専門性の発展

初めての企業家が犯す3つの大きな過ちを避ける方法

Entrepreneur誌の記事の中で、デイビッド・グリーンバーグCEOは自分がビジネスを始めたときに犯した3つの最悪の過ちを挙げています。

第一に、不適格な従業員を採用しないこと。最初は、自分の負担を軽くしようとすることだけを求めているために、誰でも適しているだろうと考えがちになります。それは間違い。例え少し高くついても、単純に適材である人を採用する必要があります。二番目に、事業を始めること自体は大変なこと。グリーンバーグは、自分の長所と短所を補完するような共同創始者を見つけ、そうすることによって頼ることのできる経験を2倍にすることを勧めています。そして三番目として、自分のアイデアを試したり守ろうするために多くのお金を使うのではなく、その代わりに、それとは全く逆に、アイデアを共有することを勧めています。そうすると、そのようなアイデアを完全なものにするために必要不可欠なフィードバックが直ぐに手に入ることができるようになります。加えて、自分が考えたアイデアなどは、多分に20人くらいの人がその前に既に考えているだろうから、違いはその実行にあるのです。

原文(英語)を読むには: http://www.entrepreneur.com/article/243630

John Friscia

John Friscia was the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success from 2015 through 2018. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and grew in every possible way in his time there. John graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button
X

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.