ホーム / ベストプラクティス / 革新の前進に拍車をかけるベストプラクティスの利用法

革新の前進に拍車をかけるベストプラクティスの利用法

何かを「ベスト」プラクティスとして主張することにある問題は、それよりましな解決策がないことを示唆している、ということにある。しかし、グレッグ・セイテル (Greg Satell) 氏は、賢明な使用によりベストプラクティスがビジネスで高度な価値を提供する、とフォーブズ誌に投稿している。おそらくそれを「今できる最高の実践」とでも呼ぶことにすべきだろう。

ベンチマークとは、価値が明白な習慣である。費用や処理の面で競合と比較して知ることは、自社のビジネスモデルが最新であるかどうかを知る唯一の方法である。ただ、単にクランチの数字では十分ではない。また、数字から知り得る文脈を吸収し、異常に対するゆとりを確認する必要がある。組織全般に渡って数字と処理が同じようになって来た時が、その次の技術革新を推進すべき飛躍的な時宜の瞬間なのである。

組織的学習は、ベストプラクティスに適した別の分野である。ほとんどの企業では、学習は非公式な集まりの形を取り、試行錯誤がその大きな要素である。但し、社内のベストプラクティスプログラムを持つことは、有益な洞察の提供が特に可能性が高い中間管理職では、試行錯誤なしで情報を共有することもありうる。

セイテル氏は、「永遠のベータ」の価値を掲げている。その基礎となる理念は、今は自分の最善を尽くしているということであるが、機会があれば、後で物事を向上させるために、常に心を開いているということである。

元の原稿 (英語) はこちらからどうぞ: http://www.forbes.com/sites/gregsatell/2014/07/13/how-to-use-best-practices-to-spur-innovation-forward/

約 John Friscia

John Friscia was the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success from 2015 through 2018. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and grew in every possible way in his time there. John graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

組織内マネジメントを変えて計画を成功させる

組織が変わった時に、従業員の文化もともに変わるはずです。マイク・デポリス氏はITサービスマネジメントにおける、組織内マネジメントチェンジ(OCM)について、触れています。 トレーニング、マーケティング、コミュニケーション以外に、ITSMの導入は、組織内評価をもとに、変えるべき視点を見出しています。この評価によって、変化マネジャーは提案される変化の要素がヒトにどう見られているか、どの問題点が見逃されているか、どの点をすぐに直すべきか等が明瞭になります。また評価によっては、組織の全体的な発達ぶりが明らかになる事で、提案される変化の要素が本当に巧くいくかが分かります。 同氏は、どの変化案もビジネス文化を3つのグループに分けます。変化案に賛成する者、変化案に堂々と反対する者(両者ともに少数派)また3つ目のグループは、未決定者です。3つ目のグループを焦点にして、話を進むと、下記の戦略を用いることで障害を乗り越えることができます。 関係事項を話し合う。 メッセージを作り上げる。 優勝者を確認する。 ボトムアップを用いる。 コミュニケーション及びトレーニング 助けを求める。 最初に変わった頃に、多くの質問があり、メモることも多くなりますが、この変化は誰にとって、影響が及びますか。この変化によって、生活の課題はやさしくなるか、さらに複雑になりますか。変化マネジャーが関係事項を完全に心得た時が、チェンジ・ゴール(目標となる変化)を伝えるための箇所書きリストを書く時です。 同氏は優勝者と呼ぶ者も確認しています。優勝者は変化案を支持し、変化メッセージの内容を伝える意志があります。覚えておきたいのが、これはトップダウンとボトムアップの両方のやり方で、かなりの助け人に、特別に作成されたコミュニケーションとトレーニングの計画が必要となります。 記事の原文はこちらでご覧下さい(英語): http://www.theitsmreview.com/2014/11/organizational-change-management-ocr/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *