ホーム / 専門性の発展 / 複数の上司を管理するための専門家の忠告

複数の上司を管理するための専門家の忠告

昨今、一人の従業員が一名から七名の上司を持つことは珍しくない。七名ですよ! エイミー・ギャロ氏は、その全員を喜ばせるために何をすべきかについて、ハーバード・ビジネス・レビューのために書いている。

複数の上司を満足させる最も一般的な3つの課題は、仕事の過負荷、上司間でのメッセージの競合、あなたの忠誠心を薄く拡大することになる。幸い、ガロ氏はアドバイスを提供している。まず、あなたの主な上司が誰であるか知り、キャリアの見通しに影響を与えて、最も直接的にあなたのレビューを完了するその人を、最初になだめられるようにする。第二に、上司たちの活動を調整することで、自分の職務について積極的になり、自分のお皿の上にどれほどの時間が与えられているかをさりげなく知らせる事に加えて、可能ならば、上司を一つの部屋に集めて、自分のニーズについてお互いに議論してもらえば、あなたが常に大使になる必要はない。

それ以上に、あなたの一日が上司の中断という一定の流れによって中断されないように、あなたが中断を容認する時と頻度について境界を設定することを忘れないこと。通常、上司があなたの仕事の山にさらに多くの作業を追加したとしても、何も悪意によるものはない。それで、個人的に罰を受けないようにすること。

原文 (英語) はこちらからどうぞ: https://hbr.org/2011/08/managing-multiple-bosses.html

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

より少ない時間でさらに多くを実行する

信じられないかもしれないが、人は、より少ない時間で仕事をするように予想されると、より多くを達成するように動機づけられる、という。スレート誌の記事で、ジェフ·サザーランド氏は少ないということは、実際には多い、ということを説明している。 サザーランド氏は、OpenViewのベンチャー·パートナーズの上級顧問だ。OpenViewのビジネス文化は、かつては定期的に残業や週末勤務を奨励したが、その後、残業と週末の時間を廃止した場合、生産性がどのように変化するか確認するようにその考えが示唆された。結局、確かに生産性は人が週40時 間以下働いたときに最大に上昇した。同様に重要なことは、人は燃え尽きたと感じることもなくなった。その根底にある理由は、人は長く働いてそのエネルギー を尽き果たすと、最高の仕事をするためのインスピレーションもなくなるということだ。エネルギーがなくなってしまい、間違いを犯しやすくなった。とどのつ まり、時には早期に帰宅することは怠け者ではない、ということが言えよう。 元稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.slate.com/articles/business/productivity/2014/10/get_more_done_by_working_fewer_hours_shorter_days_are_more_productive.2.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *