ホーム / CIO / CIOの厳しい選択:プロアクティブになることか反応的になることか

CIOの厳しい選択:プロアクティブになることか反応的になることか

あなたのキャリアの初期の大部分が維持することに費やされている場合、将来のためにプロアクティブな変更を行うことは難しいかもしれません。これは、問題に古い技術で対処するか、新しい技術を試すべきかを決定する際に、多くのCIOが経験する傾向です。Pearl Zhu は、CIOの中には、変更を実施する力があると感じていない人がいる理由として、説明をいくつか挙げています:

CIOには十分な権限が与えられていません。 ITへのビジネスの姿勢:これは、ITがコストセンターとして扱われているのか、またはビジネスの戦略的パートナーとして扱われているかにすべてかかっています。会社は新技術の採用に伴うリスクを進んで受ける気がありますか。新技術は、ビジネス目標に貢献していますか。新技術は、IT戦略計画に沿っていますか、それとも単にベンダーの気まぐれですか。ITが単にビジネスリーダーやその意思決定を執行するものや追従するものとしてみなされている場合、CIOは明らかに意思決定を行なうに十分な権限は与えられておらず、それらは反応的につながるだけで、プロアクティブにはつながりません。

ビジネスの観点から、CIOは計画や戦略的意思決定の大きな部分であると考えられていない、とZhouは指摘しています。これは、プロアクティブな変更を提案することを難しくする可能性があります。また、彼らはまた、「維持する考え方」にはまり込んでいて、変化を起こさせなくしてしまいます。Zhouはまた、CIOが新技術を採用することに消極的であるのには、実際にいくつかの理由があると述べています。おそらく単に予算が設定されていないか、組織的な必要性が十分にないのかもしれません。Zhouによると、その要領は、それをITビジネスを有効にするものにすることです。新技術を使用して組織がもっとペイオフを見ることができればできるだけ、将来、CIOが同様の変更をより簡単に行なうことができるようになります。

英語の記事

約 Matthew Kabik

Matthew Kabik is the former Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He worked at Computer Aid, Inc. from 2008 to 2014 in the Harrisburg offices, where he was a copywriter, swordsman, social media consultant, and trainer before moving into editorial.

また、チェック

知識管理 101

知識について知るべき事があり過ぎるほど存在していることを知っていた者がいただろうか。Michael E. D. Koenig は、あらゆる角度から対象を捉えてその内外から対処し、知識管理 (KM)に関する情報の宝庫を一つの記事でまとめている。チャート、グラフ、参照も豊富で、それは今までのうち、1つのスペースにその被写体の最も包括的な外観を提供している。だから、鉛筆を削って新しい消しゴムを取って欲しい。授業は進行中なのである。 Koenig は、1994年の「知識管理とは、知識を捉え、分配し、効

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *