ホーム / プロジェクト管理 / ITプロジェクト管理者の7つの最上の願い

ITプロジェクト管理者の7つの最上の願い

あなたのオフィスで、願い事を叶えてくれる魔法使いが現れてくれるとしたら、どのような願い事を叶えてもらいますか。CIO.comのジェニファー・ロノフ・シフ(Jennifer Lonoff Schiff)氏は、空想のような願い事を7つまで狭めましたが、あなたがCIOであれば、おそらく同様の願い事リストを持っている可能性があります。ここにあるのは、どのCIOでも魔法使いに叶えて欲しいと願うであろう最上の願い事です。

  1. 当初からプロジェクトに関与する。
  2. プロジェクトごとに完璧なチームを置き、保持する能力を持つ。
  3. 強力かつ簡単に使用できるプロジェクト管理ツールを持つ。
  4. 明確に定義付けられたプロジェクトの目的と要件を持つ。
  5. 利害関係者やエンドユーザーから賛同を得る。
  6. 敬意を持って扱われる。
  7. 必要に応じて(第二の推測を入れられずに)プロジェクトの調整が許可される。

これらの7つのすべての理想は、現在可能ではないかもしれませんが、その希望が今は単なる願い事でしかないからといって、それをいつまでもそんな状態にしておく必要はありません。あなたの幻想を具現化するために取り組んでください。あなたの仕事を他の人が楽にする方法を伝えてください。あなたの同僚は魔法使いではありませんが、もしかしたら、あなたは彼らがどれほど進んで助けようとしてくれるかに驚くことになるかもしれません。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

あなたが小さなプロジェクに手こずっている12の当然の理由

課題はどんなに小さなプロジェクトでも持ち上がることがあり、課題ができると、プロジェクト管理者としてのあなたは小さくなっているわけにはいかない。ハリー・ホール(Harry Hall)氏は、あなたが小さなプロジェクトでまだ苦労している可能性のある12の理由について書いている。 あなたは、小さなプロジェクトは単純だと思っている。 プロジェクト憲章を持っていない。 間違ったレベルの厳密さを適用している。 プロジェクトのスポンサーが存在しない。 チームが十分に配属されていない。 プロジェクトのリスク管理を実行していない。 変更管理を行っていない。 誰も気にしないプロジェクトを管理している。 プロジェクトチームが大き過ぎる。 間違ったツールを使用している。 管理しているプロジェクトが多過ぎる。 重要なステークホルダーを確認していない。 プロジェクトの規模と複雑さとの間に直接的な相関関係は必ずしもあるわけではない。プロジェクトの規模や時間の制約の如何に関わらず、利害関係者が要件を変更したときにあなたが知っている必要があるので、あなたはプロジェクト憲章を開発するべきだ。それと同様に、チェックした時に範囲が維持できるように、リスクと蓄積された変更を追跡する必要もある。状況から見て本当に必要としている時だけ、多くの企画を行うようにし、直感を使うことだ。 …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time