品質構築への5つの鍵

完全な顧客満足度を獲得することは、恐らく世界市場で競争するための唯一の方法です。それはあなたから顧客を奪おうとしている文字通り何百ものベンダーのいるITでも同様にビジネスでも事実です。エンリケ・ベークマン(Enrique Bekerman) 氏の投稿記事によると、その鍵を握っているのは品質であり、あなたのビジネスに内在している品質をさらに増加するには、いくつかの方法があるそうです。当然のことながら、ITとビジネスの双方の全体で品質の構築に5つの方法リストを利用することができるのです。 継続的な

続きを読みます »

プロジェクトのわずか39%しか成功しなかったって?そりゃ、良いスタートだ!

何かを実装した後でその成功率が半分以下であることをよく思わないは人は多いものです。しかし、ジョー·マッケンドリック(Joe McKendrick)氏は楽観的です。いつもと同様、IT界では、もしITとビジネスが整列できなければ、暗くなるという悲観的な先行きを予測しています。フォレスターは現在、社内のIT部門のわずか39 %が、時間と予算内での提供能力を持っていることを報告しています。マッケンドリックはそのような数字で物事を実現させて行くための唯一の場所が上向けであることを知っているので

続きを読みます »

変化曲線を先行する方法

人々はさまざまな理由で変更を恐れています。その大部分は、未知に対する恐怖のせいで、人々は現在のプロセスに固執しています。管理者が頻繁に犯すミスでは、変化をプロセスの過程としてではなく、最終目標として捉えることです。 FutureofCIO.comのパール・朱 (Pearl Zhu) 氏は、このプロセスを変化曲線と呼んでいますが、この曲線の下り勾配曲線が生産性に影響を及ぼすことは沢山あります。 朱氏は変化曲線を平坦化する最初のステップは、それを理解することであると話しています。抵抗は、個人から来

続きを読みます »

偏った脳は悪いミスを犯す:プロジェクト管理者のためのヒント

偏った決定は、多くのプロジェクトが陥る原因ですが、問題はそれらを防ぐ方法がないことです。それは人間の本性の一部であり、それが完全に効果として現れる前に、識別することが、私たちにできる最善策のようです。こちらに掲載したのは、ブログQuantmLeap.com上のメアリ・プレスコット(Mary Prescotte ) 氏の識別による偏見リストです。 損失回避:研究によると、損失は収益の2倍も私たちに影響を及ぼすことを示しています。これはギャンブルをする人が精神的に挫折するまでプレーし続ける衝動と戦

続きを読みます »

IT プロジェクト失敗の5つの理由

失敗への道は、プロジェクトの数だけあります。しかし、まだ絶望しないでください! ITプロジェクトと同様に、プロジェクトに侵入する問題は、通常はプロジェクト管理者の仕事より簡単に作成できるカテゴリに入れることができます。スティーブン・ラハナス (Stephen Lahanas) 氏は、ITプロジェクトが失敗する5大理由を特定しています。 1. 調べられないことや挑戦への仮定: 大抵の端末の問題はプロジェクトの初期段階で表示され、それらは誰も話題にしないので、進歩し続けていきます。 2.「サイロ」

続きを読みます »

保守と技術革新の天秤のバランスを取る

技術革新対保守は、IT界では維持が困難なバランスです。技術革新が将来へとあなたをプッシュして全進させるかもしれませんが、過去のシステムを維持できないのでは、IT部門全体が崩壊してしまいます。CIO.comのミンダ・ゼトリン(Minda Zetlin)氏は そのバランスは50対50を目指すべきだと示唆していますが、多くの組織が維持管理の予算に80 %~90%を割当てていることを認めています。これではたいした成長は望めません。 メンテナンスコストを削減するために仮想サーバーを試してみてください。ま

続きを読みます »

ソフトウェアの見積りを機転を利かした方法で変更

見積りがこれ以上難しくなれない程大変に思える時は、ソフトウエアによる見積もりに移動する時です。ソフトウェアの恐ろしいほどの見積りは、主にそれが製作者にしか触れられないほど複雑であるため、過去数十年の間大幅に変化していません。最終的なコストには50 %のエラー用の手数料がしばしば含まれていることに驚きませんか。ケイン・マー(Kane Mar)氏は、機転を利かした方法(Agile method)を使用してその率を低くする時が来たと考えています。 それには、固定価格、固定範囲アプローチを取り、マー氏

続きを読みます »

知識管理の無限の用途

知識管理とは、使用する道具に関することではなく、その使用法に関することを扱ったものです。バークレイ・レイ(Barclay Rae)氏は、知識管理が人気のあるITSMのトピックであるという理由だけで、それを最終目標とすることはできないことを知っていただけるように願っています。知識管理とはその成果は使用者次第によるプロセスです。目標はITサポートスタッフのより迅速な訓練ですか。おそらくサービスデスクや他のサポートシステムの運用コストの削減ですか。知識管理に関する理由が何であれ、それらを満たそうとす

続きを読みます »

より優れた上司になるための3つの具体的な方法

エイブリー・オーガスチン氏は、より優れた上司になるための、一見簡単ではあるが重要なヒントを3つ共有している。第一に、チームメンバーと一対一の会議を予定し、他の人が聞くには不適切な重大なフィードバックをする。こうすることで、従業員の懸念や希望を表す機会を与えると同時に、プロジェクトの進捗状況と人間であるチームメンバーの両方をより良く理解することができる。第二のヒントは、「バンドエイドの使用を止めること」である。例えば、最初に作業を割り当てた人がそれに適していない場合に、より有能な人に作業を再度割り当てないことを意味する。その代わりに、個々のチームメンバーをコーチし、その技能を拡大するか、または問題の根の除去を必要とする何であれ積極的に実施する。最後に、従業員が自分を信頼できるような手助けをする。これは、従業員が援助を要求したとき単に記録して随時フォローする形を取る。 元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: https://www.themuse.com/advice/management-intervention-3-ways-to-be-a-better-boss

続きを読みます »

プロジェクトのポートフォリオのコストについて質問するのが間違っているわけ

今、最もお金が稼げるのは何でしょうか。それはついつい尋ねたくなるような魅力的な質問です。人はプロジェクトから即、金銭的な結果を見てみたいと願うものです。しかし、それによってどれほど儲けがあるかではなく、プロジェクトの価値について自問する必要があります。 ヨハンナ・ロスマン(Johanna Rothman)氏は、プロジェクトのポートフォリオが組織に最善の長期的な結果を生み出すには、変化させる必要があることを念押ししていれます。そう、プロジェクトには企業に金銭を生み出してくれるので保管しておくべき

続きを読みます »