ホーム / プロジェクト管理 / 恐怖の要因の排除

恐怖の要因の排除

従業員のためにそのモチベーションを促進するなど、近代的な経営のテキストの最善の努力にもかかわらず、経営の専門家の大半はまだ古い命令してコントロールする溝に落ちこぼれている。リンダ·ボーン(Lynda Bourne)氏が説明しているように、チームの手綱を緩めることは、生産性の流れを良好にするための最良の方法だ。

恐れ、力、制御は、プロジェクト独裁者にとって、(常備している)スイスの陸軍ナイフのようなもの。それらはまた、生産性を破壊し、士気を下げる完璧な(最悪の)方法だ。が、時には、恐れによって創造性が刺激されることもあるが、それは管理者が楽しみを見出せる方法では全くない。

人が非難されるのを怖がっている場合、問題や難題についての正確な情報を伝えることはしない。それに、効果的な経営の意思決定には、悪いニュースがオープンに伝送されることに依る。プロジェクトは、スタッフが知るべき実際に起こっていることを制御し、計画のアドバイスを提供するために、将来の結果の正直な推定値を必要としている。

恐れは、経営と管理対象との間に適切な情報を伝える通信回線を妨げる。ボーン氏によると、その規模を理解してもらうために、この誤解現象は英国ユニバーサルクレジットプログラムを4250億英ポンドかかったという!全体として、プロジェクト管理者は、過ちを赦し、酷評の代わりにスケジュールを用い、結論へと跳ぶ前に耳を貸すか、職場でスタッフの生産性を向上させる意思があれば、責任を割り当てることが提案されている。

元の投稿(英語)はこちらからご覧ください: http://blogs.pmi.org/blog/voices_on_project_management/2014/07/eliminate-the-fear-factor.html

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

あなたが小さなプロジェクに手こずっている12の当然の理由

課題はどんなに小さなプロジェクトでも持ち上がることがあり、課題ができると、プロジェクト管理者としてのあなたは小さくなっているわけにはいかない。ハリー・ホール(Harry Hall)氏は、あなたが小さなプロジェクトでまだ苦労している可能性のある12の理由について書いている。 あなたは、小さなプロジェクトは単純だと思っている。 プロジェクト憲章を持っていない。 間違ったレベルの厳密さを適用している。 プロジェクトのスポンサーが存在しない。 チームが十分に配属されていない。 プロジェクトのリスク管理を実行していない。 変更管理を行っていない。 誰も気にしないプロジェクトを管理している。 プロジェクトチームが大き過ぎる。 間違ったツールを使用している。 管理しているプロジェクトが多過ぎる。 重要なステークホルダーを確認していない。 プロジェクトの規模と複雑さとの間に直接的な相関関係は必ずしもあるわけではない。プロジェクトの規模や時間の制約の如何に関わらず、利害関係者が要件を変更したときにあなたが知っている必要があるので、あなたはプロジェクト憲章を開発するべきだ。それと同様に、チェックした時に範囲が維持できるように、リスクと蓄積された変更を追跡する必要もある。状況から見て本当に必要としている時だけ、多くの企画を行うようにし、直感を使うことだ。 …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time