ベストプラクティス

ゲーム化はどのようにビジネスを駆動しているのか

ゲームについて真剣になる時が来た。喉のためのキャンディは本当はお菓子ではないという意味で、ゲーム化も実際にはゲームに関することではない。それは、従業員のために「その内容を甘くする」ことによって達成される実世界の結果だ。ヘザー・マクリーン氏は、ビジネスコミュニティへの肯定的な影響に目を向けて、ゲーム化による経済的、社会的ペイオフについて互いに排他的なカテゴリを分析している。

氏は、ゲーム化を使用しビジネスの全体的な傾向に貢献しているカテゴリをいくつか指摘している。第一は、人材募集だ。 CEBによる研究では、ゲーム化によって、同社はプロジェクトに新しい多様な人材を誘致し、革新的なイメージを投影し、ビジネスの中に洞察力を提供し、採用プロセス全体の品質を向上させることができることを発見している。第二にゲーム化は、販売力追跡における実績のような事業の実装に役立つので、実績の優れた従業員を認識することができる。ゲーム化は、遠隔から事業に関与している従業員が互いやビジネスに障壁を構築させないようにする可能性を秘めている。そして、もう一つの特典は、顧客の獲得やその維持におけるその有用性だ。    

ゲーム化はどこにでもポップアップしている。事実、あなたもレストランへの「チェックイン」のためのクーポンを受け取るためにアプリを使用しているように、ゲーム化環境と相互作用しているのに気付いていない可能性がある。ゲーム化では、消費者やチームメンバーは、従業員や常連客になるのに必要なやる気をもらうために楽しい経験をしているはずだ。

元の投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.business2community.com/business-innovation/gamification-driving-business-01072308

Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.