ホーム / プロジェクト管理 / 時間管理について本当だった4つのこと

時間管理について本当だった4つのこと

自分でしたい事をすべて行なうだけ十分な時間が全くないように思えることはないだろうか。エイミー・ギャロ(Amy Gallo) 氏はより上手に時間を用いるのに役立つ4つのヒントを、ハーバード・ビジネス・レビューでおしえている。

1: 時間は「管理できない」

ギャロ氏は、近い将来の本当の目的を正確に説明しないので、「時間管理」は良いラベルではないと述べている。しばしば、時間管理とは、ある作業が特定の仕事量の一部になるのを許すかを選ぶだけの問題でしかない。自分がいつも直接にどの作業を受け取るのかを選べなかったとしても、大抵は既に作業を命じたり、優先したりする方法には、組み込んであるレベルの柔軟性があるものだ。

2: 適切な方法を見出すことは実験的なプロセス

時間を管理するために「適切なシステム」を持つことは、人によって異なっているが、それは完全に間違った考えではない。

要は、技術を試し続けることだ。「ある特定の文脈や状況では、うまくいく物事もうまくいかない物事もある。」とは「生産性の専門家であるジョーダン」コーエン氏。色々なアプローチを試してみるといい….成功を測るための測定基準を設定し、そのアプローチに時間をかけ、他の誰かを関与させることを検討する。上司や同僚は それが本当にうまくいったかどうかを評価する手助けとなる。

3: 大切なのは小さい変化

要は、毎日小さな変化を起こしていくことだ。特定の作業状況が極端になりうることは事実だ。暇を有効に用いて、作業戦略を再考することに大半を費やす必要があるかもしれない。だが、それは将来のストレスを回避するだけの価値をもたらすだろう。

4:すべてが自分にかかっている

極端な場合、仕事の作業量に責任がある文化に対してプッシュし返す必要があるのかもしれない。しかし、きついスケジュールの上に、オフィスの暴動を開始する前に、先ず、経営陣に相談することを検討しておくこと。

元の投稿(英語)はこちらからご覧ください: http://blogs.hbr.org/2014/07/4-things-you-thought-were-true-about-time-management/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

モーレツ社員の結末は最悪のリーダー?

トップに上り詰めるためには、毎日を最大限に頑張って働かなければならないと思ってはいませんか?実は、どこかの時点で息抜きすることが大事なのですと、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)のロン・フリードマン(Ron Friedman)は勧めています。息抜きをすることによって、マネジャーやリーダーとしてのキャリアを生き残ることができるのです。それは以下のような理由からきています。 エグゼクティブ・コーチであるマーシャル・ゴールドスミス(Marshall Goldsmith)は自著の中で、自らのゴールに「取り憑かれる」ようになってしまうかのように常軌を逸した優れた業績を上げる人たちのメンタリティには賛成できないと述べています。それには、勝つことにこだわり過ぎたり、付加価値を付けることにこだわり過ぎたりする変わった考え方も関与していることもその中で述べています。問題は、成功することの価値ではなく、自分のキャリアの中で更に成功を収めるには息抜きすることが必要になる場合に、息抜きをすることができないことにあるのです。 結局のところ、身体的にも精神的にもストレス過剰となり、人と人との対人関係を処理する能力が欠けてしまうことにあります。専門能力において百戦錬磨のビジネス戦士が一旦は勝ち抜いたとしても、職位が上がるにつれて、今度は人との対人関係の手腕がものを言うようになってきます。フリードマンはそのことを次のように説明しています。 私たちは組織の中にあって職位が上であればあるほど、複雑な意思決定を迫られるようになります。研究の結果次のようなことが明らかになっています。不確実な状況の中をうまく舵取りしながらリスクに対応していかなければならない場合、私たちは疲れていると判断力が極端に落ちてしまいます。判断の選択肢が多くなればなるだけ、より多くのエネルギーを体内に蓄えておく必要があります。しかし、働き過ぎや働き過ぎから来る睡眠不足により問題点を明確に捉えることができなくなり、また創造的な問題解決策を見出すことができなくなってしまうのです。 原文(英語)を読むには: https://hbr.org/2014/12/working-too-hard-makes-leading-more-difficult

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *