ホーム / ベストプラクティス / ゲーム化はどのようにビジネスを駆動しているのか

ゲーム化はどのようにビジネスを駆動しているのか

ゲームについて真剣になる時が来た。喉のためのキャンディは本当はお菓子ではないという意味で、ゲーム化も実際にはゲームに関することではない。それは、従業員のために「その内容を甘くする」ことによって達成される実世界の結果だ。ヘザー・マクリーン氏は、ビジネスコミュニティへの肯定的な影響に目を向けて、ゲーム化による経済的、社会的ペイオフについて互いに排他的なカテゴリを分析している。

氏は、ゲーム化を使用しビジネスの全体的な傾向に貢献しているカテゴリをいくつか指摘している。第一は、人材募集だ。 CEBによる研究では、ゲーム化によって、同社はプロジェクトに新しい多様な人材を誘致し、革新的なイメージを投影し、ビジネスの中に洞察力を提供し、採用プロセス全体の品質を向上させることができることを発見している。第二にゲーム化は、販売力追跡における実績のような事業の実装に役立つので、実績の優れた従業員を認識することができる。ゲーム化は、遠隔から事業に関与している従業員が互いやビジネスに障壁を構築させないようにする可能性を秘めている。そして、もう一つの特典は、顧客の獲得やその維持におけるその有用性だ。    

ゲーム化はどこにでもポップアップしている。事実、あなたもレストランへの「チェックイン」のためのクーポンを受け取るためにアプリを使用しているように、ゲーム化環境と相互作用しているのに気付いていない可能性がある。ゲーム化では、消費者やチームメンバーは、従業員や常連客になるのに必要なやる気をもらうために楽しい経験をしているはずだ。

元の投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.business2community.com/business-innovation/gamification-driving-business-01072308

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

好成績の従業員をサポートする3つの 必要要素

ITの上手なスタッフが効率よく働く要素とは何か。これについては意見が様々である。アナーント・グップター氏によると、どの見方であろうと、良好なチームづくりと従業員について、ずっと使える戦略もある。同氏は3つの要素に突っ込む。 将来は、常にベストかつ最先端のテクノロジーを繰り返して、教育したITスタッフがいないと、会社には生き残るすべが無いと思う: このシナリオで生き残るにはすべての人 –理事会の戦略家から管理側の幹部に、チーム・マネジャー、個人の貢献をする者に至るまで—が特定のテクノロジーがどのビジネスの一部にでも影響を及ぼすことを理解できる「テクノロジスト」になる必要がある。どの業界における好成績のチームも資料とテクノロジーの基礎に詳しくなければならない。従って、会社には授業、講座など、学習ツールでテクノロジーの謎を解けるのが必要不可欠である。 グップター氏は、従業員が時代遅れにならないように、次の質問をするように勧める:仮に私がアプリだとすれば、職場に関連性をもちつづけさせるにはどのぐらいの頻度でスキルを磨き上げる必要があるのか。スタッフにとっては、キャリア形成の計画を採用することで、組織内の目標に自分たちの目標を合わせることが可能だと彼は言う。内部には成長および新体験の余裕が生まれる。 最後に、ITスターフにとっては、革新的でクリエイティブな心構えが最も価値のある強みである。 これが従業員に、会社全体に貢献できる自らの解決案をつくらせ、最後まで遂行するできるモチベーションにつながる。質の高い従業員をサポートするにはこういった職場環境をつくるのがかなり重要である。 下記のリンクで原文(英語)をご覧ください。 http://www.informationweek.com/strategic-cio/team-building-and-staffing/3-essentials-for-supporting-high-performing-employees-/a/d-id/1317067?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.