ホーム / プロジェクト管理 / 新しいプロジェクト管理者全員が実施すべき5項目

新しいプロジェクト管理者全員が実施すべき5項目

プロジェクト管理者(PM)にとって、日常の不満は不可避な事だ。ベテランのPMにはその仕組みの特殊点は分かっている。しかし、初心者のPMは、火で試されるほど物事が大変になることがよくある。そういう事態に備えるために、ポール・ネイバー氏は、以下の5つの技能を育てることを勧めている。:

  1. マルチレベルの通信
  2. 公における講義やプレゼンテーション
  3. リソースの実装
  4. 非技術的/批判的技能
  5. 定期的なチームの会合

おそらく、あなたは特定のレベルでのコミュニケーション法はマスターしているかもしれないが、優れたPMならば、幹部、チームメンバー、株主等、どの人とでも快適に話をする必要がある。第二に、あなたの仕事は確かにチームを主導することだ、だが、PMとして魅力的な情報を提供したり、利害関係者に自分のプロジェクトのアイデアを売るべき会社の会議に直面することもあるだろう。

適切なリソースをまとめる事は少なからず芸術的だ。優れたリソースを発見するには、一生懸命努力する事と同様に、適切な人々を知るための傾向が係わっている。急な学習曲線もあれば、最初から持ち併せているべき不可欠な技能でもある。技術的な技能ではある程度までしかいかない。だが口頭や書面によるコミュニケーション、意思決定、それに交渉技能は、自分の仕事を効果的に実行するには不可欠なことだ。最後に、定期的なチームの会合によって、効率的に情報を配信する時間の制約を設定し、リソースを割り当て、フィードバックを求め、ステークホルダーに更新事項を伝える自分の能力へのインパクトを過小評価してはならない。

原文 (英語) はこちらからどうぞ: http://www.projectaccelerator.co.uk/six-things-all-new-project-managers-should-do/3750

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI’s Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master’s degree in communications at Penn State University.

また、チェック

新任管理者の必要とすること、把握すべき(であるが、失敗しうる)事

あなたは新しい管理者になりました...これで何が? これで自分が新しく管理者になったことがわかりました。そこで、次に起こるのは何でしょう。当然のことながら、自分のチームの仲間の内から新たに管理者になる最も難しい部分の一つは、それが他の人との関係についての考えをどのように変えるかを決定することにあります。アラン·マシューズ (Alan Matthews) 氏のこの投稿は、新しい管理者(または、ご自分を指していると思わない場合は、新たな管理職にたまたまなった人)となったばかりの人々を対象

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *