リスク管理

リスクマネジメントの意識を変える

貴方が試合において、ディフェンスだけやったら点数が取れません。これがカロール・フォックス氏の企業に関するリスクマネジメント(ERM)におけるパーソナルブランディングの見解です。価値の約束、顧客への納期の焦点、リスク管理等の意味について、同氏は執筆します。

リスクマネジメントのプロはどのようにして自分を名乗っていくのが大切です。それを達成する前に、場合によって、リスクマネジメントとは色んな意味を持つ事ができることを理解する必要があります。

例えば、ハリケーンのリスクをとって見ると、すぐに人命被害、追放、物理的な障害、ビジネス上の負担等の下振れリスクを私達は見ることができます。だが、リスクマネジメントをある目的を達成するための努力する連携だと見做すと、コミュニティーを再建する好機となり、建設サービスや修復材料、掃除作業の社会的また経済的な影響といった所において、ハリケーンの利益も見えて来ます。

リスクは要するに会社にとって、損失を意味すると同時に、適切な方法を用いることで利益ともなる可能性があるものです。ERMをリスク許容量のある職業と改めて見た方がより理屈に合っているかもしれない。この見方をすると、よりお客様に価値をもたらすことができ、真摯にリスクマネジメント改良につながるアプローチです。

下記のサイトで原文(英語)をお読みください。 http://www.rmmagazine.com/2013/11/01/rebranding-your-risk-management-identity/

Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.