ホーム / CIO / CIO: 従業員の経験を係合する進行係

CIO: 従業員の経験を係合する進行係

幸福を感じている労働者は生産的な労働者です。自分の仕事に敬意が表せられ、創造的になる余裕が与えられていると感じる従業員は、一生懸命働き、その会社を職場やベンダーとして推薦する可能性が高くなります。CIOは、労働者としての経験技術を活かしテクノロジーを用いて、それを係合し満足のいくものとする役割を果たすことができますが、TJ Keittはそれを達成する方法についてZDNetのために文書にしたためます。

事業は組織の定期的な維持管理に関わるあらゆる種類のシステムの管理に幅広いガジェットや防犯機器を提供していますが、このようなテクノロジーが十分に採用されていない場合、従業員はiPhoneやDropboxの形でサポートを求めて社外に行き始めます。CIOは、テクノロジーが実施されているタスクに合う、テクノロジー体験の構築に集中している思考方法を変える必要があります。要は、従業員が最適なプロジェクトの結果の達成に外部の機器や技術を必要とすべきではないということです。焦点のこの切り替えを完全に実現するために、Keittは、ITリーダーの為すべきことを述べます。

  • 従業員に取りつかれたIT組織を造る。
  • 技術に労働におけるビジョンを合わせてビジネスリーダーと協力する。
  • 成功を測るために人事部門とパートナーを組む。

ITは、単なるテクノロジー組織ではなく、顧客サービス組織として自らを見据える必要があります。 CIOは、前進し、強くて統一した見解が持てるように、従業員とビジネス間の通信を簡単にする方法を見つけなければなりません。そして、そこに至るのに人事課を使うのは非常に良い考えです。

CIOは、組織内の従業員に目的にある共有意識を与える力を持っています。 ITが刺激され、適切に指導されると、彼らが開発するテクノロジーは企業のニーズを満たすのに最もよく磨かれることになります。

 英語の記事

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

IBMのC-スイートの報告書からCIOのための上位5つの教訓

IBMの「インナーサークルの探求」報告書は、世界中の4100名以上のCスイート幹部との実際の会話から引き出された情報を包含しています。その洞察には驚くべきものがあり、フォーブス誌のピーター・ハイ氏の記事には、最高情報責任者(CIO)が切り取れる上位5つの教訓がある、と報告しています。 CIOは、CEO (最高経営責任者) 以外でC-スイートの三大戦略的メンバーとして見なされている。 CIOは、Cスイートの最も専門的なメンバーであると考えられている。 「CEO-CIO-CMO」の3人組は、可能な管理トリオの中で他を抑えて実行を発揮する可能性が最も高いと考えられている。 コラボレーションは、Cスイートの中で成功には最も重要な属性であり、CIOが指導するのによく配置されている領域である。 テクノロジーの普及と戦略的重要性の増加で、CIOには将来的に大いに価値を貢献する機会を提供する。 第三番目に最も戦略的なことは悪いことではありません。CFO及びCMOのランクはその順では、さらに上です。それは、CIOにはまだ影響力の面で成長の余地があることを意味しますが、それはまた、彼らが既に長い道のりを歩んでいることをも示しています。またCIOが「最も専門的」であるということは良いことですが、それはCIOがビジネス面では十分に同じ立場で物事を身近に考えていないということを意味します。 それにもかかわらず、CIOはCFOよりもCEOやCMOとの有利なトリオとして見なされているのは、最高のCIOは彼らのテクノロジーの知識とエンドーツーエンドのビジネスビジョンを用いて、共同作業するためにより優れた戦略を工夫することができるからです。このようにして、その報告書によるとそんなレベルに到達しているCIOはさほど多くないとはいうものの、CIOは共同作業のためにふさわしい指導者でなければなりません。 最後の教訓では、ハイ氏は次のように語っています。 C-スイートは、ITが提供できる価値をますます認識しており、彼らは過去には存在しなかったような方法で、テクノロジーを活用することに興味を示しています。CIOは、これらおよび他の動向が企業に提供する価値提案の定義を支援するために、機動性、ソーシャル、分析などインターネットに関するものを会話の中心に据えるように尽力する必要があります。 元の全投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.forbes.com/sites/peterhigh/2014/06/24/ibm-top-five-lessons-for-cios-from-c-suite-report/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time