ホーム / CIO

CIO

ITベンチマーキングのための三つ又戦略

ITのベンチマークでは、誤った測定と分析プロセスは無意味か、あるいは誤解を招くような結果に終わることがある。戦略家のジョン・パーキンソン氏は、そのベンチマークによれば、あらゆる業界のトップパフォーマーの一つであった、ITグループでかつて勤務したことがあった。しかし、パーキンソンは、生産性を損なうことなく、約700名のグループの従業員数を250名まで削減するのを援助したことがある。その記事の中でパーキンソン氏は、3段階のプロセスであらゆるIT団体のべンチマークに使用することができる方法を説明している。 大手企業の最高情報責任者(CIO)は、かつて仲間に対して彼のIT組織をベンチマークするようにパーキンソン氏に求めたことがある。これほどの大企業をベンチマークすることにおける最大の課題は、それを比較するためにいくつかの同規模の組織があっても、さらに利用可能な選択肢の中から、その産業にとって有用な比較が生まれる可能性がある方法でも、無関係になることがあるということだ。 パーキンソン氏が考案したのは3本柱の解決策であった。まず、彼は公共のデータを利用し、主に迅速で定性的なベンチマークを行う上で同程度の規模と形態の約20社のグローバル企業を決定した。その目的は、CIOのグループと比較して他の企業が、同種なのかそれとも異種なのかを示すことができる、さまざまな規模の「マップ」の開発にあった。第二に、パーキンソン氏は、そのIT予算の売上高に合わせ、約50製品やサービスの組織を調べた。問題となっていた事業に類似したスケールで操業していながら最良な企業をベンチマークした。その後、パーキンンソン氏は変動が顧客体験にある場所を発見するため、他の部分に対するCIOのIT組織の各内部をベンチマークした。ここにあるのは、パーキンソン氏の言う戦略が非常に効果的であると言える理由である。 ベンチマークが適切に設計された場合、プロセス改善プログラムの効果の監視に、定期的に使用することができる。ベンチマークの対象とされた様々な団体はすべて単一組織のコンテキスト内であったため、独立した企業間の比較を行う外部変数の多くが困難であったか、または高価になってしまったことが要因ではないだろうか。さもなければ、よりたやすくコントロールすることができるだろう。 この戦略は確かにCIOにとって連続して略的計画に組み込まれた貴重な洞察を明らかにした。 元の投稿₍英語₎はこちらからどうぞ: http://ww2.cfo.com/it-value/2014/09/benchmarking-can-lead-astray/

続きを読みます »

ITの生産性を増加する3つのステップ

誰もがビジネスでより生産的になると約束するが、そんな事はどれほど頻繁に起こるだろうか。しかし、ITはこの目標を達成することができる。トレブ・ガッテ (TREB Gatte) 氏は、ITがより多く産んでより良い結果を得るための3つの手順について書いている。すなわち、 正しい行動にのみ報いる。 断るべき時を知る。 非効率なことに耐えてはならない。 やりがいの結果に報いる事と努力に報いる事の間には大きな違いがある。ガッテ氏は、ITチームが取り組んでいたプロジェクトから完全に逸脱してしまい、そのプロジェクトをさらなる努力によって軌道に戻し、それがゆえにチームが報われ時の事を振り返った。問題は、チームが最初にベストプラクティスを無視したがために、逸脱してしまったことだ。その一方で、別のチームは中断することなく傑出した結果を出していたにもかかわらず、報いを受けなかった。それは公正なことだろうか。 そして、善意があっても、ITは常に誰をも幸福にすることはできない。 ITリーダーは、自分のチームのスケジュールが既にいっぱいであるのが分かっている時は、断る必要がある。幹部は、何で可能であり、何が不可能かを知っているリーダーを尊重し、無限な約束をしてもそのどれをも実現できない者は尊重しない。 最後の点について、ガッテ氏曰く、 皆さんの従業員は…仕事を達成すべく遅くまで残っているのだろうか。そんな人は彼らだけじゃない。2014年8月29日に行われたギャラップの世論調査では、給与所得者の半分が50時間以上働いている事が示唆された。この全労働時間のうち、効果的な生産性は週にわずか26時間まで低下した。精神的疲労が蓄積した挙句、ミスや不適切な意思決定が増加し、やり直しが増え、効果的な生産性は低下する。 誰もが定期的に残業をしている場合は、管理不行き届きや非効率的な処理が為されている証拠である。皆さんは自分を消耗せずワークフローを管理するために、より合理的で創造的な方法を考え出す必要がある。しっかりと睡眠を取って体を休ませた労働者は睡眠の足りない労働者よりも生産性が高いものだ。 原文 (英語) はこちらからどうぞ: http://www.cio.com/article/2913015/pmo/how-to-destroy-productivity-in-three-easy-steps.html

続きを読みます »

CIOが信頼感を勝ち得るための言葉遣い

CIOは大きな責任を負っている一方で、同時にこれらの責任を遂行するために必要な責任以上の権限は与えられていません。それでもCIOが成功するための秘訣についてジム・アンダーソン(Jim Anderson)博士は自分のブログの中で説明しています。信頼感は気を利かした言葉遣いによって築き上げることができると述べています。 CIOは、自分の使うIT言葉はCIO自 身の中では強力な強みとなりますが、一方においては仕事の上では混乱を来たす源にもなるということを理解する必要があるのです。また、面と向かって人と話 をすることが非常に重要な側面であることを過小評価すべきではありません。心理学の調査によりますと、人はお互いに直接話をすることの方がコンピューター を介するよりもよく理解できることが分かっています。この一対一の時間をとらえてビジネス上のパートナーのニーズを探り、またさまざまな局面において組織 をよりよいものに向上させるために果たすITの役割等についてのメンタルな面を理解することに努めることが大切です。ビジネスのニーズを満足させようと思えば、またIT最高責任者としての役割に対する信頼感を高めようと思えば、このような形でイニシアチブをとる必要があります。CIOが成功するか否かは完全にCIO自身のコントロールに依存していると言えます。 原文(英語)を読むには:http://theaccidentalsuccessfulcio.com/communication-2/how-cios-can-use-words-to-boost-their-power-and-credibility

続きを読みます »

デロイトからの2015年技術報告書が示す4大動向

デロイトからの第6回年次技術動向報告書は、最高情報責任者(CIO)の技術統合者としての新しい役割からアンビエント・コンピューティングに至るまでの多くの新しい技術的進展を取り上げています。コナー・フォーレスト(Conner Forrest)は、これらの実態をすべてのCIOが理解すべき2015年の4大動向として以下のように要約しています。 最高統合責任者としてのCIO アプリケーションプログラミングインタフェース(API)経済 アンビエント・コンピューティング ソフトウェアで定義•制御化されたすべて CIOは企業におけるITの要であるとデロイトは報告し、CIOの役割はオペレーター、科学技術者、戦略家、促進者という4つの面においてシフトしていると説明しています。更に、CIOはベンチャーキャピタリスト等も含めたIT全体を管理し、最適なポートフォリオ管理戦略に基づいて計算され予測されたリスクを負い、またプロジェクトを選択すべきであると、フォーレストは述べています。 APIが出現してからもう大分経ちますが、ようやく現在に至ってそれは企業にとって極めて重要なものであることが認識されています。APIが単に技術的資産として取り扱われているだけではなく、ビジネス上の最重要事項の一つに取り上げられているのはそのような理由からきています。ある製品にはその製品に対する特別の事業計画が求められるのと同じように、それぞれのAPIに対しても同様に取り扱うことが勧められています。 APIを導入する際には、その作用や能力の範囲を明確にしなければなりません。不適切に書かれたコードや過去に休眠していたセキュリティがAPIを通して表面に沸き上がって来るリスクがありますので、それらが発生した時に生じる問題に対応できるよう準備を整えておかなければならない必要があります。 長い間待ち望まれていてようやく表面化し始めている傾向の一つにモノのインターネット(IoT)革命、本報告書では「アンビエント・コンピューティング」と呼ばれているものがあります。これは、ビジネスの実態を導き出すような様々な、一見するとバラバラな対象物やデバイスをネットワーク化することを意味しています。例として、IoTは分析論においては欠かせないものとなるでしょうが、企業がネットワーク化されたさまざまな「モノ」を利用することによってコスト削減の変化を見ようとする場合は、単なる情報だけではなくそれ以上のものが必要とされるものなのです。 最後に、仮想化の大流行が、ソフトウェアで定義•制御化されたネットワーク化(software-defined networking (SDN))やソフトウェアで定義•制御化されたストレージ(software-defined storage (SDS))となって現れてきています。この「ソフトウェアで定義•制御化されたパス(software-defined path)は軽々しく踏みつけられてしまうものではありません。仮想化はネットワークの複雑性に対応するために作りだされたものですが、その互換性とスケールに対しては注意を払う必要があります。 原文(英語)を読むには:http://www.techrepublic.com/article/four-takeaways-from-deloittes-2015-technology-trends-report/

続きを読みます »

ITプロジェクトを承諾させる5つの方法

「誠実性」は、通常、人物を評する際に使われる言葉に挙げられますが、誠実性はITプロジェクトが承認されるための大変重要な要素でもあるのです。マーク・サミュエルズ(Mark Samuels)は寄稿の中で、プロジェクトが承認されるためには、その前提としてビジネスとしての確たる判断基準を満たす必要があると述べています。氏は5人の専門家にインタビューして、ITのプロジェクトとしての誠実性について5つのユニークな観点を明らかにしています。 デービッド・アリソン: プロジェクト展開のスピードが鍵。 サラー・レスリー: 価値が欠如したプロジェクトはやめにする。 デービッド・リード: 「プラスの要素」。 ジョナサン・ピルブロー: 創造的なアイデアのスポンサーとなる管理者を味方につける。 オミッド・シラージ: 関係を構築する。 遅々として進まないプロジェクトは投資も高くつきリスクも高くなりますので、プロジェクト要望書が社長決済まで到達するにはプロジェクトがスピーディに進展することを約束するものでなければなりません。投資対効果がしっかりしていないプロジェクトは細部にわたる審査の対象となりますので、簡潔明瞭で実践的なものである必要があります。 プロジェクト要望書を審査する際に、経営者が求めるものはビジネスとしての価値です。例として、サラー・レスリーのIT部門にはITプロジェクトというものはなく、ITが関与するビジネスプロジェクトのみしかありません。はっきり言えば、経営者が価値を求める際には、測定可能な価値を求めていると言うことなのです。プラスの要素というのは、具体的に金額として表すことのできるプロジェクトが会社にもたらすインパクトなのです。 更に言えば、たとえプラスの要素を多く含んだプロジェクトであったとしても、それが担当管理者に正しく理解されていなければ聞き流されてしまう結果にもなります。自動車販売店ネットワークのトラストフォード(TrustFord)の経理責任者であるジョン・ピルブローは、プロジェクトに対する関心度を高めるために独創的でセールスマンタイプのアプローチを取るよう勧めています。 ある意味では、会社の経営陣との関係構築がITの成功の尺度でもあるのです。明確なコミュニケーションは、経営管理者をプロジェクトのスポンサーとして味方につけるために不可欠であるばかりでなく、それはまた戦略的レベルでビジネスのニーズを説明する上でも必要なことなのです。 原文(英語)を読むには: http://www.zdnet.com/article/five-ways-to-help-get-your-it-project-signed-off/

続きを読みます »

職場のいじめは高価な流行病である

フォーブスは、驚いたことに96パーセントの従業員が過去に職場で何らかの形態のいじめを経験したことがあると報告している。シャロン・フィレンツェ氏はCIO.comの記事で高価につくその裏の意味について書いている。 96パーセントもの高い数値は、その現象には様々な程度があることを示唆しており、その物の見方は、我々がそれをどう定義するかが大きな役割を果たしている。職場のいじめ研究所(WBI)では、それを以下のように特徴付けている。 …虐待の繰り返し、脅威的、屈辱的、または威圧的な虐待的行為、作業妨害行為や暴言の繰り返し。 いじめる側と被害者の間の効果的誘因は、多くの場合、権力か黙らせることの一つである。いじめる人がある人の上司(いじめの56%に相当)である場合、この圧力はさらに大きくなる。上司に対し立ち向かうには勇気が要る。職を失ったり、さらに悪いことには、虐待している上司が報告されても普通の仕事関係が回復されず何ら措置が取られなかった場合、いじめがエスカレートする可能性が常にある。 さらに悪いのは、WBIの最大のいじめのいくつかはまた、職場の何人かの最高の実績者であることが判明しているということだ。これはそれほどの驚きではない。いじめの多くの否定的な特性である、無慈悲、狡猾さ、勝者がすべてを得る– 的な態度は、ビジネスのための使用に配置されると肯定的な競争力の姿勢に見られる特徴である。これらの「有益な」形質は、敵意、低い生産性、それに高い従業員の離職の環境を作ってしまうので、長期的に組織を傷つけることになるだろう。 職場でのいじめを処理するための主要な指標は、オフィスとの関係を中心に説明責任の構造の維持で構成されている。虐待は上部から来る傾向があるため、いじめを回避するために倫理委員会または類似の組織体に権限を与えて利用可能にすることは不可欠だ。やつれた従業員のためにどのような職場のメカニズムも利用できなければ、常に外部の法的手段を求めることができる。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.cio.com/article/2844932/careers-staffing/workplace-bullying-a-costly-epidemic-in-the-enterprise.html

続きを読みます »

ITリーダーのための仕事の寿命に対する満足度の鍵

最高情報責任者(CIO)ピーター · ウェイス氏は会議で何百名もの仲間のCIOの前で告白すべきことがあった。それは、ビジネスとの関係でCIOに関して言われているあらゆることに反する。要するに、CIOは「技術革新を推進して株主価値を提供する中では意味は見い出せないのだ。」ジニー・スカルスキ–氏は、このユニークな視点の記事を詳細に書いている。 ワイス氏は、CIOとしての自分の役割に意味を見い出すことにさらに加えて、その役割の肝心な責務を回避することを意味しているのではない。事実、職場での新しい目的の感覚を見出すことは、CIOであることと、人生の一部として雇用を享受することの意義を再考することになる。ワイス氏にとって、これは大きな課題を受けて、それらを克服することを通して達成される。彼は困難な仕事を受けて、成功をおさめることによって繁栄しているのだ。これは、仕事のモチベーションは通常、株主の価値、ビジネス目標、それに技術の改善のような関連概念に拠ると想定されているため、CIOの位置を表わすには、非常に斬新な方法である。 「ワイス氏の」仕事の意義深い活動のどれもが、技術者のための技術を伴わない…それどころか、それらは彼の仕事のやり方に由来しているのだ…CIOにとって、この微妙で感傷的なものがこれほどまでに非常に重要なのであろうか。それは、生活満足度、組織の実績、そして持続可能な情熱…が駆動されているからだ。 意義深い雇用を通じて、忍耐深い忠誠を鼓舞する最も広範な営業利益率を持つ企業こそ、確信を刺激するのだ、とワイス氏は言う。これは、CIOによっては異なるかもしれないが、一人一人が長く実りあるキャリアを駆動する意味での火花を見い出す可能性を秘めている。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: https://enterprisersproject.com/article/2014/8/key-to-lifetime-of-job-satisfaction-for-cios

続きを読みます »

IT簡易化で節約大かつ事業成功率アップ

ITの職場は古いアプリとネットワークが最先端の移動テクノロジーと出会う文化の衝突が起きようとしています。こんなテクノロジーの併合で手に負えないIT環境が出て来るとダン・ミュース氏は語る。複雑さはITビジネスの一部であるとはいえ、複雑になる必要は必ずしもありません。 IDCの研究によると、複雑さを減らすことで節約することができ、さらに順調にビジネスの成果が生まれる。それだけでなく、簡易化したIT環境の中で、市場への短納期につながり、接客サービスの改善、よりフレキシブルなスタッフ再配置等をもたらすことになります。 それにITの複雑さには企業のM&A買収、レガシーシステムの現存又は利用の続き等さまざまな原因があります。だがIDCの研究が示すように、複雑さはかなりニュアンスが多く、微妙な現象です。まず第一に、ビジネスの要求に応じてはある程度複雑さが増すので複雑さを必ずしも減らすことができません。それにITの複雑さはエンドユーザーの要求で発生することが多く、スマートフォン、タブレット等のような人気商品で出来たフロントエンドの簡略化が例であります。 以てして、会社は何をして、複雑さを減らしていますか。ミュース氏はCIOが会社を合理化させるようにIDCの薦めるアプローチが掲載されたリストを提供します。 アプリケーション、システム、データセンター等を統合し合理化させる事。 アプリケーションの現代化。 管理システムを単一の環境に統合される事。 第三者とクラウドコンピューティングプロバイダーに業務委託する事。 自動ツール及び統合ツールをもっと多く導入する事。 尚、IDCは会社での複雑ぶりを減らすために役立つ4つの不可欠なものに関わる簡素化ロードマップ(Simplification Road Map)を作成しました。 下記のサイトで原文(英語)をお読みください。 http://www.cio.com/article/2451671/it-strategy/simplifying-it-pays-off-with-big-savings-better-business-success.html

続きを読みます »

ディジタルルネサンスマンの五つの特徴

ルネサンスマン又はルネサンス的教養人という用語は普段、レオナルド·ダ·ヴィンチまたはガリレオ・ ガ リレイのような天才にとって使われる言葉です。だが、チャールス・アラヨー著者は現代にいる私達は私達の中のダ・ヴィンチを尊重すべきだと考えます。著者曰く。 何世紀前のルネサンスマンに高い敬意を示す。。。とりわけ刻々と変化する今日の世界の中で広範囲に渡る知識経験を蓄積し、有意義な方法で応用できることは決して容易な事ではない。しかし理想に少しでも近づこうとする時代にさしかかっていると私は信じる。私達は皆、ルネサンス指導者になるべきだ。 ITプロフェッショナルがビジネス感覚を発展させようとする時に、慣れている技術が得意である技術者の役を変えるのが難しいことがあります。という理由でアラヨー氏はこれからのディジタル指導者に対して、同じ一つの要件に時間を掛けすぎないように注意しています。過去に深い特化が評価されたが、現代はその反対になっています。IT職業においても事業者においても、リーダーは科学、芸術、人間性、テクノロジーにそれぞれ対等に対応できる必要性がある。アラヨー氏は指導スタイルで五つのキーを挙げます。 サービス 学習に対する熱意 好奇心 つながり 感情的な意識 刻々と変わる今日の世界の中でテクノロジーを率いる者は巨匠を手引きにしなければなりません。広範囲にわたる多種多様な経験を経た、現代のITプロフェッショナルはそこから生まれた創造性で幾度でも難局やシナリオ等を乗り越えることができます。 下記のサイトで原文(英語)をお読みください。 http://www.cioinsight.com/it-management/expert-voices/the-five-traits-of-the-digital-renaissance-man.html/

続きを読みます »

IBMのC-スイートの報告書からCIOのための上位5つの教訓

IBMの「インナーサークルの探求」報告書は、世界中の4100名以上のCスイート幹部との実際の会話から引き出された情報を包含しています。その洞察には驚くべきものがあり、フォーブス誌のピーター・ハイ氏の記事には、最高情報責任者(CIO)が切り取れる上位5つの教訓がある、と報告しています。 CIOは、CEO (最高経営責任者) 以外でC-スイートの三大戦略的メンバーとして見なされている。 CIOは、Cスイートの最も専門的なメンバーであると考えられている。 「CEO-CIO-CMO」の3人組は、可能な管理トリオの中で他を抑えて実行を発揮する可能性が最も高いと考えられている。 コラボレーションは、Cスイートの中で成功には最も重要な属性であり、CIOが指導するのによく配置されている領域である。 テクノロジーの普及と戦略的重要性の増加で、CIOには将来的に大いに価値を貢献する機会を提供する。 第三番目に最も戦略的なことは悪いことではありません。CFO及びCMOのランクはその順では、さらに上です。それは、CIOにはまだ影響力の面で成長の余地があることを意味しますが、それはまた、彼らが既に長い道のりを歩んでいることをも示しています。またCIOが「最も専門的」であるということは良いことですが、それはCIOがビジネス面では十分に同じ立場で物事を身近に考えていないということを意味します。 それにもかかわらず、CIOはCFOよりもCEOやCMOとの有利なトリオとして見なされているのは、最高のCIOは彼らのテクノロジーの知識とエンドーツーエンドのビジネスビジョンを用いて、共同作業するためにより優れた戦略を工夫することができるからです。このようにして、その報告書によるとそんなレベルに到達しているCIOはさほど多くないとはいうものの、CIOは共同作業のためにふさわしい指導者でなければなりません。 最後の教訓では、ハイ氏は次のように語っています。 C-スイートは、ITが提供できる価値をますます認識しており、彼らは過去には存在しなかったような方法で、テクノロジーを活用することに興味を示しています。CIOは、これらおよび他の動向が企業に提供する価値提案の定義を支援するために、機動性、ソーシャル、分析などインターネットに関するものを会話の中心に据えるように尽力する必要があります。 元の全投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.forbes.com/sites/peterhigh/2014/06/24/ibm-top-five-lessons-for-cios-from-c-suite-report/

続きを読みます »