ホーム / プロジェクト管理 / 機能横断型チームが個々の力を持つべき理由

機能横断型チームが個々の力を持つべき理由

機能横断型チームは、可能な限りワークフローを簡素化するように構築されています。ところが、誤解されると、彼らは多くのストレスを引き起こす可能性もあります。チームの全員が全く同じタスクで同様に優れていなければならないと心配する人もいます。 J. ディビッド・プライオァ(J. David Prior)氏はそれは全く真実ではないと話しています。実際には、様々な人が異なることが得意であることが好ましいのです。個々の人が専門知識の独自の分野を持っている必要があります。グラフィックデザイン、コーディング、文章を書くことに抜群の人を誰か見つけることは稀にしかないばかりか、そのような人が望ましいことはほとんどないのです。

要点は、誰もが特別な機能を持つようにすることですが、一人一人は、緊急の場合に他の人の分をカバーできるほど十分な知識を持っていなければなりません。プライオァ氏は、良い機能横断型チームを1970年代のショー、The A-Teamと比較しています。そのA-Teamの各メンバーは個人の特別な能力を持っていましたが、それが一緒に機能したのは、彼らの無鉄砲な冒険をやってのけることだけでした。そして、そのメンバーの一人がダウンして、カウントを取られかかったときは、別のメンバーが引き継いで、それがその人が普段していたことでなくても、逃走車を運転できたのです。ですから、チームに誰を割り当てるかについて賢くなって、その違いを受け入れましょう。それはあなたが仕事をし終えることができるようにしてくれるのです。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

モーレツ社員の結末は最悪のリーダー?

トップに上り詰めるためには、毎日を最大限に頑張って働かなければならないと思ってはいませんか?実は、どこかの時点で息抜きすることが大事なのですと、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)のロン・フリードマン(Ron Friedman)は勧めています。息抜きをすることによって、マネジャーやリーダーとしてのキャリアを生き残ることができるのです。それは以下のような理由からきています。 エグゼクティブ・コーチであるマーシャル・ゴールドスミス(Marshall Goldsmith)は自著の中で、自らのゴールに「取り憑かれる」ようになってしまうかのように常軌を逸した優れた業績を上げる人たちのメンタリティには賛成できないと述べています。それには、勝つことにこだわり過ぎたり、付加価値を付けることにこだわり過ぎたりする変わった考え方も関与していることもその中で述べています。問題は、成功することの価値ではなく、自分のキャリアの中で更に成功を収めるには息抜きすることが必要になる場合に、息抜きをすることができないことにあるのです。 結局のところ、身体的にも精神的にもストレス過剰となり、人と人との対人関係を処理する能力が欠けてしまうことにあります。専門能力において百戦錬磨のビジネス戦士が一旦は勝ち抜いたとしても、職位が上がるにつれて、今度は人との対人関係の手腕がものを言うようになってきます。フリードマンはそのことを次のように説明しています。 私たちは組織の中にあって職位が上であればあるほど、複雑な意思決定を迫られるようになります。研究の結果次のようなことが明らかになっています。不確実な状況の中をうまく舵取りしながらリスクに対応していかなければならない場合、私たちは疲れていると判断力が極端に落ちてしまいます。判断の選択肢が多くなればなるだけ、より多くのエネルギーを体内に蓄えておく必要があります。しかし、働き過ぎや働き過ぎから来る睡眠不足により問題点を明確に捉えることができなくなり、また創造的な問題解決策を見出すことができなくなってしまうのです。 原文(英語)を読むには: https://hbr.org/2014/12/working-too-hard-makes-leading-more-difficult

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *