ホーム / プロジェクト管理 / SMO の定義: PMOのようで、そうではない理由

SMO の定義: PMOのようで、そうではない理由

プロジェクト管理オフィス(PMO)からサービス管理オフィス(SMO)に、ITの世界を定義づけるのは、定義し難い奇妙な用語でいっぱいです。 ITILブルースに記載されたブログ記事では、SMOとは何かを説明しようと試みています。 SMOが何であるかを説明する6のものから始めることにしましょう。

  1. 組織の専用部分
  2. サービス管理に関する専門知識の出所
  3. 顧問
  4. 組織を確実に啓蒙し更新している知識の所有者
  5. 尺度について定義、収集、測定する測定者
  6. 最高管理者、CIO、プロセスやサービスの所有者を含むステークホルダーの管理者

しかし、SMOはPMOではありません。両者はよく協力して作業しますが、同じものではありません。 SMOは、PMOとの共有サービスやPMOの延長であるかもしれませんが、それは、具体的にプロジェクトのためのものではありません。その定義は未だ不明瞭かもしれませんが、両者を別々の関連エンティティとして考えるのを忘れないでください。両者は手に手を取ることもありますが、SMOは独自で立つことができるのです。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI’s Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

オン・ザ・ムーヴ(進行する)プロジェクト管理作業を行うための最上のヒント

正しいフレームワークが違いを生む 正しい種類のフレームワークがなければ、どれほど個人に才能があっても、チームは単に世界に広がっているだけで、結果的には優れたプロジェクトは生まれません。ミシェル·シモンズ (Michelle Symonds) 氏は、適切なツールや戦術やプロセスの活用をサポートするフレームワークが、従業員全員の置かれている場所に関係泣く、正しい作業を行うことに貢献するかを説明しています。 シモンズ氏は、以下を含むこのようなフレームワークを構築することを人は考慮する必要が

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *