JP

リスク管理の仕組みはなぜ機能するのか-冷たく厳しい事実

ノーマン・マーク氏は、リスク管理に関する2つのレポートを論ずるブログ記事を書いています。最初は、組織によるリスク管理の成熟度とその株式の実績による相関関係を示したエーオンレポートです。さらに、そのレポートは、「リスク成熟度のより高いレベルと金融市場には、重大なリスク事象に応じて、組織の株価の相対的な回復力との間に直接の関係」があることを突き止めています。 アクセンチュアからの他のレポートによると、リスク管理と結び付けた題材での450人の調査は以下のように述べています: 「調査の回答者は、成長と

続きを読みます »

どのようにCIOは会社をリスクから守れるか

防御の最前線 CIOはリスクに対して会社全体を保護する責任があります。すべての事業分野への情報技術の拡大に伴い、CIOはイノベーターの役割だけでなく、今や保護者でもあるのです。それでは、CIOとしてどのように計画やプロセスを作成して自分の部門だけでなく、企業全体としても安全でいられるように保証することができるでしょうか。 これはジム·アンダーソン(Jim Anderson)博士がこのブログ記事で答えている問題そのものです。彼は3つの一般的なリスクのタイプ(予防可能タイプ、戦略的タイプ

続きを読みます »

この問題を無視するとあなたの会社は台無しになるかもしれません

2つの大きな質問 指導者が自問する2つの大きな問題-または少なくとも自問すべき問題とは、「我が社員はどのように私の戦略を実行しているだろうか。」と「新しいリソースはこの戦略に搭載されているのだろうか。」です。アンドレ・ラーボイ(Andre Lavoie)氏がこの記事で説明しているように、これらの質問に回答しないことは、善かれ悪かれ、御社は台無しにする可能性を秘めています。ラーボイ氏は以下のように述べています。 我が社とデールカーネギー社で実施の「今日のリーダーの成長する方法」と題した最近の研究

続きを読みます »

リスク管理を凌ぐ方法

リスク管理のナビゲーションは、組織の重要な部分ですが、正しいロードマップがなければ、パスは扱いづらいものとなります。 CFOに報告するときは、快く「すべて万全です! 」というアプローチを避けるように、とマイク·ロイド博士(Dr. Mike Lloyd) は示唆しています。リスク管理の重要性を過小評価したり、急速に古くなって効力を失う傾向にある先行きの悲観的な処世観は避けます。その代わりに、別の問題を管理している方法を提示します。管理は、CFOも重要なものと解し、認識することでしょう。

続きを読みます »

プロジェクトリスクを管理する11のトップのヒント

リスク計画の欠如から生じる問題を修正する時間がある場合は、リスクのために計画して問題を回避する完全な方法があることになります!このような観点から、PM Hutからの記事は提示されています。つまり、プロジェクトリスクに効果的に対処する必要があり、そうするためには、以下のヒントに従うべきです。 早期にリスクを特定する リスクを評価する 伝える 計画を立てる リスクを受け入れる (妥当な場合) できるならリスクを回避する 緩和を通して最小化する リスクの責任を共有する ステータスの偏光のために継続的

続きを読みます »

問題を抱えたポートフォリオ、問題を抱えたプロジェクト

プロジェクトに問題があるとき、ご自分のポ゚ートフォリオが健全であるかを分析することは最善なことです。隆々たるポートフォリオは、協調性と関連プロジェクトの配列如何にかかっています。好ましくないポートフォリオの環境は、ポートフォリオの有り方を会社が教育していなかったこと、(つまり、ポートフォリオはプロジェクトの量が多いから作れるものではないということ)に起因している場合があります。 ポートフォリオに問題がある場合の兆候: 何度も問題を抱えたプロジェクトに直面している プロジェクトの30%以上に問題

続きを読みます »

IT 部門は全く無用になってしまった

「無用」とは過酷な言葉だが、カリフォルニア大学のアーバインビジネス校のAcross and Senior Industry Fellow の最高経営責任者(CEO)Peter Hinssen氏は、現代のIT部門にはそれが適用すると考えている。さらに、Hinssen氏はビジネスコミュニティの多くの人々はCIOはお飾りに過ぎず、それ以外の何者でもないと見なしていることを示唆している。これは多くのIT部門がかつて持っていた力に欠如している理由を物語っているのかもしれない。要するに、Hinssen氏に

続きを読みます »

ビジネス上の知性と戦略的決断の間の切断

Kailash Awati氏はその投稿ブログで、現時点におけるビジネス·インテリジェンス(BI)は、戦略的意思決定を行うには不向きだと述べている。彼は、BIが未だに運用事項を測定して管理するための手段として厳密に使用されていると信じている。 BIとビッグデータと予測分析間には平行線が引かれていて、戦略的な意思決定を行うのに何ら提供することができないにも関わらず、運用の意思決定に向けてすべてがうまく行くようになっている。 従来から意思決定のプロセスは、使用可能なオプションを識別し、各オ

続きを読みます »

知識管理 101

知識について知るべき事があり過ぎるほど存在していることを知っていた者がいただろうか。Michael E. D. Koenig は、あらゆる角度から対象を捉えてその内外から対処し、知識管理 (KM)に関する情報の宝庫を一つの記事でまとめている。チャート、グラフ、参照も豊富で、それは今までのうち、1つのスペースにその被写体の最も包括的な外観を提供している。だから、鉛筆を削って新しい消しゴムを取って欲しい。授業は進行中なのである。 Koenig は、1994年の「知識管理とは、知識を捉え、分配し、効

続きを読みます »

ビジネスに自分の目を注ぎ続ける

米国務訂正省ともなれば、システムはできるだけ近代化されているだろうと期待することでしょう。残念ながら、このようなことはほとんどありません。マーク·ピーターソン氏の記事によると、部門内のシステムは、平均20年であったと最近の調査で示していたといいます。これは怠惰や知識の欠如とは何の関係もありません。ピーターソン氏は、ビジネス要件のない定義が存在しないため、そのような問題が発生した、と主張しています。 残念ながら、近代化計画フェーズ中にビジネスと技術的な要件定義の欠如を見続けています。顧

続きを読みます »