会議上の問題をクリアする4つの方法

あなたにとって、驚くべきことかもしれないが、貴社とは違い、建設的でないミーティングがあります。それは確かな事実で、時には結果を生み出さないミーティングがあります。ハリー・ホール氏は会議上の、4つの問題になるであろう問題について書きます。そして、その問題をいかに解決するかを。 はっきりしない目的 課題がコロコロ変わる 中途半端 方向性が明らかでない もし、ミーティングが建設的でないとするなら、そもそも何故に、そのミーティングを開いたかが分からないのが原因です。どのミーティングにも、まず誰かが、簡潔に目的をはっきる述べることで始めるべきです。日程と根本原理を見直してから、追加の課題があるかを尋ねます。 第一の問題に要因する第二の問題は、人間は一つの課題から次々の課題へ順番に、課題に進むことに慣れていない生き物です。人間は、課題と課題を行き来して、話したいので結局、個々の課題について、効率的なトークができないままです。これを乗り越えるためには、ミーティング中に話された重要点のリストをメモって、必要であれば、ディスカッションを向け直す「門番」を指定することもできます。 しかし、いくら計画を立てようと、または構造を変えようとも、ディスカッションについての決断に至らない空気が流れることがあります。誰が決断を下すべきかについては、頻繁に情報不足または不確定であることが挙げられます。同様に、ミーティングへの参加者を8人に限定することで、人数が多く過ぎないので、より早く決断が下ります。 最後に、レイド(RAID)を治療薬として用いることで、方向性が明らかになります。RAIDとは リスク(risk)、 活動アイテム(action items)、 課題(issues) 、そして決断 (decisions)から成ります。 リスク(Risks):リスクの記録に脅威と機会等を確認する事。 活動アイテム(Action items):アクションアイテムは活動アイテムの日付、やるべき行動、責任者、納期、状態 (未完成・完成)。 課題(Issues):ミーティングのイッシュー(課題)は大事な事項でも会議の範囲外にあるアイテムを含めまました。 決断(Decisions):どのデスイジョン(決断)が出ましたか。誰が決めましたか。決断が出た日付は。決断に至る経緯は。 記事の原文はこちらでご覧下さい(英語): http://www.pmsouth.com/2014/11/08/four-meeting-problems-which-ones-do-you-want-to-overcome/

続きを読みます »

睡眠不足は、あなたのキャリアを殺している

ハーバード大学医学部によると、余分な仕事をするのにかかった時間による利益は、最終的にはあなたが翌日職場に持って来る怒りっぽさと集中力の欠如によって失われてしまうという。トラヴィス・ブラッドベリー氏は、オーストラリアの特別放送サービスのための記事で詳しく説明している。 ロチェスター大学は、睡眠はカフェインでは覚ますことができない目を覚まし、目を覚ましている間にニューロン注に蓄積する毒素を取り除くことを発見したという。睡眠不足は、心臓発作、脳卒中、第2タイプの糖尿病、それに肥満に関連する。それはまた、免疫システムを弱体化し、肌を台無しにし、精子の数を減少させる。本当に最高の状態を保つには、7時間から9時間の夜の睡眠を目標にする必要がある。ブラッドベリー氏は、より良い睡眠のために、さらにいくつかのヒントを一覧表示している。これらには、睡眠薬を避け昼食後のカフェインをスキップし、夜間の青色光を避け、一貫性の睡眠スケジュールを維持し、瞑想することが含まれる。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.sbs.com.au/news/article/2014/12/09/sleep-deprivation-killing-your-career

続きを読みます »

幹部から要件収集のための8つの戦略

プロジェクトの要件は、ほとんど常に、事務局からの情報を引き出す形で求められる。プロジェクトプロセスのこの前段階では、ビジネスアナリストは、発見、分析、理解、および検証に注意を払って、誘発の枠組みを確立する必要がある。マリアン・ハウス氏は、組織の幹部の文化に合わせて、このプロセスをカスタマイズするための8つの戦略を提示している。 準備する。 プロセスを簡素化する。 言語を簡素化する。 肯定的なままでいる。 時間に集中する。 結果から起動する。 リスクを管理する。 戦略的な方向性を維持する。 意思疎通のスタイルは幹部によって異なっているので、彼らの都合に併せて適応する。それらに直面するときは、ランチルームやコーヒーマシンでの非公式な設定で、自然に情報収集の準備をする。大規模な専門用語に入るためにはほとんど時間がない。その代わりに、要約、賛否両論のリスト、または視覚記述を活用する。重要なポイントを伝えるために物語を使用してストレートに話をすること。 常に肯定的を強調する。グループとしての幹部は楽観的な態度や、複雑な意思決定を支援するための作業解決策に依存している。忙しい役員の時間を節約する一つの方法は、彼らの注意を得た後に「どのように」結果を開くかである。よりリスクを嫌がる幹部をなだめるためには、リスク軽減とリスク対応のオプションを利用可能にしておくことを忘れないようにする。さもなければ、財政、事業ビジョン、あるいは製品コンセプト・技術革新のように、戦略的なものからストレートに進める。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.projectmanagement.com/blog/Voices-on-Project-Management/11110/

続きを読みます »

職場のいじめは高価な流行病である

フォーブスは、驚いたことに96パーセントの従業員が過去に職場で何らかの形態のいじめを経験したことがあると報告している。シャロン・フィレンツェ氏はCIO.comの記事で高価につくその裏の意味について書いている。 96パーセントもの高い数値は、その現象には様々な程度があることを示唆しており、その物の見方は、我々がそれをどう定義するかが大きな役割を果たしている。職場のいじめ研究所(WBI)では、それを以下のように特徴付けている。 …虐待の繰り返し、脅威的、屈辱的、または威圧的な虐待的行為、作業妨害行為や暴言の繰り返し。 いじめる側と被害者の間の効果的誘因は、多くの場合、権力か黙らせることの一つである。いじめる人がある人の上司(いじめの56%に相当)である場合、この圧力はさらに大きくなる。上司に対し立ち向かうには勇気が要る。職を失ったり、さらに悪いことには、虐待している上司が報告されても普通の仕事関係が回復されず何ら措置が取られなかった場合、いじめがエスカレートする可能性が常にある。 さらに悪いのは、WBIの最大のいじめのいくつかはまた、職場の何人かの最高の実績者であることが判明しているということだ。これはそれほどの驚きではない。いじめの多くの否定的な特性である、無慈悲、狡猾さ、勝者がすべてを得る– 的な態度は、ビジネスのための使用に配置されると肯定的な競争力の姿勢に見られる特徴である。これらの「有益な」形質は、敵意、低い生産性、それに高い従業員の離職の環境を作ってしまうので、長期的に組織を傷つけることになるだろう。 職場でのいじめを処理するための主要な指標は、オフィスとの関係を中心に説明責任の構造の維持で構成されている。虐待は上部から来る傾向があるため、いじめを回避するために倫理委員会または類似の組織体に権限を与えて利用可能にすることは不可欠だ。やつれた従業員のためにどのような職場のメカニズムも利用できなければ、常に外部の法的手段を求めることができる。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.cio.com/article/2844932/careers-staffing/workplace-bullying-a-costly-epidemic-in-the-enterprise.html

続きを読みます »

あなたのアイデアで人々に影響を与えるためには

そこであなたにはオリジナルなアイデアがあっても、公共に携わる方法がわからないとする。「ハーバード·ビジネス·レビュー」への貢献者ジョン·バットマン氏は、それはあなただけではないと言う。しかし、ご自分の目標について適切な質問をし答えてもらえるなら、次の「大きい事」を推進するための機会となる。 アイデア起業家精神の基礎 あなたの動機は何だろうか どのように聴衆と繋がれるだろうか どのようにあなたのアイデアは適用されるだろうか 最高のアイデアを持つ起業家というものは、主に他の人々を助けるために動かされることによって動機づけられている。しかし、他の人との繋がりを持つために、あなたは感情的なレベルでその人訴える必要があるので、個人的な話をすると、あなたのビジョンのサポートを誘発するのに非常に有効である。アイデアを販売するもう一つの重要な要素は、その実用的な価値とアプリケーションを強調することだ。あなたのアイデアが日常生活や人々にどのように適用されるかをモデル化すれば、彼らはすぐに要点を得るだろう。 あなたには説明力があるか 誰が利益を得るのか あなたの思いつきの発信源はどこか アイデアを持つことは一つのことであるが、それを説明できることは、別のことである。どのように伝達するのかを練習し、それにある範囲の例を含む。意図している聴衆を識別するが、目標が応答する唯一のグループであると仮定しないことを心に留めておこう。できれば幅広いベースのサポートを求める。最後に、あなたのアイデアが進化し続ける思考体に置かれていることを確認することを忘れないでおく。どの「オリジナル」なアイデアも以前の起業家とその起源がある。彼らの働きを認めれば認めるだけ、あなたがさらに多く合法的に聞こえることだろう。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://blogs.hbr.org/2013/04/how-to-influence-people-with-y/

続きを読みます »

リスク所有者についてどの人も知っておくべきこと

回避、管理、およびプロジェクトのリスクを軽減することは、確かにプロジェクト管理者の責任だ。しかし、プロジェクト管理者は一人で多くの任務を負っている。大きなリスクを管理する主要な責任は、他のチームメンバーに委任する必要がある。ハリー・ホール氏は、このような努力の細かい点を説明している。 まず、リスクの所有者を定義する必要がある。リスクの所有者は、必要が生じた場合適切なリスク対応と準備をして、特定のリスクに目を離さない意思を持っている人である。彼らは定量的および定性的な手段を用いて特定のリスクを定義し、分析することを引き受けている。 また、問題のリスクの特定ブランドによく馴染んだ人が必要だ。理想的には、そういう人はリスク管理の経験があり、リスクに応じ得ることで知られている。もちろん、リスク監視を進んで行う必要もある。各リスクを洞窟に潜んでいる超自然的な怪物トロールとして考えることができる。そしてそのトロールが出現する場合、リスク所有者は自らのポストで戦う用意をする必要がある。 潜在的な候補を引き入れるには、プロジェクトの重要性や危険から守られなければならない理由を説明する必要があるかもない。遅くても、リスク所有者をリスク対応計画の書き込み時に選択しておくべきで、唯一の大きなリスクには、リスク所有者と評価計画を持つだけの価値があることを覚えておくべきである – 私たちは小さな怪物ゴブリンについてではなく、大怪物トロールについて話しているのである。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.pmsouth.com/2014/09/28/what-everybody-ought-to-know-about-risk-owners/

続きを読みます »

失敗の認識を回避する方法

プロジェクトチームは誇らしげに提供しても、スポンサーが失望しか表さない時、プロジェクトの期待についての根本的な切断をしなければならない。著者スザンヌ・マドセンが書いているように、知覚は、プロジェクトの成否を決定する重要な要因である。 マドセンによると、プロジェクト管理者(PM)は、さまざまな利害関係者の議題を設定する。PMは、各利害関係者が​​プロジェクトから望んでいるものの中で妥協点を見つけなければならない。各当事者が期待を他人のニーズや能力に対して期待を切り替えることに同意しなければならないので、意見の均衡というこの分散の用語は、「相対的な優先度」としておく。 成功したPMは、すべてのプロジェクトは、終わりを念頭に置いて始める必要があることを知っている。期待の設定が成功か失敗かは、共通の目標、利点、締め切り、およびその他の資格をもとにして、関係者の目にどのように測定されるかによって決定される。事前に関係者から要求を求めるようにしておこう。マドセンはさらに詳しく説明している。 最終的にあなたのプロジェクトの成功はあなたのスポンサーや利害関係者が、期待していた方法で、思いどおりの利点を得られたか感じるかどうかによって測定されることを、覚えておこう。そこで、明らかに客観的に述べた基準を定義する必要があるだけでなく、失敗の認識を回避するために、定量化し、測定可能な条件に任意の主観的な感情や文をオンにしておく必要がある。そうしてやっと本当に自分に期待されているものが分かるだろう。 プロジェクトのライフサイクル全体を通じて、述べた目標と利用可能な手段との間の相互作用を考慮することは重要である。これは、必要なリソースが不足している可能性があり、それについて運営委員会に話をする必要があることを意味する。善行も注目に値することを覚えておこう!偉大なプロジェクトを実行するには、たまには小さな勝利を祝うことも含まれるのである。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.pmhut.com/how-to-avoid-the-perception-of-failure

続きを読みます »

ソフトウェアの品質の完璧さに良いことは何もない

完璧主義はサドマド派だ。彼らは完璧に到達することはめったにないのでマゾであり、実行してもそれを維持できるのは一瞬でしかない。そこで取り憑かれていることに加えて、常にイライラしている。彼らはまた、自分が取り憑かれているのと同じ愚かな目標の追求に、周囲の人を皆駆り立てるので、サドでもある。 完璧さは達成不可能だ 一定の品質がある – それを「十分に良い」と呼ぶが、それ以上磨くのを停止すべき所だ。これは倫理的または心理的な配慮ではなく、財政上の問題だ。一般的に、完璧とは、品質と経費の曲線のコストの漸近線である。つまり、次の経費ユニットは今までよりさらに改善が少なく、絶対的な完璧を達成ことなどできない。品質目標を超えた漸進的な改善のために奮闘し続ける人は、単に資源を、つまり時間という資源を無駄にしているだけだ。                   これは、高い品質基準が逆効果であると言っているわけではない。確かに、経済は航空機からの給水に至るまで信頼性に依存している。しかし、すべてが生死を分けた品質の二分法によって定義されているわけではない。 ソフトウェアの品質の表現 品質基準は、品質のための状況を設定し、達成可能な成功を定義する必要がある。ビジネスアプリケーションのためのソフトウェアの品質は三次元で議論することができる。 機能要件との遵守を意味する、目的のための適合性 使用と性能の一貫性における相対的な容易さを指す、使用のための適合性 保守性から監査能力に対する構造安定性に至るまですべてを含み得る、非機能要件 これら三つの範囲は、品質のための状況として使用できる。それでは、以下の簡単な例で、その達成可能な成功法を表現する方法を考えてみよう。 目的への適合性: 機能要件に記載されているとおりに、欠如した能力や行動が全く存在しないことを検証する。すべて予期されたシナリオでの結果がすべて(すべての可能な順列が行使されていないからではなく)正確であるかを確認する。無効なシナリオや要求はサポートチームの介入なしに捕らえられ適切な解決が可能であるかを確認する。 この説明には、制約と目標の両方が含まれ、予想事項と予想事項外の両方が考えられる。もちろん、我々は予想していなかった事項によるシステムの弱体化は許容することはできないことを確認するが、この文言は明らかに正のテストの優位性を示している。重要なのは、設計者や試験者の両方を導くために、方法よりもむしろ目標を提供することだ。 使用への適合性: ユーザーがシステムが一貫性があると知覚できるか、また各クリティカル重要な機能のためのナビゲーションが明確であるかを確認する。ユーザーの行動は平均応答時間が3秒を超えてはならない。ユーザーは、システムが行動を起こすか、あるいは行動を待っているかどうかを常に確認することが大切だ。 この説明は、システムとユーザーに固有のより詳細な情報を必要とするだろう。ここでも、設計者や試験者のための明確な目標を提供すること。 非機能的要件: 監査人やCISOチームの満足のために、システムが監査可能であることを確認する。運用保守チームの満足のために、システムが保守可能であることを確認する。 ここで重要なのは、受け入れ担当機関に、それぞれの非機能要件をリンクしておくことだ。 品質目標の達成 品質を定義する点は、チームの仕事が多いと伝えられること、また自分たちの目標に達したので全員で前進することができることだ。品質の定義を肉付けしたとおりに、進捗状況を測定することだけでなく、その2つの用途を意識し続けること。明確に定義された実用的な品質目標は、品質のみならず、経費やスケジュールを管理するための主要なツールの一つである。

続きを読みます »

プロジェクトの失敗は、経営技能と相対するか

カレン·マンロー氏は、今日多くのそこらのプロジェクト管理者は、自分のプロジェクトを成功させるのに十分な技能を持っていないのではないかと疑っている。氏は、標準以下の面接によって、この分野には十分な技能を持たないプロジェクト管理者が導入されていると考えている。確かに、昨今は、多くの採用担当者が、特定のシナリオの下でプロジェクトを管理した経験者を募集しており、純粋にリーダーシップの仕事をこなせなくても、これらの要件を満たすだけの管理能力を持つ人々がいる。マンローは、より的確な面接を行うことによって、資源管理の技能もリーダーシップを示す行動も証明するという両方を測れる試験を伴うと見なしている。これは、誰かがプロジェクトを主導するのにふさわしいかどうかを見極めるには、最も直接的で即時の方法である。 元の投稿(英語)はこちらからご覧ください。: http://www.projectmanagementinsight.com/2014/09/project-failure-relative-pm-skill-level/#.VD_4IcmwQ5h

続きを読みます »

単一の質問でプロジェクト失敗の確率を打つ

フォレスターのディビッドK​​. ジョンソンは、プロジェクトがその途中で失敗して死に至るのを止める魔法の質問を発表している。それを聞くと、元には戻れない! ジョンソンは、プロジェクトを成功させる最も重要な質問は「人が最高の仕事をするために必要なのは何か」であると考えている。とどのつまり、新しいオートメーションシステムに何百万ドルを浪費することもできるが、ビジネスをしている誰もが実際に自分の仕事の生活を改善したことに感謝することはかなり稀である。基本的に仕事に従事している者の質を高めたいならば、ジョンソンの質問をする必要がある、と彼は言う。 この質問を使用しうる1つの方法は、新しい政策が創造性を促進するか、それを妨害するかどうかである。もう一つの方法は、新しい技術により従業員が自分の仕事をより良く楽しむことができるようになるかどうかである。氏は米国労働統計局を指摘しているが、それは2016年に従事すべき仕事は「産業/組織心理学者」であるとしてこの考えをサポートし、さらに詳説している。 フォレスターでは、従業員の心理的なニーズが充足され満足していることと、顧客体験の満足度の大きさに非常に密接な相関があることが従業員間の心理学的研究で明らかになっているので、我社は従業員の心理的な状態に強い関心を持っている。従業員はマイクロマネージされているのではなく、すばらしいサービスを提供するための情報やリソースにアクセスでき、サービスのために情熱を持っており、自分の雇用者の価値を信じ、自分自身の開発に取り組んでいるのである… 技術投資は、従業員にとって顧客支援で優れた情報にアクセスすることが可能でなければならず、ジョンソン氏は「皆さんは従業員が最高の仕事をするのに役立っており、最高の仕事は最高のビジネスのためになる。」と言葉を強調している。 元の投稿(英語)はこちらからご覧ください。: http://www.computerworld.com/article/2606372/technology-jeopardy-beat-the-odds-of-project-failure-with-a-single-question.html

続きを読みます »