ホーム / プロジェクトポートフォリオ管理 / プロジェクトのコンテクスト(前後関係):重要な投資家の区別

プロジェクトのコンテクスト(前後関係):重要な投資家の区別

動物園のゴリラは完璧な本能的感覚を持っている。ところがあなたの家のソファに座っているゴリラとなると、完全に別の話だ。そんな状況は、特にプロジェクトやポートフォリオ管理では、全く別の光を当てると、我々が理解し再導入していると思っている事とは別の形態になりうる、とリッチ・モルツマン氏は指摘している。

電子メール、積極的な傾聴、頻繁な状況の更新はプロジェクトに関するコミュニケーションのすべての重要な基礎であるものの、それらのどれも優れた前後関係の提供ほど重要ではない、とモルツマン氏は見ている。これは、前後関係は、話している事が誤解されない唯一の保証となる錨であるためだ。さらに、氏は 詳述している。

これは、メッセージのフォーマット(型式)とメディアに配慮することを意味する。また、先ず視聴者が誰であるかを確認した上で、その視聴者にオリエンテーションを提供することを意味する。さらに、競合しているニーズとの前後関係と背景の量のバランスを取る上で簡潔かつ明確にし、見下されることを回避することを意味する それは、あなたのプロジェクトの必要性を企業のポートフォリオの必要性とのバランスに合わせる事を意味するが、あなたがプロジェクトで手渡しする成果物よりも、彼らの視点からすると、それは性質上長期のものであり、総合的な可能性を持っていることを意味している

さらに、操作部に製品を渡す時とは対照的に、その製品が安定した状態で存在していると見なすように、続けていくつかのポイントを忠告している。先ず、当然ながらあなたの投資家を知ることから始める。次に、早く表示されるようにメッセージをフロントロードし、サポートでそれを強化する。通信の媒体によっては、本質的に情報の指定されたタイプを中継するのに他のものよりも有用なものもあることを認識する。書かれた通信物の使用に当っては、それを送信する前に、必ず二度読みして、どの人にもそれが理解されるかを確認する。テキストをハイパーリンクして、追加の文脈を提供する簡単な方法もある。

元の投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.earthpm.com/2014/11/we-put-the-x-in-context/

約 John Friscia

John Friscia was the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success from 2015 through 2018. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and grew in every possible way in his time there. John graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

デザイン思考を通じて技術革新を発見する

ポートフォリオ管理のためには、どのようにして抽象的なアイデアを実用的な応用に変換することができるだろう。ジェン・スクラバック(Jen Skrabak)氏は、最も華麗なアイデアは実験と忍耐を伴う反復プロセスの結果であるため、その「突破口」のイベントとして、技術革新の概念を放棄するように、と助言している。スクラバック氏は、他のものより上に、プロジェクトやプログラムを識別するいくつかの重要な考慮事項を提示している。 1。ポートフォリオ管理者が物事を始める最適な場所は、既存のアイデアや技術革新である。業界の残りの部分が「そこにあって」実践しているものは何か。既に機能している車輪を再発明することには意味がない! 2。変更を求めた探求は十分徹底的に為されていない。革新には、識別、優先順位づけ、そして最終的に最大の正の価値をもたらし、まだ未踏のあらゆる可能性のまとまりから選択したものをオプションとして設定することを目標とすることだ。 3。スキラバック氏が指摘するように、技術革新は革命をもたらす傾向があるものだ。しかし、だからといって、技術革新が完全に新しいという意味はない。時には既存のアイテムを斬新な方法で組み合わせることが必要なだけだ。 4。あなたの最高の意図にもかかわらず、そのアイデアが失敗することも大丈夫だということを忘れないでいよう。時には、反復法で失敗したアイデアの集りが成功のための基礎ともなることもあるのだから。 スキラバック氏は、「技術革新キャンバス」と氏が専門的に呼んでいる作図法を、複数のセクションと併せた使用を、ポートフォリオ管理者の新しい技術革新のためのケースに準備して役立てるように推奨している。 元の原稿(英語)はこちらからご覧ください: http://blogs.pmi.org/blog/voices_on_project_management/2014/08/finding-innovation-through-des.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.