ホーム / プロジェクト管理 / 機能横断型チームが個々の力を持つべき理由

機能横断型チームが個々の力を持つべき理由

機能横断型チームは、可能な限りワークフローを簡素化するように構築されています。ところが、誤解されると、彼らは多くのストレスを引き起こす可能性もあります。チームの全員が全く同じタスクで同様に優れていなければならないと心配する人もいます。 J. ディビッド・プライオァ(J. David Prior)氏はそれは全く真実ではないと話しています。実際には、様々な人が異なることが得意であることが好ましいのです。個々の人が専門知識の独自の分野を持っている必要があります。グラフィックデザイン、コーディング、文章を書くことに抜群の人を誰か見つけることは稀にしかないばかりか、そのような人が望ましいことはほとんどないのです。

要点は、誰もが特別な機能を持つようにすることですが、一人一人は、緊急の場合に他の人の分をカバーできるほど十分な知識を持っていなければなりません。プライオァ氏は、良い機能横断型チームを1970年代のショー、The A-Teamと比較しています。そのA-Teamの各メンバーは個人の特別な能力を持っていましたが、それが一緒に機能したのは、彼らの無鉄砲な冒険をやってのけることだけでした。そして、そのメンバーの一人がダウンして、カウントを取られかかったときは、別のメンバーが引き継いで、それがその人が普段していたことでなくても、逃走車を運転できたのです。ですから、チームに誰を割り当てるかについて賢くなって、その違いを受け入れましょう。それはあなたが仕事をし終えることができるようにしてくれるのです。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

あなたが小さなプロジェクに手こずっている12の当然の理由

課題はどんなに小さなプロジェクトでも持ち上がることがあり、課題ができると、プロジェクト管理者としてのあなたは小さくなっているわけにはいかない。ハリー・ホール(Harry Hall)氏は、あなたが小さなプロジェクトでまだ苦労している可能性のある12の理由について書いている。 あなたは、小さなプロジェクトは単純だと思っている。 プロジェクト憲章を持っていない。 間違ったレベルの厳密さを適用している。 プロジェクトのスポンサーが存在しない。 チームが十分に配属されていない。 プロジェクトのリスク管理を実行していない。 変更管理を行っていない。 誰も気にしないプロジェクトを管理している。 プロジェクトチームが大き過ぎる。 間違ったツールを使用している。 管理しているプロジェクトが多過ぎる。 重要なステークホルダーを確認していない。 プロジェクトの規模と複雑さとの間に直接的な相関関係は必ずしもあるわけではない。プロジェクトの規模や時間の制約の如何に関わらず、利害関係者が要件を変更したときにあなたが知っている必要があるので、あなたはプロジェクト憲章を開発するべきだ。それと同様に、チェックした時に範囲が維持できるように、リスクと蓄積された変更を追跡する必要もある。状況から見て本当に必要としている時だけ、多くの企画を行うようにし、直感を使うことだ。 …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time