ホーム / 専門性の発展 / 自己主張をして仕事で望む結果を得る方法

自己主張をして仕事で望む結果を得る方法

物騒にならずに自己主張をするのは、自分の意見が職場で聞かれる最も簡単な経路だ。クリシィ・シヴィック(Chrissy Scivicque)氏は、U.S. News やワールドレポートのための記事でこれを行う方法を関連づけている。

掌を開いたままで狙って打つ

まず、予めに自分で言いたいことを自覚していること、さもなければ、あなたは単なる職場のおしゃべり屋になってしまう。簡潔な限り言いたい事が何であるか、できる限り最も合理的な現代的議論を考え出し、その文句を練習する。静かではなく、大声でもなく、自信に満ちた音量で話す事を忘れないこと。それと同様に、自分の意見を述べる前に不必要に自分の議論を弱めることになりそうな「私は間違っているかもしれないが…」のような価値を落とす言語を使わないこと。最終的には、自己主張することは、自信を示すことなのだ。自信がなければ、それを偽ること。結果的に、自分で自分を欺いて開始することだ!

元の投稿(英語)はこちらからご覧くださ: http://money.usnews.com/money/blogs/outside-voices-careers/2013/06/20/how-to-be-assertive-and-get-what-you-want-at-work

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

大きな成功をおさめた人が自己疑念を克服できる8つの方法

ブルーナ・マルティヌッズィ(Bruna Martinuzzi)は論文の中で、実業家として成功した人たちが自己疑念を克服した方法を纏めている。そのような人たちにとってうまく行った方法なら、貴方にもうまく行くと思われる。 すべての疑念を破壊する 自分が物事を成すことができない言い訳を止める。特に、仕事に対する自分の計画については、計画と行動の間には天と地の開きほどの差があるので、話をしない。自分を幸せにしていてくれ、かつ知的にやりがいのあるようにしていてくれる人たちに囲まれているようにする。疑念をはっきりとさせるために自覚を促す。自分自身を慈しむ。それは自分を大目にみてやり、自負心の向上を受け入れることを意味する。その妥当性をチェックするのに他人に目を向けてはならない。自分を導くには自分の直感と自分の価値を信ずる。そして一番大切なことは、自分が用意ができているかいないかに関わらず、まずは「踏み出し」を始める。自分のしたいことが何であれ、やってみる、そして今日それを人に見てもらう。 論文原文(英文)を読むには:https://www.americanexpress.com/us/small-business/openforum/articles/8-ways-highly-successful-people-overcome-self-doubt/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time