レガシーサポート

変更、構成、公開を評価する

ITSMの変更、説明、公開には、説明責任、実装、評価、承認、認証、監査および報告の五つの手順があります。レベッカ·ビーチ(Rebecca Beach)氏は、これら五つの手順とそのすべてを完了する必要がある理由の違いを説明しています。

変更管理、構成管理、リリース管理は、三つの異なるプロセスとして見なされています。しかし、それらは実際には密接に絡み合っており、それぞれがITSMの重要な部分でもあります。識別は変更、構成、公開のプロセスの最初の部分であり、この手順の一つの目的は、各システムの構成の詳細記録を維持する能力です。

評価と承認は、ビジネスによるインパクトと影響を受けるサービスを考慮して、客観的なリスク評価を見積もるために使用されます。実装とは、変更または公開記録を文書に添付し保管する機能です。説明責任は、契約や協定の物理的な位置を追跡し、そのための責任を負う個人を識別します。最後に、監査および報告は、実施された変更の監査証跡を維持するために使用されています。

Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.