プロジェクト管理

機敏という神話: 機敏さはプロジェクト管理に関するもの

カレン・レガスピ(Calen Legaspi) 氏は機敏さの開発を取り巻く共通の神話を暴く- つまり、機敏さは唯一プロジェクト管理と関係したものであるという探求をしている。レガスピ氏は機敏さのオリジネーターの多くはソフトウェアエンジニアであったという事実を指摘している。しかも、最初の敏捷性トレーニングコースは、プログラミング命令のワークショップとして設立された。

アジャイル(機敏さまたは敏捷性)(スクラム)のフレームワークを選択する人にとって、それに付随するコードベースを無視するのはいとも簡単なことだ。このような省略によって、悪質な内部ソフトウェア品質が奨励される主な理由となり、それまででもいい加減遅い生産ペースがさらに遅くなる。

反復的減少は以下のように進行する。

  1. 要件が入って来て、特徴が出て行ってしまう。プロジェクトチームは、開発を処理するには限度があることを受け入れなければならない。
  2. バグが発見され、チームの能力の幾人かはそれに対処するので、開発が減ることになる。
  3. チームメンバーが技術的履行を怠るとき、それが技術的な負債を引き起こすので、トラブルが発生し始める。技術的負債とは、弱いコードを動作させるのがますます難しくなり、技術的負債は、より多くのバグを引き起こすことを意味する。

ここに問題の核心がある。

本物の債務と同様に、技術的負債に対処していない場合、それだけで増えてくるのだ。システムにコードを追加すればするだけ、それだけで動作するのが難しくなる。最終的に、チームの能力の大半が、単に技術的負債とバグ修正によって取り込まれてしまうことになる。新機能の実際の創作物は、もしそういうものがあれば、全く、開発チームから出てくることはほとんどない。

レガスピ氏は、さらに続けて、Java開発からレガシー符号化やドメインのモデルデザインに至るまで、クリーンなコードの書き込みや音声エンジニアリングの実践の確立のためのいくつかのリソースを推奨している。機敏さが単にプロジェクト管理に関するものであれば、確かに、そのソフトウェア開発の落とし穴のニュアンスを説明するためにそのように長い時間はかかるわけがない。

元の投稿(英語)はこちらからご覧ください: http://www.javacodegeeks.com/2014/07/agile-myth-2-agile-is-about-project-management.html

Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.