ホーム / JP / ITIL® Man に気をつけよう

ITIL® Man に気をつけよう

ITプロジェクトは、最初からその破綻が運命づけられています。シフト優先順位、新しい予期せぬ問題、常により速く、より安価な解決策のための一定の必要性が揮発的に混合しています。Ashford Global へのこの投稿は、この環境がITIL® を、優れた解決策のように思わせてきた方法を吟味しています –  ITILは、過去に経験したどの従来の頭痛の種であっても、ビジネスと速度のニーズに合わせると約束しています。 しかし、そこには問題があります: すなわち、ITILは、組織に100%のプロジェクトの成功を得させることができず、ITILは真実のための魔法のような治療法ではありません。さらに、組織は一般的に、すべてのプロジェクトに渡ってITILを使用していません。それどころか、この模範の組織がこの記事で述べているように、プロジェクトで「重要」で含むに十分だと思われることを「好みに任せて選んで」います。

大きな問題は、組織がITILを定義し、実装するためのプロジェクトを実行していたので「我々はITILを実施する」と言うことに誇りを持っていたことです。問題は、このプロジェクトが、スコープクリープから他のすべてのプロジェクトと同様に、不快な体験をしたということでした。予算の変更があり、それはスコープの変更が必然的に伴ってくることを意味します。案の定、そのプロジェクトは再分類され、その代わりに一律ITILを実施するためのいくつかのシステムがITILされるほど重要ではないと確認されました。レガシー·システムの場合は、それはさほど重要ではないので、それはそのままにしておくことにしよう、という考え方でした。このシステムを動作つ続けることができることを確認するために、重要なデータ、設定の詳細、操作手順は何らキャプチャしないようにしよう、と。

この例では、小さなチームが通信するには独自の電子メールシステムを使用しています。それがそのように小さなチームであり、ビジネスの他の部分にはほとんど影響がないので、ITILの下でのプロジェクトにするだけの努力は除外されているのです。最終的にはその電子メールシステムは面倒になり、その危険はそれに接近するどんなシステムにも広がることになります – 直接小さなチームだけではなく、組織全体に影響を及ぼすことになるので、それが問題なのです:ITILは、それをどのように賢明に採用し、それを実装しているかに応じて、組織を保存することも、妨げることにもなるのです。

英語の記事

約 Matthew Kabik

Matthew Kabik is the former Editor of Computer Aid’s Accelerating IT Success. He worked at Computer Aid, Inc. from 2008 to 2014 in the Harrisburg offices, where he was a copywriter, swordsman, social media consultant, and trainer before moving into editorial.

また、チェック

ITSM値が不完全である理由

値の設定方法 ITサービスのビジネス価値は、よく効果と併せた効率として決定されます。しかし、ITILは、ユーティリティに加えた保証としてそれを捉えています。誰が正しいのでしょうか。ダン·ケイン(Dan Kane)氏は、どちらも顧客体験を除外しているので、絶対に正しいことはないと述べています。顧客の経験は、顧客がプロジェクトの成果に満足することを保証する顧客サービスとは異なります。顧客の経験は、最終的な結果も良くなるようにプロセスを作成することに関与しています。 顧客が知る必要がない時

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *