ホーム / CIO

CIO

新しいITプロを高速にしよう

ダン・ショーベル(Dan Schawbel)による研究では、仕事回転率が高いことが示されています。 「 Y 世代はおよそ 2 年で職業を変更するが、 X 世代はおよそ 5 年、団塊世代はおよそ 7 年で職業を変更します。アン・フィッシャーからの研究によると、職業を変更したり、昇進する幹部の約 40 %が最初の 18 ヶ月で失敗することが報告されています。」 新旧社員の一定の流れがあるので、より入社プロセスを合理的にすればするだけ良くなります。入社は、採用者が雇用された瞬間から開始する必要があり

続きを読みます »

ITの複雑さによって造られたウェブを削減するための6つの手順

CIOインサイトでのこのスライドショーでは、 Michael Vizard はITの複雑さを削減する6つの手順を引き合いに出しています。 知的な需要管理 アプリケーションの合理化 インフラストラクチャの削減 より小さくてパワーのあるITスタッフ 簡略化されたプロセスの効果的な支配 共有サービスモデル、最適な調達 しかし、Vizardはこれらの手順を詳述する前に、どのようにして最初に複雑性が多過ぎるようになったのかを話しています。 企業のITとなると、組織は自らの最悪の敵になることがあります。あ

続きを読みます »

IT のKPIに関するCIOの4つの見解

主要業績評価指標(KPI)は、専門家が事業を改善していることを示す方法です。ピエロにとってKPIは冗談で笑う多くの子どもや、パッと飛び出す風船の動物に驚かされた人の目の数に過ぎないかもしれません。ITにも他の方法よりうまくいく指標があり、Perl ZhuはそのブログでCIOに成長と成功を測定させるCIOのKPIに関する4つの見解について書いています。 IT コストの内訳 IT業績の象限 PMO のKPI 事業またはITの能力を測定するITのKPI 顧客のIT業績象限を用いると、ITサービス/プ

続きを読みます »

CIO: 従業員の経験を係合する進行係

幸福を感じている労働者は生産的な労働者です。自分の仕事に敬意が表せられ、創造的になる余裕が与えられていると感じる従業員は、一生懸命働き、その会社を職場やベンダーとして推薦する可能性が高くなります。CIOは、労働者としての経験技術を活かしテクノロジーを用いて、それを係合し満足のいくものとする役割を果たすことができますが、TJ Keittはそれを達成する方法についてZDNetのために文書にしたためます。 事業は組織の定期的な維持管理に関わるあらゆる種類のシステムの管理に幅広いガジェットや防犯機器を

続きを読みます »

CIO の成功はわずか3つのもの要約される

CIOの成功は、リスクの排除、サイクルタイムの向上、コストの低減に要約されます。役に立つほどの皮肉を言えるCIOなら、センテンス以上の簡単な一覧表とは(たとえ「リスクの排除」であったとしても、ほとんど不可能だと思われるが)キャリアにおける長い努力であるということを認識することでしょう。それでも、これらの3つは、Archie Hendryx が成功への道として引き合いに出して、なぜ、またどのようにこれらの3つが、このような深遠な影響を与えることができるのかを説明してZDNet上にこれを投稿したほ

続きを読みます »

CIOの厳しい選択:プロアクティブになることか反応的になることか

あなたのキャリアの初期の大部分が維持することに費やされている場合、将来のためにプロアクティブな変更を行うことは難しいかもしれません。これは、問題に古い技術で対処するか、新しい技術を試すべきかを決定する際に、多くのCIOが経験する傾向です。Pearl Zhu は、CIOの中には、変更を実施する力があると感じていない人がいる理由として、説明をいくつか挙げています: CIO には十分な権限が与えられていません。 IT へのビジネスの姿勢:これは、 IT がコストセンターとして扱われているのか、または

続きを読みます »

ITベンチマーキングのための三つ又戦略

ITのベンチマークでは、誤った測定と分析プロセスは無意味か、あるいは誤解を招くような結果に終わることがある。戦略家のジョン・パーキンソン氏は、そのベンチマークによれば、あらゆる業界のトップパフォーマーの一つであった、ITグループでかつて勤務したことがあった。しかし、パーキンソンは、生産性を損なうことなく、約700名のグループの従業員数を250名まで削減するのを援助したことがある。その記事の中でパーキンソン氏は、3段階のプロセスであらゆるIT団体のべンチマークに使用することができる方法を説明している。 大手企業の最高情報責任者(CIO)は、かつて仲間に対して彼のIT組織をベンチマークするようにパーキンソン氏に求めたことがある。これほどの大企業をベンチマークすることにおける最大の課題は、それを比較するためにいくつかの同規模の組織があっても、さらに利用可能な選択肢の中から、その産業にとって有用な比較が生まれる可能性がある方法でも、無関係になることがあるということだ。 パーキンソン氏が考案したのは3本柱の解決策であった。まず、彼は公共のデータを利用し、主に迅速で定性的なベンチマークを行う上で同程度の規模と形態の約20社のグローバル企業を決定した。その目的は、CIOのグループと比較して他の企業が、同種なのかそれとも異種なのかを示すことができる、さまざまな規模の「マップ」の開発にあった。第二に、パーキンソン氏は、そのIT予算の売上高に合わせ、約50製品やサービスの組織を調べた。問題となっていた事業に類似したスケールで操業していながら最良な企業をベンチマークした。その後、パーキンンソン氏は変動が顧客体験にある場所を発見するため、他の部分に対するCIOのIT組織の各内部をベンチマークした。ここにあるのは、パーキンソン氏の言う戦略が非常に効果的であると言える理由である。 ベンチマークが適切に設計された場合、プロセス改善プログラムの効果の監視に、定期的に使用することができる。ベンチマークの対象とされた様々な団体はすべて単一組織のコンテキスト内であったため、独立した企業間の比較を行う外部変数の多くが困難であったか、または高価になってしまったことが要因ではないだろうか。さもなければ、よりたやすくコントロールすることができるだろう。 この戦略は確かにCIOにとって連続して略的計画に組み込まれた貴重な洞察を明らかにした。 元の投稿₍英語₎はこちらからどうぞ: http://ww2.cfo.com/it-value/2014/09/benchmarking-can-lead-astray/

続きを読みます »

ITの生産性を増加する3つのステップ

誰もがビジネスでより生産的になると約束するが、そんな事はどれほど頻繁に起こるだろうか。しかし、ITはこの目標を達成することができる。トレブ・ガッテ (TREB Gatte) 氏は、ITがより多く産んでより良い結果を得るための3つの手順について書いている。すなわち、 正しい行動にのみ報いる。 断るべき時を知る。 非効率なことに耐えてはならない。 やりがいの結果に報いる事と努力に報いる事の間には大きな違いがある。ガッテ氏は、ITチームが取り組んでいたプロジェクトから完全に逸脱してしまい、そのプロジェクトをさらなる努力によって軌道に戻し、それがゆえにチームが報われ時の事を振り返った。問題は、チームが最初にベストプラクティスを無視したがために、逸脱してしまったことだ。その一方で、別のチームは中断することなく傑出した結果を出していたにもかかわらず、報いを受けなかった。それは公正なことだろうか。 そして、善意があっても、ITは常に誰をも幸福にすることはできない。 ITリーダーは、自分のチームのスケジュールが既にいっぱいであるのが分かっている時は、断る必要がある。幹部は、何で可能であり、何が不可能かを知っているリーダーを尊重し、無限な約束をしてもそのどれをも実現できない者は尊重しない。 最後の点について、ガッテ氏曰く、 皆さんの従業員は…仕事を達成すべく遅くまで残っているのだろうか。そんな人は彼らだけじゃない。2014年8月29日に行われたギャラップの世論調査では、給与所得者の半分が50時間以上働いている事が示唆された。この全労働時間のうち、効果的な生産性は週にわずか26時間まで低下した。精神的疲労が蓄積した挙句、ミスや不適切な意思決定が増加し、やり直しが増え、効果的な生産性は低下する。 誰もが定期的に残業をしている場合は、管理不行き届きや非効率的な処理が為されている証拠である。皆さんは自分を消耗せずワークフローを管理するために、より合理的で創造的な方法を考え出す必要がある。しっかりと睡眠を取って体を休ませた労働者は睡眠の足りない労働者よりも生産性が高いものだ。 原文 (英語) はこちらからどうぞ: http://www.cio.com/article/2913015/pmo/how-to-destroy-productivity-in-three-easy-steps.html

続きを読みます »

CIOが信頼感を勝ち得るための言葉遣い

CIOは大きな責任を負っている一方で、同時にこれらの責任を遂行するために必要な責任以上の権限は与えられていません。それでもCIOが成功するための秘訣についてジム・アンダーソン(Jim Anderson)博士は自分のブログの中で説明しています。信頼感は気を利かした言葉遣いによって築き上げることができると述べています。 CIOは、自分の使うIT言葉はCIO自 身の中では強力な強みとなりますが、一方においては仕事の上では混乱を来たす源にもなるということを理解する必要があるのです。また、面と向かって人と話 をすることが非常に重要な側面であることを過小評価すべきではありません。心理学の調査によりますと、人はお互いに直接話をすることの方がコンピューター を介するよりもよく理解できることが分かっています。この一対一の時間をとらえてビジネス上のパートナーのニーズを探り、またさまざまな局面において組織 をよりよいものに向上させるために果たすITの役割等についてのメンタルな面を理解することに努めることが大切です。ビジネスのニーズを満足させようと思えば、またIT最高責任者としての役割に対する信頼感を高めようと思えば、このような形でイニシアチブをとる必要があります。CIOが成功するか否かは完全にCIO自身のコントロールに依存していると言えます。 原文(英語)を読むには:http://theaccidentalsuccessfulcio.com/communication-2/how-cios-can-use-words-to-boost-their-power-and-credibility

続きを読みます »

デロイトからの2015年技術報告書が示す4大動向

デロイトからの第6回年次技術動向報告書は、最高情報責任者(CIO)の技術統合者としての新しい役割からアンビエント・コンピューティングに至るまでの多くの新しい技術的進展を取り上げています。コナー・フォーレスト(Conner Forrest)は、これらの実態をすべてのCIOが理解すべき2015年の4大動向として以下のように要約しています。 最高統合責任者としてのCIO アプリケーションプログラミングインタフェース(API)経済 アンビエント・コンピューティング ソフトウェアで定義•制御化されたすべて CIOは企業におけるITの要であるとデロイトは報告し、CIOの役割はオペレーター、科学技術者、戦略家、促進者という4つの面においてシフトしていると説明しています。更に、CIOはベンチャーキャピタリスト等も含めたIT全体を管理し、最適なポートフォリオ管理戦略に基づいて計算され予測されたリスクを負い、またプロジェクトを選択すべきであると、フォーレストは述べています。 APIが出現してからもう大分経ちますが、ようやく現在に至ってそれは企業にとって極めて重要なものであることが認識されています。APIが単に技術的資産として取り扱われているだけではなく、ビジネス上の最重要事項の一つに取り上げられているのはそのような理由からきています。ある製品にはその製品に対する特別の事業計画が求められるのと同じように、それぞれのAPIに対しても同様に取り扱うことが勧められています。 APIを導入する際には、その作用や能力の範囲を明確にしなければなりません。不適切に書かれたコードや過去に休眠していたセキュリティがAPIを通して表面に沸き上がって来るリスクがありますので、それらが発生した時に生じる問題に対応できるよう準備を整えておかなければならない必要があります。 長い間待ち望まれていてようやく表面化し始めている傾向の一つにモノのインターネット(IoT)革命、本報告書では「アンビエント・コンピューティング」と呼ばれているものがあります。これは、ビジネスの実態を導き出すような様々な、一見するとバラバラな対象物やデバイスをネットワーク化することを意味しています。例として、IoTは分析論においては欠かせないものとなるでしょうが、企業がネットワーク化されたさまざまな「モノ」を利用することによってコスト削減の変化を見ようとする場合は、単なる情報だけではなくそれ以上のものが必要とされるものなのです。 最後に、仮想化の大流行が、ソフトウェアで定義•制御化されたネットワーク化(software-defined networking (SDN))やソフトウェアで定義•制御化されたストレージ(software-defined storage (SDS))となって現れてきています。この「ソフトウェアで定義•制御化されたパス(software-defined path)は軽々しく踏みつけられてしまうものではありません。仮想化はネットワークの複雑性に対応するために作りだされたものですが、その互換性とスケールに対しては注意を払う必要があります。 原文(英語)を読むには:http://www.techrepublic.com/article/four-takeaways-from-deloittes-2015-technology-trends-report/

続きを読みます »