ホーム / プロジェクト管理 / 偏った脳は悪いミスを犯す:プロジェクト管理者のためのヒント

偏った脳は悪いミスを犯す:プロジェクト管理者のためのヒント

偏った決定は、多くのプロジェクトが陥る原因ですが、問題はそれらを防ぐ方法がないことです。それは人間の本性の一部であり、それが完全に効果として現れる前に、識別することが、私たちにできる最善策のようです。こちらに掲載したのは、ブログQuantmLeap.com上のメアリ・プレスコット(Mary Prescotte ) 氏の識別による偏見リストです。

  • 損失回避:研究によると、損失は収益の2倍も私たちに影響を及ぼすことを示しています。これはギャンブルをする人が精神的に挫折するまでプレーし続ける衝動と戦わなければならない理由です。それと同様に、経営陣は物事が制御不能である場合、計画に執着することを主張します。このようなことがあなたに起こらないようにしましょう。
  • 現状的偏見:これも変化に対する恐怖として知られていると見なすことができます。そして1人の人がそれを持っていると、それは野火のように広がっていきます。
  • 楽観型偏見、単純なシニシズム、否定的な偏見: 明らかに、否定性は悪いことですが、楽観性が多過ぎるのも良いことではありません。それは合理的な思考を妨げ、過度に否定的になってしまうのと同じほど多くの問題につながります。
  • 内集団型偏見:人は自分のグループ内の人のために言い訳をしますが、別の当事者による否定的な行動を嫌がります。行うべき最善策は、誰もが含まれていると感じるように、あなたのグループの拡大化を試みることです。誰もが過度に重要なわけではありません。
  • バンドワゴン効果: 75% の人が問題に間違って解答した場合、25%以上の人たちも正解を知っていても、おそらく同じく間違って解答することになるでしょう。あなたのチームがミスを見た場合にはミスとして呼べるほど、会議に十分に気楽に望めるように確認してください。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI’s Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

新任管理者の必要とすること、把握すべき(であるが、失敗しうる)事

あなたは新しい管理者になりました...これで何が? これで自分が新しく管理者になったことがわかりました。そこで、次に起こるのは何でしょう。当然のことながら、自分のチームの仲間の内から新たに管理者になる最も難しい部分の一つは、それが他の人との関係についての考えをどのように変えるかを決定することにあります。アラン·マシューズ (Alan Matthews) 氏のこの投稿は、新しい管理者(または、ご自分を指していると思わない場合は、新たな管理職にたまたまなった人)となったばかりの人々を対象

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *