ホーム / JP / 組織変化の亡霊

組織変化の亡霊

数字が入ってくると、それが現在のビジネスが直面しているリスクについて興味深い事を物語っている。エリザベス・ヘイリン (Elizabeth Harrin) 氏がロンドンの2014年のガートナーPPM&ITガバナンス・サミットについて著したブログに関連して、1990年代からリスクの性質が移行しているのだ。企業にとって当初は最も重要なリスクとしてフラグが付けられていたプロジェクト管理は、組織の変更に取って変わられている。

これが意味することは、統計的に言えば、ITがもたらすプロジェクトの価値についての今日の認識は、5つの以下のカテゴリに主に焦点が当てられている、ということだ。

  1. 特定の必要
  2. 透明な投資
  3. ビジネス•プロセス•リエンジニアリング/組織変更管理
  4. アプリケーションの配信
  5. 測定

これらは、プロジェクト管理者がプロジェクトを実装する上でうまく行ない、利害関係者を感心させるべきものである。しかしヘイリン氏は、これらの5つの分野における欠如をリチャード·ガートナー(Richard Gartner)氏による統計を引用して明らかにしている。たとえば、ほとんどのプロジェクトメンバーは約束の納期に、70%の場合しかフォローアップしていない。これは、30%の場合は、プロジェクトが予算内でも、または時間内でも、範囲内にもない、ということを意味する。

 PMIの社長兼最高経営責任者(CEO)マーク·ラングレー (Mark Langley) 氏は、ラベルはプロジェクト

ポートフォリオの管理者の立場を明らかにするどころか、混乱させることがある、と警告している。ラングレー氏によると、重要なのは、契約の中身であり、彼はさらに以下のように説明している。

組織が行うもののほとんどは、ご自身が既に行っていることである。引用されたマッキンゼー[ラングレー]調査に係る作業のわずか22%が、ポートフォリオや開発作業を増やすことに関わっている。それは多くはないのだが、大きく思える。我々は、その22%を向上させることができれば、それに比例として、当社が業績への大規模な変化をもたらすことができることになる。

数値が何らかの指針となるものであれば、現代の変化する組織の風景の中に価値を提供に向けた進展の余地があります。元の記事 (英語) 全体はこちらからご覧ください: http://www.pm4girls.elizabeth-harrin.com/2014/06/organisational-change-the-biggest-risk-to-business-today-gartnerppm/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

情報テクノロジー(IT)の価値をビジネスに当てはめる

テクノロジーがどのように採用され、支援され、そして支払いを受けるかについての予測を立てる上において、サービス・ポートフォリオは最高情報責任者(CIO)にとって有効な手段となるものである。マーク・ハリス(Mark Harris)は、優れたサービスを最小のコストで供給しようとする働きが如何にしてITをビジネスにより緊密に結びつけるかについての一般的な知見を披露している。 ITサービスに関するカタログは、ビジネスに対するITサービスのコスト対価値を示す上で最適である。このようなサービスが高コストで低い価値を提供するものであれば、特定のサービスに対して見直し、リモデリング、或いは中止が求められることになる。勿論、正式なサービス製品を作り出すには、データセンターを流れる電力や冷却などの非伝統的なコストを数量化したり、使用されるサービス要素のコストを原価償却することなどが求められる。 回復機能を持つデータセンターの冷却コストだけでも、総購入コストの半分にも匹敵するのである。そのため、サービスカタログには購入およびライセンスのコスト以上のものが反映されなければならない。ここに、データセンターインフラ管理(DCIM)の必要性が生じるのである。ハリスは以下のように説明している: 基本的には、総合的なDCIMが展開されている場合を除き、どのようなサービスでもその真の供給コストを正確に決定することは不可能である。DCIMは、生産される機器のライフサイクルを管理する上において極めて緻密な手段を提供するものである。DCIMは、初期プロビジョニングから最終廃棄に至るまでのデーターセンター内にある機器に関わるすべてのコストを管理するすることが可能になるソルーションを提供するものである。 IT価値をビジネス価値に結び付けるには、サービスカタログと頑強なDCIMとを組み合わせることが最良と思われる。 原文(英語)を読むにはhttp://www.governmentciomagazine.com/2014/09/exposing-it-value-businessを参照下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time