ホーム / IT ガバナンス / 10変更管理の伝説

10変更管理の伝説

変更管理は非常に重要ですが、依然として時々は処置をかなり誤っています。ごくわずかではなくて、イニシアティブの全部に応えるようなビジネスの一部になりたくはありませんか?スコット・スパンは、10項目の最も大きな変更管理の伝説を記事にして述べています。

  1. 変更は、やさしい。
  2. 人々は、言われたことをする。
  3. 立案は、十分である。
  4. リーダーシップは、リラックスさせうる。
  5. 反対者は、ほとんどいない。
  6. 反対者は、見捨てられうる。
  7. 変更は、すばやく起こる。
  8. 技術は、鍵である。
  9. 顧客は、第二である。
  10. あらゆるモデルが、適用可能である。

変更は、やさしくはありません。有能なリーダーは、チーム、個人、組織が気まぐれで簡単に変化しないことを認識しています。そして、人々が言われたことを実行しようとするときであっても、人々は誰もが実際に求めていたことを選んでいないかもしれません。誰もが確実な服従を期待する前に、人々が「理由」と「方法」を知ることを確かめた方がよいのです。自分自身を適切にはっきりと表現する方法を知ることは、良い立案の一部です。しかし、その計画が「現実的で実施可能できて、カスタマイズ可能」であったとしても、それを働かせるためには、依然として効果的な変更の作因が必要です。

いくら傾倒した反対者の人数が少なくても、その要求を無視してはいけません。従業員の関心事を含めて肯定することは、変更を生起させる方法です。彼らが反抗することに熱心であれば、変更に熱心になるように、彼らを納得させます。変更が奥深ければ奥深いほど、それを達成するのに時間がかかります。それは、プロジェクト管理の主なレッスンです。

技術は、極めて緩和に役立ちますが、それ自体のソリューションとして使おうとしてはいけません。技術は、単純には働きません。同様に、顧客を変更の過程に巻き込む必要がないことは伝説です。顧客の満足が究極の目標であることを覚えておいてください。あらゆる変更には、顧客の入力が必要となるはずです。そして、最後に、他の人に効果のあった変更管理のモデルを知っていることが役に立ちますが、あらゆる状況が固有であるのも覚えておいてください。以前に働いたことは、今では働かないかもしれません!

最初の記事をお読みください(英語)。 http://www.business2community.com/leadership/10-myths-change-management-0904871

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

何がスーパー管理者にするのか

サービスデスク管理者(SDM) は、一人で何役もこなすワンマン(ワンウーマンの場合もある)ITサービス管理の公正リーグだ。これらの管理者が成功するためには、完全な一式の能力を持っていることが求められる。IT野郎のジョーは、誰もがサービス管理者やコンサルタントを目指し、またCIOですらここで始める必要があると信じているほどだ。彼は偉大なスーパー・サービスデスク管理者が持つ無数の責任をバラバラにしてしまう。 手始めに、SDMは、完全に独立した株主グループや地域社会との関係を維持しつつ、その間でマルチタスクできるようになる必要がある。優先順位は、時刻表に基づいて決定されなければならず、その重要性を適切にスタッフに伝える必要があるのだ。 SDMは、そんな人々の感情を扱い、共感し、つながりを築けるようにする必要がある。ジョーはそんな役割が持つ重荷について詳しく説明しよう。 役割を理解する上で重要な要素は、それは役割が適切な人に為されていな時の様子に焦点を当てることだ – 例えば、多分技術的な能力はあるが、人の管理能力や関係管理能力、または、より広いビジネス状況との成果の理解や関心がない人。これが相乗効果となり、乏しい、あるいは不適切な能力不足の面で両方の災害の問題を引き起こしていることがある。 彼はのSDMが能力を表わす必要のあるより多くの領域をいくつか掲示していく。メトリックを操作し理解し、スタッフを動機づけ、開発し、交渉し、そのつながりを築き、文書による通信という様々な分野がすべてSDMに求められる。例えば、文書による通信に関しては、SDMは特に優れていなければならず、必要な言葉遣いで、正確で詳細な文書を書くことができなければならない。その一つの例は、作業指示書とビジネスに焦点を当てた更新では、別々の言語が必要とされる。 元の原稿(英語)はこちらからご覧ください: http://www.joetheitguy.com/2014/08/05/what-makes-a-super-service-desk-manager/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

We use cookies on our website

We use cookies to give you the best user experience. Please confirm, if you accept our tracking cookies. You can also decline the tracking, so you can continue to visit our website without any data sent to third party services.