ホーム / プロジェクト管理 / 新しいプロジェクト管理者全員が実施すべき5項目

新しいプロジェクト管理者全員が実施すべき5項目

プロジェクト管理者(PM)にとって、日常の不満は不可避な事だ。ベテランのPMにはその仕組みの特殊点は分かっている。しかし、初心者のPMは、火で試されるほど物事が大変になることがよくある。そういう事態に備えるために、ポール・ネイバー氏は、以下の5つの技能を育てることを勧めている。:

  1. マルチレベルの通信
  2. 公における講義やプレゼンテーション
  3. リソースの実装
  4. 非技術的/批判的技能
  5. 定期的なチームの会合

おそらく、あなたは特定のレベルでのコミュニケーション法はマスターしているかもしれないが、優れたPMならば、幹部、チームメンバー、株主等、どの人とでも快適に話をする必要がある。第二に、あなたの仕事は確かにチームを主導することだ、だが、PMとして魅力的な情報を提供したり、利害関係者に自分のプロジェクトのアイデアを売るべき会社の会議に直面することもあるだろう。

適切なリソースをまとめる事は少なからず芸術的だ。優れたリソースを発見するには、一生懸命努力する事と同様に、適切な人々を知るための傾向が係わっている。急な学習曲線もあれば、最初から持ち併せているべき不可欠な技能でもある。技術的な技能ではある程度までしかいかない。だが口頭や書面によるコミュニケーション、意思決定、それに交渉技能は、自分の仕事を効果的に実行するには不可欠なことだ。最後に、定期的なチームの会合によって、効率的に情報を配信する時間の制約を設定し、リソースを割り当て、フィードバックを求め、ステークホルダーに更新事項を伝える自分の能力へのインパクトを過小評価してはならない。

原文 (英語) はこちらからどうぞ: http://www.projectaccelerator.co.uk/six-things-all-new-project-managers-should-do/3750

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

問題解決戦略のいろは

問題をうまく解決するには、実戦と集中が必要であり、それはいざという時にはかけがえのないものになり得るものです。ブルース・ハーファム(Bruce Harpham)は問題解決のための戦略の「いろは」を説明しています。新しい考え方を取り入れる心があれば、以下のことを学ぶことができるでしょう。 い-人間関係の影響を見極める 人は断固たる行動を取る前に、まず立ち止まって全体像を把握する ことを常としなければなりません。「全体像」をリスク管理に当てはめてみると、そこには人間関係が伴いますとハーファムは述べています。考慮しなければな らない重要な人間関係として、家族、同僚、組織、そして利害関係者があると列挙しています。問題が発生したとき、助けとなる最大の拠り所、そして身を最大 限に守ってくれることになるのは自分自身ではなく、自分の周りにいる人たちなのです。 ろ-警報を発する 組織に当てはめてみると、最大の力はコラボレーションから生み出 されるものであり、またこの文脈における「自身」とは個人ではなく、むしろビジネス自体のことを指しています。その意味では、周囲の助けを求めることは、 ウイルスの侵入と戦うために免疫系が助けを呼び出すことに似ています。協働することにより、障害を乗り越えることが可能となるのです。 は-カレンダーを変える 一日の全体の仕事のうち40%しか予定をたてないソーシャル・メディアの専門家クリス・ブローガン(Chris Brogan)の識見をハーファムは引用しています。「多くの人たちは自分たちの人生を[それとは逆に]生 きていると思います。」とハーファムは言い、「通常は、一日の120%を予定に入れて、いつも取り乱したように動き回り、完全にてんてこ舞いだと感じてい …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *