ホーム / 専門性の発展 / 上司に「ノー」と言うためのトリック

上司に「ノー」と言うためのトリック

ビジネスインサイダーのガス・ルビン(Gus  Lubin) 氏は上司にノーを言うための簡単なヒントについて書いています。ノーと言わないことによって、ノーと言うのです。ノーと言う代わりに、あなたは喜んでお手伝いをしたいことを熱意をもって伝え、その上で、その前に対処することになっている他の仕事を列挙するのです。そのすべての仕事を言い終えたら、その上司の新しいプロジェクトにいつ取り掛かれるかを伝えるのです。その時が数日してからになるのは当然ですが。そうすれば、上司はあなたの仕事を終了する時間を考慮してくれるか、「もう、いいよ。」のどちらかを言ってくれることでしょう。そのどちらのシナリオもあなたにとってはウィンであるはずです!

元の原稿 (英語) はこちらからご覧ください。: http://www.businessinsider.com/heres-the-trick-to-saying-no-to-your-boss-2014-3

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

会社の目標を達成するために最も生産的な方法:唯一つの単語を選ぶ

目標を達成することは、非常に包括的で荷の重い作業となりうる。ジョン·ゴードン (Jon Gordon) 氏はFast Companyの記事で、一単語への複雑さを軽減している。 ゴードン氏は、新たな目標を達成する努力を超える初期興奮は、またたく衰退することを認めている。但し、人は今年またはプロジェクトの過程で自分の行動を定義するのに単語を一つ選択したときに、突然、それに固執するようになっている自分に気づくもの。最初ゴードン氏は自身の言葉として、「目的」を選び、その目的を定義した仕事をし続けていく上で焦点を合わせた。企業やプロスポーツチームも含む彼の顧客は、その考えと同様の成功を見い出したという。以下は、自動車販売についての彼の話だ。 ヘンドリックBMWは、その年の自分の言葉を発見するように従業員を奨励し、次にそれらのショールームで車の言葉を描いた。ゼネラルマネージャーであるジョン・デズモンド(John Desmond) 氏は、従業員が建物の中に入る時、それを見るので自分の言葉を実践するための強力な念押しとなる、と言う。私はデズモンドに、一言が違いを生み出したのかと尋ねたら、彼は大声でYESと共有してくれた。ただ、ヘンドリックBMWは、国内でナンバーワンのBMWディーラーの賞を受賞したばかりだという事が判明した。 それをよく考えて、次の大きなプロジェクトで自分を定義する単語を選択すること。ご自分の成功のレベルに驚くことになるかもしれない。元の記事 (英語) はこちらからご覧ください: http://www.fastcompany.com/3003773/most-productive-way-meet-your-companys-goals-year-choose-just-one-word

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time