ホーム / IT ガバナンス / IT変更管理の恩恵

IT変更管理の恩恵

優れた変更管理が極めて重大であるにも係らず、それが実際に行われる必要がある時には、犯罪レベルほど酷く扱いを誤っているように思える。ジェフリー·ボウマン(Geoffrey Bowman) 氏は、物事がうまくいかないところと、それを再び正しく設定する方法の概要について説明し、自らのブログへの投稿でやる気のない態度を修正することを目指している。

あらゆる種類の混乱は、新しいプロセスへの飛躍を目指すか否かを決定する時は考慮しなければならない。変更管理を実装するITエンジニアは、そういう時期には、以下の事項を理解しておく必要がある。

  1. 変更がビジネスに及ぼす影響
  2. 影響される任意のアプリケーションの機能
  3. ロールバック計画(失敗や休暇の場合)
  4. どの人からビジネスの変更を承認してもらうのか

あなたが社内のITを使用しようが、外注人材を使用しようが、同じベストプラクティスと常識が適用される。ボーマン氏は、現在の管理プロセスと変更要求(略してRFC)のテンプレートを求めるべきであると言う。ITに変更管理のプロセスを順を追って提示させる時、彼らが実装していることを熟知し、問題が生じた場合には(比較的)ビジネスの保護が保証される。彼らの答が不十分である場合は、変更管理が改善しなければならないことが分かるというもの。

ボーマン氏は、あなたが次の質問をITにするように推奨している。

  • 自社のビジネスにおいて、変更を認可する主要な人物は誰か。
  • 当組織のための最近のRFCを示し、それを承認した人物をおしえる。
  • 最近の変更の実行について、ロールバック計画は何であったのか。
  • ロールバックが必要な場合には、私に社内承認プロセスを示すことができるか。

元の投稿(英語)はこちらからご覧ください: http://geoffreybowman.com.au/2014/07/19/in-focus-it-change-management/

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

ITILにより定義された3種類の評価基準

組織は、製品の計画、プロセス、また性能を監視するために、所定の評価基準システムを設けます。収集されたビジネスデータは、プロセスの理解と向上のために使用されます。また、それはより優れたビジネス上の意思決定を行う際に、堅固な基盤として用いられます。著者マイケル ・スカボロー (Michael Scarborogh) 氏は、3種類の評価基準について説明し、それぞれの例を提示しています。 スカボロー氏による3種類の評価基準とは、テクノロジー、プロセス、それにサービスの評価基準である、と明言しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time