ホーム / ベストプラクティス / 生産性の問題がコラボの悪さに繋がっている3つの兆し

生産性の問題がコラボの悪さに繋がっている3つの兆し

ビジネスは支配権利抗争ではなく、組織内の部門は一丸となってプレーする必要がある。部門が定期的に相互作用していないとき、それは、実際に問題がある兆しを呈しているのかもしれない。リチャード・レプシンガー氏は、悪いコラボによる生産性の問題の3つの兆しについて書いている。すなわち、

  1. 目標が不揃いである
  2. 首長が多過ぎる
  3. 決定の品質が低い

うまく協力できていない最も顕著な兆しは、目標が不揃いなことである。マーケティング責任者とセールス責任者ですら、成功に関連したメトリックについて一致しないことがある。これは、各自が責任を負っている優先順位に起因する。様々なレベルの管理者は、なぜある管理者がある変数が意義があると見なしているのか、自分の考えが誰にも理解できるような、考えを曝け出せる会合を持つ必要がある。そうすることで、チームは一括して管理者の必要を満たす明確な目標を提示することができる。

第二の点について、レプシンガー氏は以下のように続ける。

関係者全員がプロジェクトに誇りと個人的な所有権を感じられるのは、良いことだ。だが、誰かが作業の進捗状況に声を出して指示しようするときは、従業員は混乱してしまう。役割を明示し、誰が意思決定者であるを定義すれば、スタッフは生産性を維持し、重要なプロセスを前進させることだろう。

最後に、意思決定がよくないことがある。仮に何らかのデータが不在であったり、または利害関係者を確認せずに意思決定を行った場合、追跡時に火消し状態に陥ったとしても驚くこともない。電話を取って(またはチャットウィンドウを開いて)、必要な情報を入手することだ!

元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: http://www.pmhut.com/3-signs-your-productivity-problems-are-linked-to-poor-collaboration

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid’s Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

アップル社式顧客体験

「 実際には、昔ながらの顧客サービスは過ぎ去りし時代のものであり、たとえそれが消費者や顧客が受けたものとは七割違うものであったとしても、彼らの期待よりもずっと多かったものです。電話をかけた人は、問題が解決されたかどうかよりも、あなたが思うよりも遥かに長くその時の扱われたやり方を記憶していることでしょう。 」 新規顧客体験 それがアップル社だと、経験がすべてとなります。アップル社が技術の顔を変えたことは間違いないのですが、彼らはまた、顧客サービスのやり方を変えてきました。レベッカ·ビー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *