CIO: 従業員の経験を係合する進行係

幸福を感じている労働者は生産的な労働者です。自分の仕事に敬意が表せられ、創造的になる余裕が与えられていると感じる従業員は、一生懸命働き、その会社を職場やベンダーとして推薦する可能性が高くなります。CIOは、労働者としての経験技術を活かしテクノロジーを用いて、それを係合し満足のいくものとする役割を果たすことができますが、TJ Keittはそれを達成する方法についてZDNetのために文書にしたためます。 事業は組織の定期的な維持管理に関わるあらゆる種類のシステムの管理に幅広いガジェットや防犯機器を

続きを読みます »

CIO の成功はわずか3つのもの要約される

CIOの成功は、リスクの排除、サイクルタイムの向上、コストの低減に要約されます。役に立つほどの皮肉を言えるCIOなら、センテンス以上の簡単な一覧表とは(たとえ「リスクの排除」であったとしても、ほとんど不可能だと思われるが)キャリアにおける長い努力であるということを認識することでしょう。それでも、これらの3つは、Archie Hendryx が成功への道として引き合いに出して、なぜ、またどのようにこれらの3つが、このような深遠な影響を与えることができるのかを説明してZDNet上にこれを投稿したほ

続きを読みます »

ITIL® Man に気をつけよう

ITプロジェクトは、最初からその破綻が運命づけられています。シフト優先順位、新しい予期せぬ問題、常により速く、より安価な解決策のための一定の必要性が揮発的に混合しています。Ashford Global へのこの投稿は、この環境がITIL® を、優れた解決策のように思わせてきた方法を吟味しています - ITILは、過去に経験したどの従来の頭痛の種であっても、ビジネスと速度のニーズに合わせると約束しています。 しかし、そこには問題があります: すなわち、ITILは、組織に100%のプロジ

続きを読みます »

知識管理: テクノロジー以上のもの

技術の世界で、知識管理は技術であってそれ以上のものではないと見なされているのは誤解です。 Flyn L. Flesherは、なぜKMが技術を超越しているのか6つの理由を強調しています。Flesherの記事の最初のポイントは、知識管理者がユーザーのニーズを理解するように奨励しています。これは、使用される形式に影響を与えることになります。品質管理も重要です: Edward R. Murrow は、「コミュニケーションの速度は目を見張るものがある。速度は、真実ではないと我々が知っている情報の配信をも

続きを読みます »

ジンジャーブレッドハウスからのプロジェクト管理のレッスン

Phyllis Schaeffler Dealy は、この教訓を学び、ジンジャーブレッドハウスを作ったときの困難な経験を詳述しました。私たちは、明らかに物事が全くうまくいっていないのに、物事をうまくいかせようと何度も特別に力を入れ過ぎます。初めからそれが完璧に設定されているかのように見えるとき、失敗する可能性があることを信じません。たとえ従うべき明確なプロセスがあり、成功すべくテストされ、実証された青写真があっても、資格チームがついていても、物事がうまくいかないかもしれません。それが否定や臆面

続きを読みます »

プロジェクト管理にはどのようなリーダーシップ能力が必要なのでしょうか

それをしっかり見据えてみましょう。かなりの数の人は指導的な立場に、指導するのに必要なスキルが単純に欠如しているのに置かれています。そんな場合、プロジェクト管理に必要なのは、どのようなリーダーシップのスキルでしょうか。Pradip Dwevedi のターニングポイントの記事では、成功するプロジェクト管理に必要なものとして5セットのリーダーシップスキルが挙げられています: 技術的なスキル やる気を起こすスキル コミュニケーションスキル 機能的スキル 意思決定を行なうスキル やる気を起こすスキルとコ

続きを読みます »

CIOの厳しい選択:プロアクティブになることか反応的になることか

あなたのキャリアの初期の大部分が維持することに費やされている場合、将来のためにプロアクティブな変更を行うことは難しいかもしれません。これは、問題に古い技術で対処するか、新しい技術を試すべきかを決定する際に、多くのCIOが経験する傾向です。Pearl Zhu は、CIOの中には、変更を実施する力があると感じていない人がいる理由として、説明をいくつか挙げています: CIO には十分な権限が与えられていません。 IT へのビジネスの姿勢:これは、 IT がコストセンターとして扱われているのか、または

続きを読みます »

生産性の問題がコラボの悪さに繋がっている3つの兆し

ビジネスは支配権利抗争ではなく、組織内の部門は一丸となってプレーする必要がある。部門が定期的に相互作用していないとき、それは、実際に問題がある兆しを呈しているのかもしれない。リチャード・レプシンガー氏は、悪いコラボによる生産性の問題の3つの兆しについて書いている。すなわち、 目標が不揃いである 首長が多過ぎる 決定の品質が低い うまく協力できていない最も顕著な兆しは、目標が不揃いなことである。マーケティング責任者とセールス責任者ですら、成功に関連したメトリックについて一致しないことがある。これは、各自が責任を負っている優先順位に起因する。様々なレベルの管理者は、なぜある管理者がある変数が意義があると見なしているのか、自分の考えが誰にも理解できるような、考えを曝け出せる会合を持つ必要がある。そうすることで、チームは一括して管理者の必要を満たす明確な目標を提示することができる。 第二の点について、レプシンガー氏は以下のように続ける。 関係者全員がプロジェクトに誇りと個人的な所有権を感じられるのは、良いことだ。だが、誰かが作業の進捗状況に声を出して指示しようするときは、従業員は混乱してしまう。役割を明示し、誰が意思決定者であるを定義すれば、スタッフは生産性を維持し、重要なプロセスを前進させることだろう。 最後に、意思決定がよくないことがある。仮に何らかのデータが不在であったり、または利害関係者を確認せずに意思決定を行った場合、追跡時に火消し状態に陥ったとしても驚くこともない。電話を取って(またはチャットウィンドウを開いて)、必要な情報を入手することだ! 元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: http://www.pmhut.com/3-signs-your-productivity-problems-are-linked-to-poor-collaboration

続きを読みます »

プロジェクトのポートフォリオを管理するための4つの秘訣

IT管​​理の他の側面ほど、より多くのバランスや、状況の変化に対するより多くの注意深さ、またはプロジェクトポートフォリオ管理に多くの隠されたリスクを伴うものはない。プロジェクトの成功率が現在64%で失速している場合の、プロジェクトポートフォリオをより良く管理するための4つの便利なヒントをジェン・スクラバック氏は提供している。 持続可能なプロジェクト/プログラムを選択する ポートフォリオの上限を知る ミスを認め、迅速に調整する 自らの平均値を測定する 組織の強みと弱みに合うプロジェクトの目標を選択する。計画の予定に当たっては、過度に楽観的にならず、現実的になること。また、企業の文化がサポートしていない場合は、熟考を重ねたプロジェクトですら依然として拒否されることがあることを心に留めておく。特に短期間におけるプロセス変更で数百人を含む大規模なプロジェクトを扱う場合は、変更管理を忘れてはいけない。 スクラバック氏はまた、「2015年にポートフォリオの投資収益率で1億米ドルを達成する」等の静的な目標を超えた、可能性の数字を伸ばすことを意味する、ポートフォリオの「上限」内で動作するように助言している。 ポートフォリオの上限は、予算、能力(スキルや知識)、容量… または文化(既存のプロセス、変更に必要な組織的機敏性と食欲)によって定義できる。 基本的には「最高のリソース消費期間」を目指し、初期のランプを超えた上限を計画する。 但し、プロジェクトがうまくいかなかった場合はどうだろう。そんな場合はスポンサーにそれをキャンセルするように薦める備えがあるだろうか。プロジェクトの健全性を判断するためには、明確な財務パフォーマンス監視は重要だ。スクラバック氏は、プロジェクトのコースを修正せざるを得なくなるような大変化が急に発生し、敏捷性を要することも起こりうる、と警告している。 最後に、ポートフォリオとは当然のことながら、一つではなく数多のプロジェクトを意味する。時間をかけて、最も実値が作られている所を発見するために、大小のプロジェクトを検証すべきだろう。 元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: http://www.projectmanagement.com/blog/Voices-on-Project-Management/12945/

続きを読みます »

あなたのビジネスを改善するための5つのビデオの簡単な活用法

ビジネス用のビデオの価値に納得していない?フォーブス誌にそんな心を変える記事が記載されている。アリー・スタルト氏は、あなたのビジネスにビデオが新たな息吹を吹き込める5つの基本的な方法を強調している。 動画の1つの明らかな利点は、新入社員のトレーニングにはワークブックよりも、遥かに魅力のある積極的であることにある。Camtasia のような画面録画ソフトウェアは段階毎のプロセスの実演にも役立つ。もう一つビデオができることは、顧客が自分の時間帯で実施することができるという付加的な利点を持ち、複雑なトピックを顧客が理解するのに役立つ素早いチュートリアルを提供すること。さらに、ビデオは静的なテキストでは不可能な方法で生き生きとした顧客の声を実現できることだ。第四にビデオがもたらす利点は、短く簡潔な価値の提案をウェブサイトに植え込むことができるので、ビジネスの目的を誤解する人などいなくなる。そして最後に、特にYoutubeが二番目に大きな検索エンジンであり、Googleがそれを所有しているのだから、ビデオは検索エンジンのビジネスをより見やすくすることができる。 元の投稿₍英語₎はこちらからどうぞ: http://www.forbes.com/sites/theyec/2013/05/06/5-easy-ways-to-use-video-to-improve-your-business/

続きを読みます »