ホーム / リスク管理 / 欲しい物リストからリスクブランディングを確認して外そう

欲しい物リストからリスクブランディングを確認して外そう

我々の中には、年末休暇のすべてのコマーシャルで新しいハイテクなおもちゃを見るように、リスク・ブランドを見ている者もいる。我々はそれが欲しくて、今欲しいと願う。クリスマス後のセールまで誰が待つことが出来るだろうか。しかし、持つ価値があるものは働いて買うほどの価値があり、リスクブランドは間違いなく持つだけの価値があるのものだ。

カール·プリチャード(Carl Pritchard) 氏は、強力なリスク・ブランドを確立する4大ステップをここで伝えている。第一に、自分の目標を特定する。第二に、その目標をサポートするポートフォリオを構築する。第三に、そのポートフォリオの背後のイメージを見つける。最後に、自分のイメージをサポートする言語を使用する。

あなたはその「リスクの人」であろうか。あるいは、教祖や魔術師により近いのだろうか。自分のイメージが分かったら、それがジュアルなものであれ、正式なものであれ、そのイメージに即してコンテンツをすべて構築することが容易になる。その後は自分の欲しい物リストから新たなリスク・ブランドをチェックすることに一歩近づくわけで、世界にそのリスク・ブランドを披露することができるだろう。

元の投稿 (英語) はこちらからどうぞ: http://carlpritchard.com/blog/i-want-a-risk-brand-really-me-too

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

リスク管理: 何を、何故、及び方法

先を見越したリスク管理をする時に来ています。それは、結果を前もってコントロールしようとすることを意味しています、とマイケル・スタンレイは書いています。最善のリスク管理であっても、ある特定の結果を保証することは不可能ですが、少なくとも起こり得るネガティブなインパクトを和らげることはできると言えるでしょう。 実際には、リスクを管理することは初心者の段階に過ぎません。プロのレベルにある専門家は、リスクを適当に数量化し想定されるインパクトを描き出すというダイナミックなシステムに基づいたリスク管理を行っています。潜在的なリスクが特定されると、チームはこれまでのデータ、過去の実績、及び直感を含む様々な要因に基づいて一つ一つのリスクに優先順位を付けていきます。スタンレイは更に次のように述べています。 …機会とリスクは通常プロジェクトの計画の段階では相対的に高いところにあります…しかし、この時点では投資は相対的に低いレベルにありますので、リスクとなる金額はまだ小さいままになっています。逆に、プロジェクトが実行段階にあるときは、未だ不明とされる事柄が判明されるに従い、リスクは漸次そのレベルが下がっていきます。同時に、プロジェクトが完了されるために必要なリソースが漸次投資されるに従って、リスクとなる金額は上昇していきます。 あなたのチームがリスクに対応するようになった時点では、3つのオプションがあります。リスクの原因を取り除くことによってリスクを排除すること、リスクが発生する可能性を低くすること、又は、リスクの可能性を受け入れ、リスクが発生した場合のリスク管理計画を準備することが挙げられます。 原文(英語)を読むには: http://www.pmhut.com/risk-management-the-what-why-and-how

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time