ホーム / プロジェクト管理 / 機敏という神話: 機敏さはプロジェクト管理に関するもの

機敏という神話: 機敏さはプロジェクト管理に関するもの

カレン・レガスピ(Calen Legaspi) 氏は機敏さの開発を取り巻く共通の神話を暴く- つまり、機敏さは唯一プロジェクト管理と関係したものであるという探求をしている。レガスピ氏は機敏さのオリジネーターの多くはソフトウェアエンジニアであったという事実を指摘している。しかも、最初の敏捷性トレーニングコースは、プログラミング命令のワークショップとして設立された。

アジャイル(機敏さまたは敏捷性)(スクラム)のフレームワークを選択する人にとって、それに付随するコードベースを無視するのはいとも簡単なことだ。このような省略によって、悪質な内部ソフトウェア品質が奨励される主な理由となり、それまででもいい加減遅い生産ペースがさらに遅くなる。

反復的減少は以下のように進行する。

  1. 要件が入って来て、特徴が出て行ってしまう。プロジェクトチームは、開発を処理するには限度があることを受け入れなければならない。
  2. バグが発見され、チームの能力の幾人かはそれに対処するので、開発が減ることになる。
  3. チームメンバーが技術的履行を怠るとき、それが技術的な負債を引き起こすので、トラブルが発生し始める。技術的負債とは、弱いコードを動作させるのがますます難しくなり、技術的負債は、より多くのバグを引き起こすことを意味する。

ここに問題の核心がある。

本物の債務と同様に、技術的負債に対処していない場合、それだけで増えてくるのだ。システムにコードを追加すればするだけ、それだけで動作するのが難しくなる。最終的に、チームの能力の大半が、単に技術的負債とバグ修正によって取り込まれてしまうことになる。新機能の実際の創作物は、もしそういうものがあれば、全く、開発チームから出てくることはほとんどない。

レガスピ氏は、さらに続けて、Java開発からレガシー符号化やドメインのモデルデザインに至るまで、クリーンなコードの書き込みや音声エンジニアリングの実践の確立のためのいくつかのリソースを推奨している。機敏さが単にプロジェクト管理に関するものであれば、確かに、そのソフトウェア開発の落とし穴のニュアンスを説明するためにそのように長い時間はかかるわけがない。

元の投稿(英語)はこちらからご覧ください: http://www.javacodegeeks.com/2014/07/agile-myth-2-agile-is-about-project-management.html

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

モーレツ社員の結末は最悪のリーダー?

トップに上り詰めるためには、毎日を最大限に頑張って働かなければならないと思ってはいませんか?実は、どこかの時点で息抜きすることが大事なのですと、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)のロン・フリードマン(Ron Friedman)は勧めています。息抜きをすることによって、マネジャーやリーダーとしてのキャリアを生き残ることができるのです。それは以下のような理由からきています。 エグゼクティブ・コーチであるマーシャル・ゴールドスミス(Marshall Goldsmith)は自著の中で、自らのゴールに「取り憑かれる」ようになってしまうかのように常軌を逸した優れた業績を上げる人たちのメンタリティには賛成できないと述べています。それには、勝つことにこだわり過ぎたり、付加価値を付けることにこだわり過ぎたりする変わった考え方も関与していることもその中で述べています。問題は、成功することの価値ではなく、自分のキャリアの中で更に成功を収めるには息抜きすることが必要になる場合に、息抜きをすることができないことにあるのです。 結局のところ、身体的にも精神的にもストレス過剰となり、人と人との対人関係を処理する能力が欠けてしまうことにあります。専門能力において百戦錬磨のビジネス戦士が一旦は勝ち抜いたとしても、職位が上がるにつれて、今度は人との対人関係の手腕がものを言うようになってきます。フリードマンはそのことを次のように説明しています。 私たちは組織の中にあって職位が上であればあるほど、複雑な意思決定を迫られるようになります。研究の結果次のようなことが明らかになっています。不確実な状況の中をうまく舵取りしながらリスクに対応していかなければならない場合、私たちは疲れていると判断力が極端に落ちてしまいます。判断の選択肢が多くなればなるだけ、より多くのエネルギーを体内に蓄えておく必要があります。しかし、働き過ぎや働き過ぎから来る睡眠不足により問題点を明確に捉えることができなくなり、また創造的な問題解決策を見出すことができなくなってしまうのです。 原文(英語)を読むには: https://hbr.org/2014/12/working-too-hard-makes-leading-more-difficult

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.