ホーム / IT ガバナンス / 何がスーパー管理者にするのか

何がスーパー管理者にするのか

サービスデスク管理者(SDM) は、一人で何役もこなすワンマン(ワンウーマンの場合もある)ITサービス管理の公正リーグだ。これらの管理者が成功するためには、完全な一式の能力を持っていることが求められる。IT野郎のジョーは、誰もがサービス管理者やコンサルタントを目指し、またCIOですらここで始める必要があると信じているほどだ。彼は偉大なスーパー・サービスデスク管理者が持つ無数の責任をバラバラにしてしまう。

手始めに、SDMは、完全に独立した株主グループや地域社会との関係を維持しつつ、その間でマルチタスクできるようになる必要がある。優先順位は、時刻表に基づいて決定されなければならず、その重要性を適切にスタッフに伝える必要があるのだ。 SDMは、そんな人々の感情を扱い、共感し、つながりを築けるようにする必要がある。ジョーはそんな役割が持つ重荷について詳しく説明しよう。

役割を理解する上で重要な要素は、それは役割が適切な人に為されていな時の様子に焦点を当てることだ例えば、多分技術的な能力はあるが、人の管理能力や関係管理能力、または、より広いビジネス状況との成果の理解や関心がない人。これが相乗効果となり、乏しい、あるいは不適切な能力不足の面で両方の災害の問題を引き起こしていることがある。

彼はのSDMが能力を表わす必要のあるより多くの領域をいくつか掲示していく。メトリックを操作し理解し、スタッフを動機づけ、開発し、交渉し、そのつながりを築き、文書による通信という様々な分野がすべてSDMに求められる。例えば、文書による通信に関しては、SDMは特に優れていなければならず、必要な言葉遣いで、正確で詳細な文書を書くことができなければならない。その一つの例は、作業指示書とビジネスに焦点を当てた更新では、別々の言語が必要とされる。

元の原稿(英語)はこちらからご覧ください: http://www.joetheitguy.com/2014/08/05/what-makes-a-super-service-desk-manager/

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

変更モデルの価値

変更はただ一定のものであり、P. ワイズ教授の説明にあるように、プロのITに変化を受け入れる価値を控えることはできません。ロス氏は以下のように説明しています: 変更管理プロセスの目的は、我々の現在の IT サービスの中断を最小限に抑え、有益な変更を加えうるあらゆる変更のライフサイクルを制御することにある。その目的は、価値を保護し、再作業を削減しながら、これらの変更要件に応じられるようになることだ。 ロス氏は、IT構造への変更について、変更の記録とリスク評価に併せて、ビジネス目標との整合の保証等

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time