽きてしまうのを見ることになるかもしれない

IT企業が主にユーティリティに焦点を当てているならば、企業がアプリケーション開発および他の特定の要求のために依存する複雑な類の操作を維持するために、優秀な管理が必要になる。これとは対照的に、ベンダーベースの出力に大きく依存している製品指向のITのぎ装には、普遍的かつ潜在的に革新的なビジョンを中心に、さまざまなチームを編成し、噛み合うように、より優れたリーダーシップが必要となる。

グレイ氏は、企業ではどちらか極端なものが適用されることもありうることもあるが、どちらのアプローチが必要かという徹底的な評価をするように推奨している。彼はまた、一つの役割の適性が自動的に他にも存在すると仮定する誘惑に対しても警告している。例えば、一般的に管理者はその管理能力ではなく、その技術的な技能のために選択されるのである。

元の原稿 (英語) はこちらからご覧ください。: http://www.techrepublic.com/article/management-vs-leadership-and-how-to-tell-them-apart/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

モーレツ社員の結末は最悪のリーダー?

トップに上り詰めるためには、毎日を最大限に頑張って働かなければならないと思ってはいませんか?実は、どこかの時点で息抜きすることが大事なのですと、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)のロン・フリードマン(Ron Friedman)は勧めています。息抜きをすることによって、マネジャーやリーダーとしてのキャリアを生き残ることができるのです。それは以下のような理由からきています。 エグゼクティブ・コーチであるマーシャル・ゴールドスミス(Marshall Goldsmith)は自著の中で、自らのゴールに「取り憑かれる」ようになってしまうかのように常軌を逸した優れた業績を上げる人たちのメンタリティには賛成できないと述べています。それには、勝つことにこだわり過ぎたり、付加価値を付けることにこだわり過ぎたりする変わった考え方も関与していることもその中で述べています。問題は、成功することの価値ではなく、自分のキャリアの中で更に成功を収めるには息抜きすることが必要になる場合に、息抜きをすることができないことにあるのです。 結局のところ、身体的にも精神的にもストレス過剰となり、人と人との対人関係を処理する能力が欠けてしまうことにあります。専門能力において百戦錬磨のビジネス戦士が一旦は勝ち抜いたとしても、職位が上がるにつれて、今度は人との対人関係の手腕がものを言うようになってきます。フリードマンはそのことを次のように説明しています。 私たちは組織の中にあって職位が上であればあるほど、複雑な意思決定を迫られるようになります。研究の結果次のようなことが明らかになっています。不確実な状況の中をうまく舵取りしながらリスクに対応していかなければならない場合、私たちは疲れていると判断力が極端に落ちてしまいます。判断の選択肢が多くなればなるだけ、より多くのエネルギーを体内に蓄えておく必要があります。しかし、働き過ぎや働き過ぎから来る睡眠不足により問題点を明確に捉えることができなくなり、また創造的な問題解決策を見出すことができなくなってしまうのです。 原文(英語)を読むには: https://hbr.org/2014/12/working-too-hard-makes-leading-more-difficult

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.