ホーム / レガシーサポート

レガシーサポート

ITSM値が不完全である理由

値の設定方法 ITサービスのビジネス価値は、よく効果と併せた効率として決定されます。しかし、ITILは、ユーティリティに加えた保証としてそれを捉えています。誰が正しいのでしょうか。ダン·ケイン(Dan Kane)氏は、どちらも顧客体験を除外しているので、絶対に正しいことはないと述べています。顧客の経験は、顧客がプロジェクトの成果に満足することを保証する顧客サービスとは異なります。顧客の経験は、最終的な結果も良くなるようにプロセスを作成することに関与しています。 顧客が知る必要がない時

続きを読みます »

上位10 のITIL 実装ミス

ITILの前提 ITILに会社を切り替えることは容易ではありません。多くの人がITILを期待していたとしても、問題は多くの場合組織にあります。カレン・ガグリエルモ(Karen Guglielmo)氏は、ITILがうまくいかないことがある10の理由を教えてくれます。多くの企業は、それが混乱状態になると期待してプロセスに突入します。完璧に変わるまでは時間がかかりますが、混乱は不要です。 問題点とその解決策 1. ビジョンがない :計画と集中する対象が必要です。さもなければ、購入することも、またサポ

続きを読みます »

左脳型と右脳型ITSM

あなたが左脳型ですか、それとも右脳型ですか。あなたがその質問に答える方法は、あなたの人格に影響を与えるわけではありませんが、あなたがどのように機能しているかがわかれば楽しいでしょう。P.ロスS.ワイズ教授は、ITに携わる多くの人々は左脳型であることを示していると説明しています。これは、彼らが理論的かつ合理的で事実を十分暗記して試験を受けられることを意味します。 しかし、それはIT界では右脳型の人のための居場所がないという意味ではありません。右脳型の人は、ITSMの重要な機能である総合的に考える

続きを読みます »

ITILの役割を結合する方法

あなたが小さな会社を運営している場合は、ただITILは新しいジョブを多く生成してしまうので、実装は難しいかもしれません。しかし、多くの企業が気付いていないのは、どれほどあるITILの役割が自然に適合され、より効率的な会社に組み合わせることが可能であるかということです。ネヴェン ジーテクは以下のように説明しています。 例えば、ビジネス·リレーションシップの·管理者とサービスレベルの管理者がいます。ビジネスリ関係レーションシップの管理者は、顧客のニーズを満たすために役立つ責任が

続きを読みます »

CSI、サービス管理に粋な趣味を戻す

継続的サービス改善( CSI )は、組織にとっては肉の部分であり、それなしでは御社が持っているすべてのものは、かすかにステーキの香りがするだけで、噛んで味わうことができるものはない物になってしまいます。少なくとも、そのようにフランソワ・ビカルド(Francois Biccard) 氏は見ています。御社の組織がより成長すればするだけ、より多くのCSIが必要になるのです。 組織の多くは、既にCSIを実施中であると主張しています。しかし、彼らは、実施しているフレームワークや書類にきっちりと利用してい

続きを読みます »

変更、構成、公開を評価する

ITSMの変更、説明、公開には、説明責任、実装、評価、承認、認証、監査および報告の五つの手順があります。レベッカ·ビーチ(Rebecca Beach)氏は、これら五つの手順とそのすべてを完了する必要がある理由の違いを説明しています。 変更管理、構成管理、リリース管理は、三つの異なるプロセスとして見なされています。しかし、それらは実際には密接に絡み合っており、それぞれがITSMの重要な部分でもあります。識別は変更、構成、公開のプロセスの最初の部分であり、この手順の一つの目的は、各システ

続きを読みます »

就職2年目の従業員にできること。 ITSMには答えがあります。

未来へようこそ。周りを見渡すと、新世紀世代に支配されているのがわかりますが、彼らの動きは敏速で飛び跳ねる感じがします。実際に調査によると、その新世紀世代に2年以上就労してもらうのは困難であるということが示唆されており、急いで新しい従業員を補充する必要があります。 グレッグ・サンカー(Greg・Sanker)氏は、これを ITSMを通じて行うようにと提案しています。彼は、ほとんどの企業が仕事を変える世代を雇用して生き残る唯一の方法は、そのような新入社員にとって既知の仕事に移れる一般的なプロセスを

続きを読みます »

知識管理の無限の用途

知識管理とは、使用する道具に関することではなく、その使用法に関することを扱ったものです。バークレイ・レイ(Barclay Rae)氏は、知識管理が人気のあるITSMのトピックであるという理由だけで、それを最終目標とすることはできないことを知っていただけるように願っています。知識管理とはその成果は使用者次第によるプロセスです。目標はITサポートスタッフのより迅速な訓練ですか。おそらくサービスデスクや他のサポートシステムの運用コストの削減ですか。知識管理に関する理由が何であれ、それらを満たそうとす

続きを読みます »

ビジネスと IT間の均衡を見い出す

整列。バランス。新たな理解。いいえ、これはヨガクラスのマントラではありません。それはITの世界のことです。「IT...あなたはそれを取得していないだけ···」のITILandme.comからのブログ記事は、企業のビジネスとITのセグメントが整列して並び、お互いの相互理解にたどりつく必要性に焦点を当てています。組織のビジネス側も、IT側と等しく重要であり、ITがこのことに素早く気がつけばつくだけ、企業はより良いものとなります。 つまり、IT部門も軽視してはならない、

続きを読みます »

サービスレベル契約を通じて顧客の満足度を充実させる

あなたとお客様の双方の満足度は同基準で測定しているのでなければ、お客様に幸福感を味わっていただくことは不可能です。このためには、いくつかのサービスレベル契約(SLA )をすぐ設定する必要があります。マルク・タノウィッツ(Marc Tanowitz) 氏は、これらのヒントを心に留めておくようにと示唆しています。 1 SLAは購入者に焦点を当てています。それは、お客様の希望するビジネス成果を満たすものです。 2 .詳細は重要です。同じシステムの異なる側面を二つの SLAで測定するべきではありません

続きを読みます »