ホーム / CIO / ITベンチマーキングのための三つ又戦略

ITベンチマーキングのための三つ又戦略

ITのベンチマークでは、誤った測定と分析プロセスは無意味か、あるいは誤解を招くような結果に終わることがある。戦略家のジョン・パーキンソン氏は、そのベンチマークによれば、あらゆる業界のトップパフォーマーの一つであった、ITグループでかつて勤務したことがあった。しかし、パーキンソンは、生産性を損なうことなく、約700名のグループの従業員数を250名まで削減するのを援助したことがある。その記事の中でパーキンソン氏は、3段階のプロセスであらゆるIT団体のべンチマークに使用することができる方法を説明している。

大手企業の最高情報責任者(CIO)は、かつて仲間に対して彼のIT組織をベンチマークするようにパーキンソン氏に求めたことがある。これほどの大企業をベンチマークすることにおける最大の課題は、それを比較するためにいくつかの同規模の組織があっても、さらに利用可能な選択肢の中から、その産業にとって有用な比較が生まれる可能性がある方法でも、無関係になることがあるということだ。

パーキンソン氏が考案したのは3本柱の解決策であった。まず、彼は公共のデータを利用し、主に迅速で定性的なベンチマークを行う上で同程度の規模と形態の約20社のグローバル企業を決定した。その目的は、CIOのグループと比較して他の企業が、同種なのかそれとも異種なのかを示すことができる、さまざまな規模の「マップ」の開発にあった。第二に、パーキンソン氏は、そのIT予算の売上高に合わせ、約50製品やサービスの組織を調べた。問題となっていた事業に類似したスケールで操業していながら最良な企業をベンチマークした。その後、パーキンンソン氏は変動が顧客体験にある場所を発見するため、他の部分に対するCIOのIT組織の各内部をベンチマークした。ここにあるのは、パーキンソン氏の言う戦略が非常に効果的であると言える理由である。

ベンチマークが適切に設計された場合、プロセス改善プログラムの効果の監視に、定期的に使用することができる。ベンチマークの対象とされた様々な団体はすべて単一組織のコンテキスト内であったため、独立した企業間の比較を行う外部変数の多くが困難であったか、または高価になってしまったことが要因ではないだろうか。さもなければ、よりたやすくコントロールすることができるだろう。

この戦略は確かにCIOにとって連続して略的計画に組み込まれた貴重な洞察を明らかにした。

元の投稿₍英語₎はこちらからどうぞ: http://ww2.cfo.com/it-value/2014/09/benchmarking-can-lead-astray/

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

ITプロジェクトを承諾させる5つの方法

「誠実性」は、通常、人物を評する際に使われる言葉に挙げられますが、誠実性はITプロジェクトが承認されるための大変重要な要素でもあるのです。マーク・サミュエルズ(Mark Samuels)は寄稿の中で、プロジェクトが承認されるためには、その前提としてビジネスとしての確たる判断基準を満たす必要があると述べています。氏は5人の専門家にインタビューして、ITのプロジェクトとしての誠実性について5つのユニークな観点を明らかにしています。 デービッド・アリソン: プロジェクト展開のスピードが鍵。 サラー・レスリー: 価値が欠如したプロジェクトはやめにする。 デービッド・リード: 「プラスの要素」。 ジョナサン・ピルブロー: 創造的なアイデアのスポンサーとなる管理者を味方につける。 オミッド・シラージ: 関係を構築する。 遅々として進まないプロジェクトは投資も高くつきリスクも高くなりますので、プロジェクト要望書が社長決済まで到達するにはプロジェクトがスピーディに進展することを約束するものでなければなりません。投資対効果がしっかりしていないプロジェクトは細部にわたる審査の対象となりますので、簡潔明瞭で実践的なものである必要があります。 プロジェクト要望書を審査する際に、経営者が求めるものはビジネスとしての価値です。例として、サラー・レスリーのIT部門にはITプロジェクトというものはなく、ITが関与するビジネスプロジェクトのみしかありません。はっきり言えば、経営者が価値を求める際には、測定可能な価値を求めていると言うことなのです。プラスの要素というのは、具体的に金額として表すことのできるプロジェクトが会社にもたらすインパクトなのです。 更に言えば、たとえプラスの要素を多く含んだプロジェクトであったとしても、それが担当管理者に正しく理解されていなければ聞き流されてしまう結果にもなります。自動車販売店ネットワークのトラストフォード(TrustFord)の経理責任者であるジョン・ピルブローは、プロジェクトに対する関心度を高めるために独創的でセールスマンタイプのアプローチを取るよう勧めています。 …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *