ホーム / CIO / IT簡易化で節約大かつ事業成功率アップ

IT簡易化で節約大かつ事業成功率アップ

ITの職場は古いアプリとネットワークが最先端の移動テクノロジーと出会う文化の衝突が起きようとしています。こんなテクノロジーの併合で手に負えないIT環境が出て来るとダン・ミュース氏は語る。複雑さはITビジネスの一部であるとはいえ、複雑になる必要は必ずしもありません。

IDCの研究によると、複雑さを減らすことで節約することができ、さらに順調にビジネスの成果が生まれる。それだけでなく、簡易化したIT環境の中で、市場への短納期につながり、接客サービスの改善、よりフレキシブルなスタッフ再配置等をもたらすことになります。

それにITの複雑さには企業のM&A買収、レガシーシステムの現存又は利用の続き等さまざまな原因があります。だがIDCの研究が示すように、複雑さはかなりニュアンスが多く、微妙な現象です。まず第一に、ビジネスの要求に応じてはある程度複雑さが増すので複雑さを必ずしも減らすことができません。それにITの複雑さはエンドユーザーの要求で発生することが多く、スマートフォン、タブレット等のような人気商品で出来たフロントエンドの簡略化が例であります。

以てして、会社は何をして、複雑さを減らしていますか。ミュース氏はCIOが会社を合理化させるようにIDCの薦めるアプローチが掲載されたリストを提供します。

  1. アプリケーション、システム、データセンター等を統合し合理化させる事。
  2. アプリケーションの現代化。
  3. 管理システムを単一の環境に統合される事。
  4. 第三者とクラウドコンピューティングプロバイダーに業務委託する事。
  5. 自動ツール及び統合ツールをもっと多く導入する事。

尚、IDCは会社での複雑ぶりを減らすために役立つ4つの不可欠なものに関わる簡素化ロードマップ(Simplification Road Map)を作成しました。

下記のサイトで原文(英語)をお読みください。 http://www.cio.com/article/2451671/it-strategy/simplifying-it-pays-off-with-big-savings-better-business-success.html

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

MITスローンCIOシンポジウムの最大ポイント

スローンの最近のCIO(最高情報責任者)シンポジウムについては多くの議論があります。多くの優れた思いつきがプレゼンテーション中に提案されましたが、人々は未だに反芻していることでしょう。ジェフ・ベーム(Jeff Boehm) 氏は、そのショーで彼が聞いた最高の概念を幾つか組み立てて議論しています: 「IT がビジネスをサポートしているのではなく、それ自体がビジネスなのだ。」 結果(顧客の)に協調する。 デジタルによる混乱への恐れが失敗への恐れを追い越している。 この新しい機械時代を採用せよ! 自

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time