リスク管理

プロジェクトマネジャーが犯す3つの大きな過ちとは?

プロジェクトマネジャー達は、プロジェクトチームのやる気を引き 出すこと、プロジェクトの利害関係者から協力を勝ち得ること、自分たちの努力にふさわしい結果を得ることに今もなお苦心していることが分かったと、プロ ジェクトリーダーシップのコーチを務めるスザーン・マッドセン(Susanne Madsen)は述べています。マッドセンはブログの中で、通常であれば非常に知能的に高いプロであるプロジェクトマネジャーでも苦心の種となる3つの大きな過ちを挙げています。

最大の過ち

  1. プロジェクトのチームメンバーを率いるのではなく、プロジェクトのタスクを管理してしまう
  2. 焦点が重要課題ではなく緊急を要する問題点に当てられてしまう
  3. 全ての問題点の解決に対応してしまう

プロジェクトマネジャーがタスクを割り当ててスケジュールを作成することに集中すれば、そのプロジェクトは多分に成功することになるでしょう。しかし、何故このプロジェクトは重要なのかだとか、実際の人たちにどんな影響を及ぼすのだろうか、などとプロジェクトマネジャーが考えめぐらしたりしていると、誰か他の人によって創り出されたビジョンをプロジェクトを通して形あるものにすることではなく、ただ単にビジョンを実行することだけになってしまいます。

プロジェクトは期限厳守で遂行されるものです。集中力が奪われて しまうような問題点が発生すると、本来焦点を当てなければならない問題点に対する注意集中が置き去りにされてしまします。プロジェクトマネジャーは、翌月 のプロジェクトを正式に戦略化しなければならない時間を確保しようするがために、イーメールされてきた緊急の問題発生を無視することに罪悪感を感じるかも 知れません。しかし、マイナーな問題点が発生する度に果敢にそれらの問題点を回避しようと努めることによって「忙しそうに見える」という悪循環に陥ってし まうと、プロジェクトを苦しめるより深い問題点に対応するための時間を確保することは何時まで経っても永遠にできないくなってしまうでしょう。

もう一つの共通の過ちは、プロジェクトマネジャーはすべての回答 を欲しがり、すべてをコントロールしたがることです。このような進め方をすると、プロジェクトマネジャーはあらゆる決定を同時にすることになってしまい、 疲労困憊してしまうことは避けることはできません。更には、このようなやり方は、プロジェクトチームの個々のメンバーが自ら問題を解決し、全体の負担を 個々が負担するという理想の姿とは裏腹に、プロジェクトマネジャーから次の指示が来るまで何もしないで立っているというように、チームメンバーから個々の 権限を奪ってしまうという逆効果を生む結果となってしまします。

原文(英語)を読むには:http://www.pmhut.com/what-are-the-3-biggest-mistakes-that-project-managers-make

Tags

Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.