ホーム / CIO / IT のKPIに関するCIOの4つの見解

IT のKPIに関するCIOの4つの見解

主要業績評価指標(KPI)は、専門家が事業を改善していることを示す方法です。ピエロにとってKPIは冗談で笑う多くの子どもや、パッと飛び出す風船の動物に驚かされた人の目の数に過ぎないかもしれません。ITにも他の方法よりうまくいく指標があり、Perl ZhuはそのブログでCIOに成長と成功を測定させるCIOのKPIに関する4つの見解について書いています。

  1. IT コストの内訳
  2. IT業績の象限
  3. PMO のKPI
  4. 事業またはITの能力を測定するITのKPI

顧客のIT業績象限を用いると、ITサービス/プロジェクト業績、財政の健全性、組織能力は、ITが最も明確な方法で正しい利害関係者に正しい指標を使うことができるようになります。PMOのKPIは、CIOが仲介的受け手として(マットへの注記: 君がまだ気付いていなければ、実際にこのinter-preneurは起業家enter-preneurとは別の単語であることは明らかでしょう。私は気付いていませんでしたが) プロジェクトを取扱いたくなったとき、等号で結べるようになります。そしてITへの特定のPMOのKPIの使用は、投資収益率、市場投入までの時間、リソースの使用率となります。ITの能力を測定するKPIの話をしながら、Zhuは次のように述べています。

したがって、CIOは事業との戦術的で戦略的かつ革新的な整合を追求する必要があります。長期的な成長は、通常、KPIはどのようにしてこのような「能力」的洞察力や効率や改革の処理を取り込むことができるのか、という事業の独特の機能に基づいています。ご自分のIT/事業能力の視覚的な表現を理解して持つことは、どこでご自分の内部リソースが展開されているかを理解する上で、あなたの能力になります。このように指標が活用されていれば、どの事業/部門/関係者が多くの容量を受け過ぎているか、あるいは受けていないのかを決定し始めることができます。

彼は詳細に使用すべき潜在的な指標を概説し続けています。KPIのことになると多くの変化型把握し、両立させるには多くの変化型があり、Zhuはその作業を少し扱いやすくすることを目指しています。

英語の記事

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

知識管理 101

知識について知るべき事があり過ぎるほど存在していることを知っていた者がいただろうか。Michael E. D. Koenig は、あらゆる角度から対象を捉えてその内外から対処し、知識管理 (KM)に関する情報の宝庫を一つの記事でまとめている。チャート、グラフ、参照も豊富で、それは今までのうち、1つのスペースにその被写体の最も包括的な外観を提供している。だから、鉛筆を削って新しい消しゴムを取って欲しい。授業は進行中なのである。 Koenig は、1994年の「知識管理とは、知識を捉え、分配し、効

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *