ホーム / リスク管理 / リスクマネジメントの意識を変える

リスクマネジメントの意識を変える

貴方が試合において、ディフェンスだけやったら点数が取れません。これがカロール・フォックス氏の企業に関するリスクマネジメント(ERM)におけるパーソナルブランディングの見解です。価値の約束、顧客への納期の焦点、リスク管理等の意味について、同氏は執筆します。

リスクマネジメントのプロはどのようにして自分を名乗っていくのが大切です。それを達成する前に、場合によって、リスクマネジメントとは色んな意味を持つ事ができることを理解する必要があります。

例えば、ハリケーンのリスクをとって見ると、すぐに人命被害、追放、物理的な障害、ビジネス上の負担等の下振れリスクを私達は見ることができます。だが、リスクマネジメントをある目的を達成するための努力する連携だと見做すと、コミュニティーを再建する好機となり、建設サービスや修復材料、掃除作業の社会的また経済的な影響といった所において、ハリケーンの利益も見えて来ます。

リスクは要するに会社にとって、損失を意味すると同時に、適切な方法を用いることで利益ともなる可能性があるものです。ERMをリスク許容量のある職業と改めて見た方がより理屈に合っているかもしれない。この見方をすると、よりお客様に価値をもたらすことができ、真摯にリスクマネジメント改良につながるアプローチです。

下記のサイトで原文(英語)をお読みください。 http://www.rmmagazine.com/2013/11/01/rebranding-your-risk-management-identity/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

ITプロジェクトが失敗する3つの要因

ITプロジェクトに対するビジネス要件は、「永遠に続くものを作り上げる」から「変更できるように設計する」へと目的が変わり、その結果、状況が複雑化してしまい、プロジェクトが憂慮すべき頻度で失敗する事態が生じています。パール・チュー(Pearl Zhu)はブログの中で、プロジェクトの失敗は3つの根本原因に起因するとしています: スポンサーのエゴ ロスの忌避 確率の無視 スポンサーというものは往々にして、成功する可能性を犠牲にしてでもプロジェクトが失敗しないように舵取りをしようと試みるものです。その理由はただ単にリスクを避けるという単純なものであるかも知れませんし、或いは、スポンサーが個人的利益を得る目的でプロジェクトを操作しているためのものであるかも知れません。別のシナリオとしては、プロジェクトのスポンサーが全ての必要とされる変更に喜んで関与し、監督するけれども、それは最初のうちだけというような状況です。それは、時間が経過するにつれて、スポンサーのプロジェクトに対する興味がその意気込みと後押しと共に薄れてしまうというものです。 顧客のためにプロジェクトを成功させると言うことは、言うは易し行なうは難しです。成功するための適切な物差しなくしては、プロジェクトチームは暗闇の中で火を灯すようにもなります: 必要とする要件、プロジェクトマネジャー、悪しき規範等々全てを列挙することはできますが、結局のところ、次のような3つの要因が絡み合ってプロジェクトは失敗に終わります:専門知識の欠如、停滞した又は時代遅れのIT能力、そして会社全体にわたるコミュニケーション体制が機能していないことが挙げられます。 ITプロジェクトの30%が完全に失敗すると推定されています。またプロジェクトの70%までが顧客の期待に応えることができないとも言われています。プロジェクトのリスクを適切に分析することは、失敗を防止するための第一のステップであることは勿論のことです。結局のところ、信じられないことが実際に発生してしまうことは避け得ないものであると言えるでしょう。 原文(英語)を読むには: http://futureofcio.blogspot.com/2015/01/three-aspects-of-it-project-failures.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *