ホーム / リスク管理

リスク管理

この問題を無視するとあなたの会社は台無しになるかもしれません

2つの大きな質問 指導者が自問する2つの大きな問題-または少なくとも自問すべき問題とは、「我が社員はどのように私の戦略を実行しているだろうか。」と「新しいリソースはこの戦略に搭載されているのだろうか。」です。アンドレ・ラーボイ(Andre Lavoie)氏がこの記事で説明しているように、これらの質問に回答しないことは、善かれ悪かれ、御社は台無しにする可能性を秘めています。ラーボイ氏は以下のように述べています。 我が社とデールカーネギー社で実施の「今日のリーダーの成長する方法」と題した最近の研究

続きを読みます »

ITリスクへの高まる関心の背後にある4つの理由

リスクとは次の討論の議題 誰もがITのあらゆるリスクについて噂しているようであれば、それにはそれなりの理由があります。実際、Gartner.comのジョン·ホイーラー氏によれば、それには4つあります。最初は、理解の欠如です。理事会員と最高情報セキュリティ担当者との間の相互作用は、長年の懸案であり、それが実現されれば、ITリスクは、理事会が理解し作用することができるビジネス的状況としては提示されることはありません。ビジネスとIT間で効果的に意思疎通が可能になるためには、より多くの管理デ

続きを読みます »

ITプロジェクトの失敗の早期警告サイン: 支配的ダース

あなたのITプロジェクトは技術的な問題が原因で失敗していないのです。確かに、それは表面的にはそのように思えるかもしれませんが、綿密に追跡すると、ほとんどすべてのプロジェクトの失敗は、人かプロセスにおける欠点にまで遡ることができます。レオンA. カプルマン (Leon A. Kappelman) 氏とロバート・マッキーマン (Robert McKeeman) 氏、それにリクサン・張 (Lixuan Zhang) 氏は、人とプロセスによって私たちが失敗する上位12の方法を研究しました。プロジェクト

続きを読みます »

ポストデジタル時代におけるリスクの再考

リスクアセスメントは、我々の新しいデジタル世界における、特に厄介な部分となっています。モバイル、クラウド、および社会事業が合致する方法では、潜在的妥協を完全に期待することはほとんど不可能です。デロイト氏は、CIOが望みを捨てるのではなく、適切な質問をするようにと助言しています。従業員が会社のデータにアクセスするためにモバイルデバイスを使用している場合、個人的なメールのチェックや、ネットのサーフィン、ソーシャルネットワーキングへのアクセスにも同じデバイスを使用しているのでしょうか。従業員が作業し

続きを読みます »

リスク管理の肯定的な側を検索する方法

リスク管理は、プロジェクト管理者にとって厄介な仕事です。そのような責任がひとりの人に任されたのでは、悲劇に見舞われることをどのように避けられるでしょうか。大衆向けのPMには、 Project Management Body of Knowledge ( プロジェクト管理知識体系) 別名PMBOKのリスクアセスメントに関する章の、経験豊富なプロジェクト管理者であり、著者でもあるカール·プリチャード(Carl Pritchard)氏のポッドキャストがあります。プリチャード氏は、リスクアセ

続きを読みます »

リスク管理を凌ぐ方法

リスク管理のナビゲーションは、組織の重要な部分ですが、正しいロードマップがなければ、パスは扱いづらいものとなります。 CFOに報告するときは、快く「すべて万全です! 」というアプローチを避けるように、とマイク·ロイド博士(Dr. Mike Lloyd) は示唆しています。リスク管理の重要性を過小評価したり、急速に古くなって効力を失う傾向にある先行きの悲観的な処世観は避けます。その代わりに、別の問題を管理している方法を提示します。管理は、CFOも重要なものと解し、認識することでしょう。

続きを読みます »

シャドウITの防止がロケット科学ではない理由

あなたがロケット科学者でなくても、シャドウITが問題であるということはお分かりいただけると思います。それは潜在的セキュリティリスクを発生させるだけでなく、組織がクラウド·コンピューティング·システムを十分に活用することを妨げます。この問題があるのは御社だけだとお考えの場合は、ご心配には及びません。ベス・パリソ (Beth Pariseau) 氏は、米航空宇宙局(NASA)もシャドウITに苦労していると報告しています。7月の監査報告書によると、知名度の高い政府機関のシステムで

続きを読みます »

問題のプロジェクトは初期のうちに修正しましょう

問題があるプロジェクトは、どれほどあなたが準備が整っていると思ったとしても、起こるものです。その秘訣は、問題のあるプロジェクトが制御不可能になるほど飛び出てしまう前に、特定のプロセス、人、システムを問題のあるプロジェクトに対処するために、特定できる場所に置くことです。プロジェクト管理の専門家であるバナディーン・ダグラス(Bernadine Douglas)氏は、問題のあるプロジェクトの兆候に基づいて行動が取れる、いくつかの対策を説明しています。 たとえば、主要な問題のために経営陣のサポートを確

続きを読みます »

プロジェクトリスクを管理する11のトップのヒント

リスク計画の欠如から生じる問題を修正する時間がある場合は、リスクのために計画して問題を回避する完全な方法があることになります!このような観点から、PM Hutからの記事は提示されています。つまり、プロジェクトリスクに効果的に対処する必要があり、そうするためには、以下のヒントに従うべきです。 早期にリスクを特定する リスクを評価する 伝える 計画を立てる リスクを受け入れる (妥当な場合) できるならリスクを回避する 緩和を通して最小化する リスクの責任を共有する ステータスの偏光のために継続的

続きを読みます »

ビジネスに自分の目を注ぎ続ける

米国務訂正省ともなれば、システムはできるだけ近代化されているだろうと期待することでしょう。残念ながら、このようなことはほとんどありません。マーク·ピーターソン氏の記事によると、部門内のシステムは、平均20年であったと最近の調査で示していたといいます。これは怠惰や知識の欠如とは何の関係もありません。ピーターソン氏は、ビジネス要件のない定義が存在しないため、そのような問題が発生した、と主張しています。 残念ながら、近代化計画フェーズ中にビジネスと技術的な要件定義の欠如を見続けています。顧

続きを読みます »