プロジェクト管理

プロジェクトに家を与えよう

プロジェクト管理室を建てることは、プロジェクトのための家を作るようなものだ。それは、たまり場空間だ。これは、コラボレーションのハブであり、想像力をワイルドなほど働かせよう。最も重要なのは、プロジェクト管理室は、チームの戦略と実績を向上させるための核であるが、プロジェクトホームには4つの明確な利点があり、プロジェクト管理上の声について、ケビン・コーテラドは説明している。

その4つの手段

  • 結束/コントロール
  • コラボレーション
  • 可視性
  • 生存率

管理室を持つことは、プロジェクトのさまざまな側面を一元化する。しかし、スケジュール、プロジェクトの状況、リスクリスト、成果物リスト、マイルストーンなどの要因を強調した部屋に、ある種の「マップ」があった方がよいかもしれない。用紙を節約するために、大型モニターやテレビ画面上にこれらのリストを表示することにより、潜水艦メタファーで実行する。優れた共同空間と同様に、その管理室には、電話、会議エリア、スピーカーフォン、(もちろん)コンピュータ、良い照明、快適な椅子、そしてより多くの電話とラップトップのプラグインのような家具、個室が必要になる。アイデアや対話の継続的な流れを提供するために、そこで人に会って対話し、頻繁にそこで会うことにしよう。

誰もがプロジェクト室の場所を知っていて、その目的を伝えよう。別のチームには指定時間にその部屋の別の部分を占有するようにしてもらい、定期的な会議に使用してもらおう。その内容の詳細は後でチェックし、確実に維持されるようにして、できる限り管理室として実行可能なことを確認する。標準的事務所の材料が不足しているなら、つまり、スペースが機能することは少なくなり、したがってより少なく使用することになる。しかし、メモ帳、マーカー同様に、軽食や飲み物も評価してもらえることを忘れないでいよう!どちらも、定期的にストックされるべきである。

元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://blogs.pmi.org/blog/voices_on_project_management/2014/09/give-your-project-a-home.html

Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.