ホーム / プロジェクト管理 / ITプロジェクト管理者の7つの最上の願い

ITプロジェクト管理者の7つの最上の願い

あなたのオフィスで、願い事を叶えてくれる魔法使いが現れてくれるとしたら、どのような願い事を叶えてもらいますか。CIO.comのジェニファー・ロノフ・シフ(Jennifer Lonoff Schiff)氏は、空想のような願い事を7つまで狭めましたが、あなたがCIOであれば、おそらく同様の願い事リストを持っている可能性があります。ここにあるのは、どのCIOでも魔法使いに叶えて欲しいと願うであろう最上の願い事です。

  1. 当初からプロジェクトに関与する。
  2. プロジェクトごとに完璧なチームを置き、保持する能力を持つ。
  3. 強力かつ簡単に使用できるプロジェクト管理ツールを持つ。
  4. 明確に定義付けられたプロジェクトの目的と要件を持つ。
  5. 利害関係者やエンドユーザーから賛同を得る。
  6. 敬意を持って扱われる。
  7. 必要に応じて(第二の推測を入れられずに)プロジェクトの調整が許可される。

これらの7つのすべての理想は、現在可能ではないかもしれませんが、その希望が今は単なる願い事でしかないからといって、それをいつまでもそんな状態にしておく必要はありません。あなたの幻想を具現化するために取り組んでください。あなたの仕事を他の人が楽にする方法を伝えてください。あなたの同僚は魔法使いではありませんが、もしかしたら、あなたは彼らがどれほど進んで助けようとしてくれるかに驚くことになるかもしれません。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

ソフトウェアの見積りを機転を利かした方法で変更

見積りがこれ以上難しくなれない程大変に思える時は、ソフトウエアによる見積もりに移動する時です。ソフトウェアの恐ろしいほどの見積りは、主にそれが製作者にしか触れられないほど複雑であるため、過去数十年の間大幅に変化していません。最終的なコストには50 %のエラー用の手数料がしばしば含まれていることに驚きませんか。ケイン・マー(Kane Mar)氏は、機転を利かした方法(Agile method)を使用してその率を低くする時が来たと考えています。 それには、固定価格、固定範囲アプローチを取り、マー氏

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *