ホーム / プロジェクト管理

プロジェクト管理

スケジュール計画を強く制約が無いように保つ

プロジェクトのスケジュール計画は、プロジェクトリーダー、チームメンバー、および利害関係者を投影する最も可視的な可能性のある計画です。これは、プロジェクト管理者の制御を要する最も重要なプロジェクト管理の資産の一つとして、プロジェクト管理の専門家 (PMP)でありブログの記事投稿者であるマリアン・ハウス(Marian Haus)氏が見なしている理由の一部です。 ハウス氏は、プロジェクトのスポンサーは物事が時間通りに進行しているかを知るのにスケジュールを見たい方法である、と説明しています。プロジェク

続きを読みます »

より上手く意志を交わすための3つの方法

プロジェクト管理者が扱うのは技術問題だけではない ブログ著者としてPMPのデイブ・ウェーカーメン(Dave Wakemen) 氏は、プロジェクト管理者としてついつい技術的な要素 だけ に巻き込まれてしまいがちになると説明しています。しかし、プロジェクト管理者であることの一部には人の管理者でもあることも含まれていて、効果的な意思疎通ができる者であることが、チームから最多のことを達成する唯一の要素であると言っても過言ではありません。意思疎通はプロジェクト管理者のキットの肝心なツールであるので、その

続きを読みます »

利害関係者のガバナンスではどの利害関係者も落ちこぼれない

利害関係者の行方を失ってはならない いくつかのものを同時に扱う利害関係者は、注目を集めようと懸命になっている幼児でいっぱいの部屋にいる片親のような気持ちにしてしまいます。その幼児のうちの一人でも忘れた途端に惨事が起こります。このようなことが怒らないために、アンドリュー・メーカー(Andrew Makar)氏は、ガバナンス図のピラミッドを作成することを提案しています。これで全員を追跡するだけでなく、これらの利害者が組織内でどのように相互作用している全体像を捉えるのに役立ちます。 ラベルではなく、

続きを読みます »

新任管理者の必要とすること、把握すべき(であるが、失敗しうる)事

あなたは新しい管理者になりました...これで何が? これで自分が新しく管理者になったことがわかりました。そこで、次に起こるのは何でしょう。当然のことながら、自分のチームの仲間の内から新たに管理者になる最も難しい部分の一つは、それが他の人との関係についての考えをどのように変えるかを決定することにあります。アラン·マシューズ (Alan Matthews) 氏のこの投稿は、新しい管理者(または、ご自分を指していると思わない場合は、新たな管理職にたまたまなった人)となったばかりの人々を対象

続きを読みます »

スクラム:懐疑的かつ専門的

スクラムの採用について疑っているなら、もう一度見直すべき時かもしれません。DeepFriedBrainProject.comのハーワインダー氏が実践したのは、まさにそれでした。このブロガーは元々懐疑的であったのですが、スクラムをもう一度見直すことにして、スクラムへの賛否両論について自分のバージョンを作成しました。 書類だけでは十分ではない場合 スクラムについて凄いことは、それが書類での作業を強調していることです。この戦術に反対している人の多くは、書類化をプロジェクトのプロセスの重要な部分と考え

続きを読みます »

スピードと実績のバランスを改善するための3つのアイデア

コミュニケーション層の障害を除く 経営トップは、より新しくより速ければ、より優れて強いと思いがちのようです。今日のように急速に変化するテクノロジー界にあっては、誰が彼らを責めることができるでしょうか。しかし、仕事の矛先を行い、日々のタスク達成の現実を維持するのは、従業員です。アート・ペティ(Art Petty)氏は、このような感覚のズレは、コミュニケーションで滑らかにすることができる、と語っています。管理者の多くは、企業のより大きな戦略に対して洞察力がありませんし、上級管理者も下位レベルの従業

続きを読みます »

オン・ザ・ムーヴ(進行する)プロジェクト管理作業を行うための最上のヒント

正しいフレームワークが違いを生む 正しい種類のフレームワークがなければ、どれほど個人に才能があっても、チームは単に世界に広がっているだけで、結果的には優れたプロジェクトは生まれません。ミシェル·シモンズ (Michelle Symonds) 氏は、適切なツールや戦術やプロセスの活用をサポートするフレームワークが、従業員全員の置かれている場所に関係泣く、正しい作業を行うことに貢献するかを説明しています。 シモンズ氏は、以下を含むこのようなフレームワークを構築することを人は考慮する必要が

続きを読みます »

なぜ私たちはとにかく見積もるのでしょうか。

ITの専門家にとってプロジェクトが失敗することは、政府のヘルスケアのウェブサイトの失敗と同様に最悪の悪夢であり、叫びながら目を覚ますように、適切な推定ならば、同様の大問題から自分を救ってくれるだろう、と信じるように誘惑してきます。ヨハンナ・ロスマン(Johanna Rothman) 氏はこれがそのようなケースだとは考えていません。氏は働くこともできたであろう推定に費やされた貴重な時間のことを考えているのです。推定は、とかく成功を保証するものではありません。 あなたが推定のプロセスについて、同様

続きを読みます »

プロジェクト管理の6つの危険

あなたの顧客に1日に10回も連絡を取っていて、昼食も取らず、チームメートに質問する時間すらないのなら、深刻な問題を抱えていることになります。ナタリー・シムクザック(Natalie Semczuk)氏は、プロジェクト管理の6つの危険を概説し、あなたが新米であれ、経験を重ねたプロジェクト管理者であれ、これらの習慣に簡単に陥ってしまうのがわかるでしょう。しかし、それらからは簡単に抜け出すことはできません。 顧客とのコミュニケーションが多過ぎるか少な過ぎる。 必要なときに助けを求めていない。 予想外の

続きを読みます »

静かな関係者に話させよう!

沈黙の中には多分にして危険が潜んでいます。キロン・ボンデール(Kiron Bondale) 氏は、プロジェクトの中の静かな関係者を無視しないようにと警告しています。そういう黙っている人は、注目を集めたがって騒いでいる人でいっぱいの部屋の中では祝福のように見えるかもしれませんが、見落としになっている者にご注意ください。私たちは皆、隣人が最近逮捕された連続殺人犯だったと主張されたニュース記事を見ているはずです。「本当にいい人だったのに…」ここには沈黙が危険な理由を書いてあります。 第一に、あなたは

続きを読みます »